人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114

タグ:Spring Awakening ( 84 ) タグの人気記事

Spring Awakeningがモスクワで10月4,5,6,8日に上演されるらしいですよ!
Gogol centerという劇場での上演。劇場はこんなところらしい。


モスクワへ10月上旬に行く予定のミュージカル好きの方、いかがですか?ご覧になりませんか?



リハーサル風景らしき写真。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.557623687619033.1073741866.429408420440561&type=3
by saffy114 | 2013-09-13 22:46 | Broadway Musicals | Comments(0)


RebeccaのBenだった人がLeft behindを歌ってる。
今のところ、この人のherbertを見る予定なんだが、変更ナシだといいな。


これ笑える。ジキハイ風ファントムだ。ハンガリーでもこんなバカなことやってるんだな。

でも一人でクリスティーヌとファントムの両方やれるってスゴいな。
by saffy114 | 2011-08-31 00:54 | Hungarian musical | Comments(0)
Ilseの김이삭キム・イソクさん。ちょっとハスキーな声で、歌は上手かったですし、ボヘミアンな芸術家と一緒にいるタイプ・・・っぽさはまああるのですが・・。他のGirlsのキャストより一回りくらい年長であるように見えてしまっていて、ちょっと違和感が無きにしもあらず。おそらくハーフでいらっしゃるのかな~という感じのお顔立ちで、色白で綺麗な方なのですが、2幕の衣装だと、上腕の感じなどが、欧米系の女性の、ええと・・・・なんというか・・・20代後半~30代に突入したよ的な感じのラインというか・・・まあそんな感じなのが若干強調されてしまっていて・・・。。全体的にはすらりとした感じなんですけどね・・。すいません、人のこと言えた義理じゃ全くないのですけども。
f0048936_2232292.jpg


Marthaの유주혜ユ・ジヘさん、少しハスキーな歌声が印象的でした。
AnnaとTheaは、初演のキャストとなんとなく似ていたが、別人でした。再演のTheaさんは、1幕のHow can you compare them!! Melchior Gabor,he is such a radical!!の部分がいまひとつ不発だったかな~。初演の方と、間の取り方とかは似ているようだったんですが、なんだかいまひとつ笑える感じにはなっていなかった・・・。
f0048936_23273231.jpg
f0048936_22315266.jpg

成人役はダブルキャストですが、Adult Menはこの日は정재성チョン・ジェソンさん、Adult Womenは이주영イ・ジュヨンさんでした。주영さん、"My Junk"でのピアノ教師の場面・・・けっこうスゴかったです(笑)。
Adult Menのもう一人のキャスト、송영창さんは初演でもこの役を演じていた方ですが、なんとWendla役の송상은さんのお父様でいらっしゃるそうで、ううむ、父娘共演だと見ているこっちがなんだか落ち着かなくなりそうだあ・・・と思っていたのですが、정재성さんのご出演だったので、落ち着いて舞台を見ることができました(笑)。どうなんですかね、父娘のほうでは仕事だし~と割り切ったとしても、なんかMelchior役の役者さんはやりづらくないのかな~、俺なんかいま背中のほうに殺気を感じる・・・とか思ったりしないのかな~、なんて思ってしまいましたが(笑)。


と、まあ色々惜しい部分はありますが、後半で盛り返してくれたんで、よしとしよう・・・という感じでした。


お、ハンシェンとエルンスト役の人のインタビュー画像があるぞ。
ブルーの服がエルンスト役、モスグリーンの人がハンシェンですな。
by saffy114 | 2011-08-18 23:12 | Korean Musicals | Comments(0)
Wendlaの송상은 ソン・サンウンさん。
f0048936_2261269.jpg

この人は良かったです。清楚な「お嬢さん」的な感じで、「少女」っぽかった初演の김유영さんよりやや大人っぽく見えましたが、十分に役に合う雰囲気でした。歌も芝居もよかったと思う。個人的には、最後の墓場の場面がとても良かったように感じた。「歌」でいうと、四季の林さんもこの場面は声の質が合っていていいなと思っていたのですが、상은さんも声の質・歌い方がこの場面に合っていたし、また、目線のやり方や表情のためなのでしょうが、この世のものならぬ感じというか、近くにいるけど遠い感じみたいなものが良く出ていて、とても良かったと思う。同時に、メルキーが剃刀を持つ手を押しとどめる場面では、メルキーを彼岸側に来させない・死から遠ざけようという強い意志のようなものも醸し出されていたような気がします。
f0048936_2231220.jpg


Hanschenの김성일キム・ソンイルさん。
f0048936_2225135.jpg

まあこの役はBWのJonathan B. Wright君の印象があまりに強烈で(笑)、彼のイメージに近ければ近いほど良し、とついつい考えてしまうのですが、その立場で言うと、この김성일さんのハンシェン、今まで見たアジア圏のハンシェンの中では一番良かったかな。ええと、ルックスで言うと、四季のハンシェンの一和さん・南さんはハンサムでツンとした感じもあって、ルックス的には役に合う感じだけど、笑えないし芝居がかなり物足りない感じ、韓国初演の김동현さんは、芝居が上手いし笑いを取る場面はとても良いのだけど、ちょっとルックス的にイメージが違うかな・・・という感じだったんですよね。성일さんは、ルックス的にもイメージに比較的似合っているし表情や姿勢なども上手く、笑いをとる場面もけっこう上手いし・・とバランスが良かったです。まあ、Wright君の域まではまだまだ・・・ですが(笑)。

Ernstの전성우チョン・ソンウさん、この方も良かった。高い音が綺麗に出ているし、可愛らしいし、2幕の例の場面の表情なども上手かった。初演の김하늘君のほうが2幕の例の場面の笑える度は高かったですが、성우さんもなかなか可愛らしく面白かったです。

今年のGeorgの이진규さん、1幕の「ピアノの先生を待たせられないから。」の場面は少し不発だった。歌はなかなか上手かったですが、初演の윤석원さんのほうが印象的だったかな。
Ottoの황호진 ファン・ホジンさんは、なんだかほのぼの・にこにこした感じの雰囲気が印象的。福々しい感じです。今年のオットーは"Totally Fucked"でとんぼ返りをなにげにやっていたりはしていませんでした(笑)。


という感じで、BOYSは、初演のメンバーのほうが歌の上手さや芝居の上手さでは明らかに勝っているとは思いますが、再演メンバーも頑張っていました。
f0048936_2213467.jpg

f0048936_2291917.jpg

f0048936_2211671.jpg

~続く~
by saffy114 | 2011-08-17 23:39 | Korean Musicals | Comments(0)
Melchiorの윤현민さん。
f0048936_002052.jpg
最初のほうは、なんというか・・・華が足りないなあ、と物足りなく感じました。授業場面とそれに続く"All That's Known" のあたりは、なんとも薄味というか・・・。"The Bitch of Living"もですが、怒り・反抗心みたいなものがあまりなさそう~な感じで、Theaさんや女の子たちが言うような、such a radical!!な感じが希薄だったように思う。癖が無い歌い方で声もなかなか良いし、歌自体はなかなか上手いのだけど、いまひとつパワー不足というか印象が薄い感じ。
なんですが、この人、途中から「芝居」で盛り返した感じでした。まだ新人さんだと聞いていますが、もしや「芝居」の筋がかなりいいというか、才能ある人なのかも??
Wendlaとの場面に関しては、この윤현민さんの芝居がなにげに今まで見た日米韓のMelchiorの中で一番「腑に落ちる」感じでした。
1幕前半が上記のような印象だったんで、うにゃ~、今回のメルキーはどういう選考基準で選んだんだろうな・・・と思いながら観ていたのですが、Wendlaに殴ってくれと言われて我を忘れて強く殴ってしまい、はっと我に帰り、怯えて走り去る場面、ここで、あらっ!芝居上手いじゃない!?と見直しました。1幕の最後の例の場面、そして2幕の墓場の場面なども非常に良かったです。
高音もきれいに安定した感じで出ていて、"The Mirror-Blue Night" も良かったと思う。"Left Behind"も、高い音がきれいに歌えていて上手かった。一方、"Totally Fucked"はもう少しパワーと自嘲する感じが欲しいかなあ。
グロフ君のイメージが強いので、華があって、ふつふつと水面下で体制への不満・怒りが渦巻いてそうなMelchiorをイメージしていたけど、あれ、こういう怒りをあまり前面に出さない演じ方もありなのかもな・・なんて最後のほうでは思いながら観ていましたが、でも、この「ミュージカル」の場合は、"All That's Known"や"The Bitch of Living"や"Totally Fucked"などの場面があるので、このあたりはやはりグロフ君とかムヨル君や柿澤君のような華とかパワーがあったほうがいいよなあ・・・とまた考えたりと、なんだか、色々考えさせてくれた(?)Melchiorでした。
f0048936_2341138.jpg



Moritzの정동화チョン・ドンファさん。
f0048936_23404588.jpg
今回の再演に対する印象形成に一番影響を及ぼしたのはこのモーリッツだったかなあ・・・。。정동화さん、とても整ったお顔立ちでいらっしゃるので、もしかしたら、各国のプロダクションの中で、一番容姿に恵まれたモーリッツかもしれませんが・・・・。そして、歌も無難に上手いのですけども・・。
ちょっと酷なというか、キツい書き方になりますが・・・、想像を超える物足りなさ・・でした。ある程度のキャリアがある人ですし、以前見た舞台ではなかなか良かったですし、年齢的にこの役に一番ふさわしい年代よりちょっと上の年代であると思われるにもかかわらずキャスティングされたということは、きっとそれだけの理由があるんだろうと期待していたのですが・・・。初演の조정석さんが非常に素晴らしく、BWのギャラガー君と遜色ないかもと思っちゃうぐらいの上手さだったんで、それと比較しちゃってそう感じるのかな~とも最初は思ったのですが・・・、う~む、初演と比べなくてもかなりの物足りなさだと思う。
冒頭の居眠りシーンで、靴下が片方下がってはいるものの、でれ~んとした落ちこぼれ君っぽい感じが殆ど出ていないので、あれっ???と思ったのですが・・。それに続く場面でも、諸々のプレッシャーやお悩みでグダグダになっている感じが上手く出せていないように思いました。笑いをとる部分・・・というかBW版や四季版や初演の韓国版で客が笑っていた箇所も不発気味でした。悪夢に悩まされるので、神にこう祈ったんだよ!話す場面とか、「紙に書いて。全部。」の場面とか、試験に通った~!の場面など、BWでも四季でも初演の韓国版でも思わず笑ってしまう場面でしたが、ここもイマイチ面白くない・・・・。
モーリッツ役って、演じどころ・しどころが多い役で、観客を笑わせる場面も多いけれど客を泣かせるというか心を揺さぶるような場面もあって、ある意味、とてもおいしい役だと思うのですが・・・。それを生かせていなかったように感じます。
歌も、声は良いですし上手に歌っているのですが、"And Then There Were None" も"Don't Do Sadness"も、なにかが足りないというか、盛り上がりきらないというか・・・。 
全力で演じている感じは舞台から伝わるのですが、残念ながら、結果が出せていないように感じました。熱演していらっしゃるのが伝わるだけに、なんだか・・こっちが申し訳ない気分になるというか・・・複雑な気分でした・・・。


~続く~
by saffy114 | 2011-08-15 23:08 | Korean Musicals | Comments(0)
f0048936_011510.gif
韓国版「 Spring Awakening<스프링 어웨이크닝>」。
ソウルの두산아트센터 연강홀<トゥサンアートセンター ヨンガンホール>にて、7月17日、19時からの公演を見ました。

出演は、
Melchior 윤현민<ユン・ヒョンミン>
Moritz 정동화 <チョン・ドンファ>
Wendla 송상은 <ソン・サンウン>
Hanschen 김성일 <キム・ソンイル>
Georg 이진규<イ・チンギュ>
Ernst 전성우<チョン・ソンウ>
Otto 황호진 <ファン・ホジン>
Ilse 김이삭<キム・イソク>
Martha 유주혜<ユ・ジヘ>
Anna 김경하<キム・ギョンハ>
Thea 문진아 <ムン・ジナ>
Adult Men 정재성<チョン・ジェソン>
Adult Women 이주영<イ・ジュヨン>

演出:김민정
協力演出:이종석
音楽監督: 조선아
振付: 신선호


韓国版の再演です。
そうですね~、初演は、「この作品が好きな方はぜひ韓国版も!」と推薦したくなる感じでしたが、今回の再演の出来は、「ぜひソウルへ!とまでは言えないですが、見ても損はしないです。」ぐらい・・・かな。
前半は、正直申しまして、う~ん・・・かなり初演時と比べると満足度が下がるな~、と感じたのですが、後半でだいぶ盛り返したとは思います。なので、そう不満はなく、それなりに満足して劇場を後にはしましたが・・。
みなさん歌えているし、上手いのは上手いのですが、何かがちょっと足りない感じ。まあ、初演のメンバーが上手すぎた・・・のかな?

ここはこういう感じであってほしいとか、ここは笑わせてくれないとね・・、というような場面がこの作品は複数存在する・・・と思うのですが(BW版を見てこの作品が気に入った観客の場合は特にそうではないかと・・・)、そういう「ツボ」をあまり押さえてきれていなかったように感じます。そういう演出だったのか、そういうわけではないが結果的にそうなったのかは不明ですが・・。特に笑える系の場面は、かなり肩すかしだった場面が多く、ええっ・・・という感じでした。
例外はハンシェン&エルンスト。このコンビはツボをしっかり押さえていました。ルックス的にもハマっていたし、再演のHanschen&ErnstはBW版のイメージを追い求める観客の場合はかなり満足できるのでは?
まあ、さすがにJonathan B. Wrightさんの域には達していませんが(笑)。

~続く~

続きはちょっとキツい内容かも・・。
by saffy114 | 2011-08-12 00:05 | Korean Musicals | Comments(0)

Spring awakening revisited

f0048936_7311898.jpg

初演と比べてしまうと……だなあ。
Moritzが、うーむ、控えめに言って「もうひと頑張り要」という感じ。wendlaは良かった。adult manはお父上ではないほうの俳優さんだったので、落ち着いて見られた(笑)。
Melchiorは、後半で盛り返した感じかな。初演の二人と比べると華がないと言えば無いので物足りなさがあったけど、一幕最後とか二幕最後などの芝居は良かった。ハンシェンとエルンストはいいですね。マルタの子も良し。
イルゼが他の女の子たちより、ずいぶんお姉さんに見えたが…。
by saffy114 | 2011-07-18 07:31 | Korean Musicals | Comments(0)

金属探知機は?

今年の스프링 어웨이크닝も、金属探知機設置なのかな?
あれ、面白かったよなあ。
by saffy114 | 2011-06-06 23:03 | Korean Musicals | Comments(0)

Frühlings Erwachen(München)

ミュンヘンで6/26~7/17までFrühlings Erwachenが上演されるらしい。


タイミング合わないなあ・・・(私の休暇と)。
by saffy114 | 2011-06-02 23:09 | German Musicals | Comments(0)

再演も見なければならん

by saffy114 | 2011-05-20 23:25 | Korean Musicals | Comments(0)