人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

日本には来るのかなあ?

あれっ、また来韓公演があるんだ。
日本もどこかが招聘してくれないかな。

あ、そうか、こないだソウルでRENTが上演されていた流れでの招聘なのかな?
by saffy114 | 2011-11-30 23:32 | Broadway Musicals | Comments(0)

今日気がついた・・・・

‘위드아웃유’ 내한공연だと!?
見たいなあ。特典航空券が落ちてくればだけども。

なぜ日本ではどこも招聘しないのかね・・・。


by saffy114 | 2010-08-20 22:49 | Korean Musicals | Comments(2)
MimiのLexi Lawsonさん、過不足無く・・という感じでした。悪くないけど、とりたてて印象的な歌や演技というほどでもない・・・という感じかなあ。最後の場面、かなり薄いメークにしてたみたい?それまでの場面より、急によりいっそう若くかわいらしく見えました。
AngelのJustin Johnstonさん、ユーモアたっぷりなエンジェルですね。特に、1回目に見たとき、コリンズに服を見つくろう場面で、気に入らぬデザインの服を見せられた時にNO~!!と言いながらとびのいて、さらに近寄るな~!!見たいな感じで足で押しやるみたいな動作をしてた(笑)のが面白かった。Today 4Uも軽快でよし。
JoanneのHaneefah Woodさんは見た目も声も役に合っていて良かった。映画版のJoanneみたいなタイプも良いですが、私はこういう頼れる姐御っぽい雰囲気(体型を含め)の人のほうがこの役には合うような気がしまして。
MaureenのNicolette Hartさんは・・・、う~ん、いま一つかなあ。そう悪くないけれど・・。Jump over the moonがわりと普通というか、普通に面白いですね、という程度だったのが残念。ちょっと人を惹きつける魅力という点が弱いように感じた。男も女も惹かれてしまう・・・という感じがあまり無いような。
BennieのJacques C. Smithさん。茶目っけのあるベニーですね(笑)。でもなあ、プロザックが必要なタイプに見えないのはどうなんだろう(笑)とは思いつつ、結構気に入ってしまった。
woman with bags etcのGwen Stewartさん、大変良かったです。素晴らしい声ですし、woman with bagsの場面の芝居が今まで見た中でいちばん印象的だったかも。

枝葉末節なことですが、Mr&Mrs. Jeffersonの電話の場面やアレクシーの電話の場面などは、もうちょっと笑える感じだったらもっと良いのにな~と思った。

ともあれ、久しぶりにアダム・パスカルとアンソニー・ラップの舞台を見ることが出来て、嬉しかったです。
by saffy114 | 2009-09-02 20:35 | Broadway Musicals | Comments(2)
今回のツアー版、冒頭、最初マークとロジャーだけが登場して始まりました。この時点で観客から大拍手が(笑)。歌舞伎とか宝塚みたい!?
あと、エンジェルの葬儀の場面で、弔辞の一言目を弔辞を読んでいるキャラクターだけでなく全員が一緒にユニゾンで言ってました。
かつてのBW版の演出からの大きな変更はこの2か所、かな?

Adam Pascal、冒頭の第一声で声がひっくりかえった!あれれ。その後も、高音部分などで時々声がひっくりかえっていました。お疲れ気味だった?また、1回目に見た時は声の「質感」が10年前とは結構違っていました。ちょっとトーンが高くなったというか…。ただ、経年変化ではなく単に喉が本調子ではなかったのかも。
2回目に見たときも冒頭でまた声がひっくりかえっちゃっていましたが、その後は一回目より声の調子が良かったようでした。2回目に見たときは、前回のように声のトーンが高く変化しちゃったな~と思わせる部分はほぼ無く、往年の声に近かったです。2回目、見に行っておいて良かった(笑)!しかし、アダム氏、ルックスは衰えませんね~。昔に比べると、芝居が細かくなっていました。動作もそうですし、歌もちょっとセリフ調にしたり、声を震わせて歌ったりなど、細かい感情表現をしようと試みているんだろうな~という感じ、昔は、もっともっとず~っとあっさりした(?)芝居だったのですが、それがかえって、感染のショックで他人と距離をおきがちになった・・という設定に合っていて良かったような気も。

Anthony Rapp。あ~、アンソニーのマークが日本で見られるとは。Roger役に関しては、もしかしたらアダム並み、もしくはそれ以上のROGERが出現する可能性が無いとは言えないかもしれませんが、マーク役に関してはアンソニーを超える・・ということは有り得ない気がする。やっぱりMark=Anthony Rappですよねえ。歌・声は、アンソニーは本当に昔のままですね!見た目もあまり老けておらず、、「無理やり」感はなかったです。ただ、雰囲気は10年前とはちょっと変化していました。なんだろうなあ、大人っぽくなっちゃったというか、どこか余裕と自信がにじみでる感じに変化していました。かつては、いろんなことにいっぱいいっぱいでキリキリしているけど、ちょっとかわいげがあるgeek系という感じだったのですが。

CollinsのMichael McElroyさん、「賢人」って雰囲気で、大学講師という設定に合いますね。この人、もしや私が最初にBWで見た時のコリンズと同じ役者さんかも?理系っぽいような落ち着いた感じのコリンズです。カリスマティックな感じやロンドンで見たマーティンさんのような「キャー!格好良い~!」感などは薄いのですが、とても知的な感じですね。もうちょっと、人を惹きつける感じがあればもっと良いかな~。
あ、その昔、近くの席の女性観客が明らかにマーティンさんのコリンズに対し他のキャストより熱い視線を送っていたのが印象に残っています。なんだろう、彼とかアッシャーみたいな、ちょっと甘い感じの2枚目のアフリカ系の方って、欧米ではクールな2枚目よりも人気があるのかな?なんか、彼らを見つめる女性たちの目線の熱さがことさらに凄かったので・・・。「シカゴ」出演時のアッシャーの出待ちの群衆の中にいた女性が、子供をさしおいて旦那さんに自分を肩車させて必死の形相でアッシャーを見つめていたのを見て、アッシャー凄い…と思ったことがあったなあ・・・。あ。RENTと関係ないけど。
~続く~
by saffy114 | 2009-09-01 22:58 | Broadway Musicals | Comments(2)

2回目

RENT,また見ました。今回のほうが、アダム・パスカルさん、往年の声に近かったな。
by saffy114 | 2009-08-30 00:35 | Broadway Musicals | Comments(6)
「RENT: The Broadway Tour 」。 赤坂ACTシアターにて、8月19日、14時からの公演を見ました。
キャストは、
Roger: Adam Pascal
Mark: Anthony Rapp
Mimi : Lexi Lawson
Angel : Justin Johnston
Tom Collins: Michael McElroy
Joanne: Haneefah Wood
Maureen: Nicolette Hart
Bennie: Jacques C. Smith
Mrs. Jefferson, woman with bags: Gwen Stewart
Gordon,Mr. Gray: Adam Halpin
Steve: Telly Leung
Paul: Andy Señor
Alexi Darling: Yuka Takara
Mark's Mom: Tracy Mcdowell
Mr. Jefferson, a pastor: John Watson

やっと見てきました。
オリジナルキャストのAdam PascalとAnthony Rappの二人が閉幕間近な時期のBW公演に登板と聞いた時も驚きましたが、全米ツアーにも参加と聞いてまた驚き、しかもツアーが日本にも出張すると聞いて更に驚きつつ、楽しみにしておりましたが、今週ようやく見てきました。
わ~、アダムですよ、アンソニーですよ・・・。懐かしい・・・。この組み合わせは98年のロンドン以来なので、約11年ぶり。私、最初にRENTを見たのが97年の夏のBWでして(げっ、12年経過しているんだ・・)、この時もこの二人の組み合わせでした。その後、アダムはAIDAで見たし、アンソニーは日本のRENTガラコンサートか何かで来日したときに見てますが、二人揃っているのを見るのは、11年ぶりです。まさか日本でこの二人が出演するRENTをナマで見ることができるとは。嬉しいですね。

で、ツアー公演としては異例の高品質だったのでは。良かったですよ~。
なんと言ってもこのツアーはオリジナルキャストのアダム&アンソニーが目玉だと思いますが(スチュワートさんもいますけど)、彼らは期待にほぼ違わぬ舞台を見せてくれましたし、他のキャストも過不足なく順当に上手かったです。

まあ、手放しで絶賛できるかと言うと、そうですね、かつてオープンから1~2年後ぐらいの頃のBWか98年のWEでこの舞台を見た経験がある観客の場合、というか、あの頃の舞台が理想型として頭に刻みこまれてい
る観客の場合、若干ハードルを下げて見に行くほうが良いかな。看板のお二人、かつて約10年前に見た舞台での彼らと変わらないかと言うと、まあ当然ですが歳月の流れを感じる部分もありますので。でも、10年前の彼らを見ていなければ、ほぼ問題なしなんじゃないかなと思う。
お二人とも、私より2,3歳ぐらい上だと思うので、実際に舞台を見るまではちょっと心配していたんです。他のキャストより年上に見えちゃって微妙だ~、とか、イーストビレッジでうだうだしている若いアーティストには到底見えませんっ!!・・・なんてことはないのか、と。でも、杞憂でしたね。大丈夫でした。他のメインキャストにも、比較的年代が高めの方もいらっしゃるからかとも思いますが、他のキャストから浮くということもなく、馴染んでいたように思います。二人とも、中年太りの兆候もなく、痩せすぎてもいずあまり目尻の皺なども目立たないからでしょうか、ほとんど違和感がありませんでした。

ただ、舞台を見ている時、ふと韓国のANGEL役で名をなしたキム・ホヨン君がこの記事
で言っていたことが脳裏をかすめる場面もありました。あ~、なるほど、こういうことをホヨン君は言っていたのかな、と。“한 배우가 같은 역할을 여러 번 하다 보면 욕심을 내게 돼요. ‘이번엔 다르게 해보자’는 생각이 드는 거죠. 그러다 보면 본질과 멀어지게 될 때가 많아요. 과욕 탓에 작품은 변형되고 다른 배우들과 관객은 피해를 보게 될 수도 있어요.” という部分です。彼らだけ・・ではなく、他の方もですが、「余白を埋める」感じの芝居とか、若干説明的な動き&声の抑揚の付け方などが昔見た舞台と比べるとかなり目立っていました。英語圏ではない地域の公演だから、わかりやすく・・・と心がけたのかもしれませんけど。良く言えば芝居が細かくなったとも言えますが、かつて見た舞台は、やや粗削りな感じもあるが小芝居をせずダイレクトにぶつかってる感じが魅力だったように記憶しているので、ちょっと雰囲気が違うな~とも感じました。歌に関しても、皆さんいろんな部分をメロディ・テンポ共にちょっとアレンジして歌っていましたので、余計にそういう感じがしちゃったのかな~。
とても良い舞台ですし、今現在日本で上演されている舞台でどれか一つ選べと言われたら迷わずこれを推薦するとは思うのですが、なあなあになりかける一歩手前の危険水域に下手すると近づいてしまう気配も微妙~に潜んでいるようにも感じました。


~続く~
by saffy114 | 2009-08-21 22:53 | Broadway Musicals | Comments(2)

RENTのツアー版を見た

ようやくRENTのツアー版を見ました。わ~、Anthony Rappですよ、Adam Pascalですよ(涙)。約10年ぶりだ・・・。
ただ、Adam Pascal、喉が本調子じゃなさそうだったな・・・。

昼の公演の終了後に、アダム・パスカルのCDを購入した観客を対象にしたAdam Pascalのサイン会がありましたよ。
この劇場のスタッフ、人の流れを仕切るのがあまり上手くないですね。というか、臨機応変に仕切るのが得意でないのか?ちゃんとどこからどう並んでいて、どこが最後尾なのか誘導すべきでは?休憩時のトイレの列などはちゃんと誘導してましたが、サイン会のときは、そういう誘導が全くなされておらず(少なくとも私が列に並んだ時は)、かわいそうに、私のちょっと後ろに並んだ方などは、かなり早くにロビーに出たのに、どう並んでいるかわからなくて出遅れてしまって、かなり遅くロビーに出た私よりも後になってしまったみたい(そんな話をお連れの方にしているのが聞こえました)。
まあ、サイン会なんて日本ではあまり劇場で開催されないし、毎公演あるわけではないようなので慣れてないだろうから、仕方ないのかなあ?

More
by saffy114 | 2009-08-19 20:53 | Broadway Musicals | Comments(7)
Bennyの고비현コ・ビヒョンさん、なんだか衣装や雰囲気が・・・・地上げ屋とか取り立て屋とか・・ちょっとヤバい系統の金融関係業種に就いていそうな雰囲気。あんまり「お金持ちの娘さんと結婚した元アーティスト」という雰囲気じゃないような・・(笑)。歌は普通に上手でした。

アンサンブルの方々の歌声も粒ぞろいで良かったと思います。
f0048936_2340187.jpg

f0048936_23464041.jpg

seasons of loveの女性ソロは、声量と艶のある声のアンサンブルの女性が担当していました。やっぱり、この部分はこの方のように抜群に歌える人が担当したほうが良いですね!
Alexieを担当していた女性も上手でしたね。손윤혜さん、かな?ギョーカイな人っぽい浅薄な・手慣れた感じを上手く出していました。連絡先をずらずら並べるところ、ちゃんと面白かったです。やっぱり、こういうところを器用に上手く演じてくれていると嬉しいです。あ、韓国のAlexieはeast hamptonじゃなくてLAに滞在していたみたいですよ(笑)。
そうそう、マークのママ、冒頭の留守電メッセージでMaureenのことに言及するとき・・・かわいい息子を袖にしたバカ娘への怒りが渦巻いている感じでした(笑)。一般的にI say c'est la vieというフレーズを生かした演じ方をしていることが多いと思うのですが、韓国版のマークのママは口では海には魚がたくさんいるじゃないといいつつ、かなり怒っているっぽいです(笑)。

christmas bellsの最初のほうで、浮浪者役のアンサンブル数名がrudolph the red nosed reindeer歌う部分、韓国版はちょっと面白いアレンジをしてました。浮浪者の一人が、あきらかに酔った様子で酒瓶を抱えているんですが、彼が’rudolph 사#$%&(ゴニョゴニョ)・・・’と酔った口調で不明瞭に歌うと、別のアンサンブルが’뭐라고??<何だって??>’と尋ね、残りのアンサンブルが’rudolph 사슴은 %$#(←聞き取れず)!!’と揃って答えていました。evil deadのおかげで사슴という単語は聞き取れます(笑)。これもあまり役に立たない知識ですが・・。

今年は、2007年の轍を踏まないようにでしょうか、swingを男女各一名づつ確保、ダブルキャストのミミ以外の各役のアンダースタディをアンサンブルの方々が兼ねているようです。良い心構えですね。

今回の韓国版、劇場が大きく、2007年よりもろもろの音響関係の資材が充実していた、とか色々事情があるのかもしれませんが、バンドの音は2007年よりライブ感があって良かったように感じました。
また、christmas bellsの最後のほうなどの重唱っぽい部分、各パートの音色や音量のバランスが優れていて、とても綺麗に明瞭に聞こえてきました。東宝版では、この部分、ちょっとばらついた音色になってしまってあまり綺麗なハーモニーになっておらず、また何言ってるんだか全くわからない部分が多く、私が好きなエンジェルがコートの値段交渉をする部分や、コリンズが自分のコートを発見するところなども埋もれてしまって殆ど聞こえず、かなり残念だったのですが、韓国版で口直しできました。よかったよかった。
life supportなども良かったです。
f0048936_2341081.jpg
because reason says..(韓国版は이미 3년전・・かな)で2重唱になり、さらにアンサンブルの声が重なってくる所の展開など、音のバランスが良くて美しいですね。

何と表現していいのかわからないのですが、声がば~んと明瞭に前に飛ぶというか、適度な共鳴・響きがあるが響かせすぎで不明瞭になったりせず、音がクリアに聞こえる歌い方をしている方が多いので、聞いていて壮快でした。ヘンに技巧に走ったりぜず、わりと素直にストレートに歌っているのも好感度高かったです。もうちょっとロックっぽい感じが出れば更にいいですけどね。
2007年版と比べると、歌・芝居とも技術的にはちょっと水を開けられているのかもしれませんが、フレッシュさがあるのと、ちょっと未完成な部分があるところがかえってRENTっぽい雰囲気が出ていたようにも思います。
f0048936_23591532.jpg


고명석コ・ミョンソクさんのミミもまた見たいな~。でも、たぶん無理なので、写真でも貼っておきます。
f0048936_23412162.jpg

f0048936_23442366.jpg

by saffy114 | 2009-01-31 23:42 | Korean Musicals | Comments(36)
f0048936_23325168.jpg

Maureenの최혜진チェ・ヘジンさん。
2007年の조서연チョ・ソヨンさんのMaureenがかなり良かったので、今年はどうかなあ、と思って見に行きましたが、チェ・ヘジンさんも大健闘。
綺麗なので、通りを歩くたびに죽이네~と言われる、という設定(←ですよね!?)に合う雰囲気ですね。歌・芝居ともになかなか良かったです。ただ、コケティッシュさや相手を振り回す・・という雰囲気などはチョ・ソヨンさんのほうが上手く出せていたかな。ええと、明らかに혜진さんのほうが「容姿」でいうとMaureen向きの華やかさがあるんだと思いますが、舞台ですとかえって서연さんのほうが、セクシーさやコケティッシュさ、世界は私を中心に回っている的雰囲気が出ていたような気がします。혜진さん、このへんをもうちょっと強化すると、さらに良いのではないでしょうか。あ、あくまで比較すると・・の話です。혜진さんMaureenも、ちゃんと必要十分なセクシーさやme,me,me...という雰囲気は出せていました。
over the moonは、おおよそBW版と同じ、オーソドックスな(?)演出でしたが、面白かったです。結構周囲のお客さんにウケてました。ミュージカル通とはあまり思えない感じの、デートで彼女と見に来ただけです~風の男性客などがケタケタ笑いながら見ていました。確かに、혜진さん、「ベル」の鳴らし方(たしか片脚にベルを装着していて、いちいち片脚を挙げてベルを叩く、みたいなやり方でした)とか、その間の取り方、タイミングが良くて結構面白かったです。
빠져、빠져、빠져・・・・というところ(gotta gotta....に該当する部分です)、かなり頑張って長くやってくれました。肺活量あるのね。
Moo~の部分は、上手く盛り上げてくれました。韓国版は、今年も前方の観客数人がしっかりとMoo~をやらされます(笑)。今回は、みなさん1回目はやや遠慮気味で、Maureenにやり直しを命じられていました。「家に帰って後悔しないように・・。Moo~!!」なんて言われたりしてましたよ。ちゃんと大きな声で鳴けると、「良くできました。皆さん、この方に拍手!」と褒めてくれます。最後は、一階の観客、2階の観客、全員で、と盛り上げてフィニッシュでした。最初、1階の客の声が小さめでしたが、Maureenが「もっと!大きく!!」と叱責すると、しっかり大合唱になってましたね。2階の人たちはもっと頑張ってました(笑)。さすが韓国のお客さん(!?)。こういう時のノリは日本よりはるかに自然に盛り上がって、面白いです。
take me or leave meも、しっかり声が出ていて良かったです。ド迫力というわけではなく、わりと可愛らしい声だけども、明瞭で声量もありました。

f0048936_23332620.jpg

Joanneの신미연シン・ミヨンさん。
声量豊かな歌声。そうですよ、Joanne役はこうでなくちゃ!歌、良かったです。わりと大柄で、頼れる姐御風かつ賢そうな雰囲気もあるので、ハーバード出のdykeっぽい弁護士、という役に合う雰囲気でした。ドクターマーティンも履きそうです。2007年版は、たしかドレッドヘアっぽいヘアスタイルなどでアフリカ系を示唆していたように記憶していますが、今回の韓国版はJoanneがアフリカ系という設定はナシにしたみたいです。芝居もソツなくこなしていらっしゃいました。電話を2つ同時にさばく場面やTango Maureenなど、笑わせるところの間なども上手でした。Tango Maureenの動きも綺麗でよかったです。


take me or leave me、二人とも歌が上手で迫力があり、ぶつかり合う感じもでていて良かったのですが、でも、もっと良くなる余地があるように思いました。このお二人だったら、もっともっと火花が散る感じが出せるのでは?
f0048936_23341929.jpg

~続く~
by saffy114 | 2009-01-30 23:35 | Korean Musicals | Comments(0)
f0048936_22104541.jpg

f0048936_22363994.jpg

Angelの이지송 イ・ジソンさん。かわいらしかったです。ちょっと丸っこい、柔らかい感じの顔立ちで、ふんわりした感じの雰囲気のエンジェルでした。韓国版は、女装する部分はBW版とほぼ同じコンセプトのサンタ風の衣装でしたが、とても似合っていました。
Today 4 Uは動きにキレと勢いがありましたし、声も出ていてかつ歌詞が結構明瞭に聞こえてきて、おお、良いではないか、と思ったのですが、I'll cover youでは高音が時々かすれたり、ブレたりしてしまっていました。2幕のcontactのソロ部分は復調していて、高めの音もちゃんと出ていましたが、プレビュー時点ですでに喉に疲れが出てしまっているのかしら・・と心配になってしまいました。その後、いかがなんでしょう?
ですが、全体的には満足でした。文字通りangelicな、誰からも好かれると同時に何人(なんびと)にも愛を分け与えるキャラクターという感じが出せていて、とても良かったと思います。高音が上手く出ていなかった部分があったことだけが惜しいですが・・。
あ、contactのtake me ,take me・・に該当するソロ部分、ここは振付はほぼBW版と同一でしたが、イ・ジソンさん、歌・動きともに順当に良かったです。
韓国版は、コリンズがI'll cover you(reprise)を歌っている時に、contactの時と同じ、白い衣装のエンジェルが舞台奥の鉄骨組みのセットの2階(3階??)に登場し、膝を抱えたような座った姿勢の彼が皆を上方から穏やかに見つめているような演出になっていました。

この人、Hedwig2008の公開オーディションの最終選考に残っていた方だそうですね。お顔が似ているなあ~と思ったのですが、名前が当時と違っているので、同一人物なのか違うのかよくわからなかったのですが、やはり同一人物だそうです。


f0048936_2215513.jpg

Markの배지훈ベ・ジフンさん。ずいぶん落ち着いた雰囲気。理性的なメガネ男子という感じです。衣装などはBW版と似たコンセプトですし、路線としてはBW版を踏襲したマークを目指しているのかなあと思うのですが、どこか落ち着いた感じがあるので、アンソニー・ラップ系の、エキセントリックな雰囲気は希薄でした。多少変わり者っぽい雰囲気があるほうが面白いと思うんだけどなあ。ジフンさん、歌・芝居ともに安定していますね。無難にソツ無く、上手にやっていました。私の好きな'halloween'を上手に歌ってくれたので、個人的には満足ですが、what you ownなどでもうちょっとロックぽい勢いが出ればなお良し、かな。
f0048936_22211255.jpg


~続く~

More
by saffy114 | 2009-01-29 22:14 | Korean Musicals | Comments(12)