人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:Miss Saigon ( 15 ) タグの人気記事

Miss Saigonを見た

f0048936_9534477.jpg

f0048936_9534510.jpg


홍광호さんのTuyをロンドンの舞台で見る日が本当に来るとは(感動)。グァンホ君のトゥイ、よかったですよー。
Jon Jon BrionesさんのEngineer、素晴らしかった。
by saffy114 | 2014-07-29 09:38 | London Musicals | Comments(0)
久しぶりにPlay DBを覗いて、今更気が付きました。
http://www.playdb.co.kr/magazine/magazine_temp_view.asp?kindno=2&no=61680&page=3&sReqList=


ロンドン版のMiss SaigonのTuy役に홍광호君が決定したそうだ!
うわあ、おめでとうございます!
5月からだったよな・・。見に行きたいな~。



by saffy114 | 2014-02-09 20:54 | London Musicals | Comments(2)

Miss Saigon (KOREA 2010) 3

Chrisの이건명イ・ゴンミョンさん。初演の時のジョン役も良かったですが、予想以上にゴンミョンさんのクリス役、よかったです。今まで数回この演目を見たうちで、一番ゴンミョンさんのクリスが私は気に入った。何がポイントだったのかな?Billy Elliot風に言うと뭐라 설명할 수 없어~って感じですが(笑)。たぶん、芝居面が一番のポイントだったのかな。特に2幕に入ってからの場面って、このキャラって・・・なんだかな~と思うことが多かったような気がするのですが、なんとなくゴンミョンさんのクリスはそう思わせない何かがあったような気がする。歌のほうも上手かったし、声が曲に合っていた。

Micheal Leeさんのクリスは、身振りのちょっとしたところが「異邦人」っぽくて、そのへんがよかった。ただ、歌のほうが初演の時と比べるとちょっとパワーダウン?上手いのは上手いのですが、前日のゴンミョンさんと比べると、「伝わる」度合いが弱いように感じた。


Johnの김우형キム・ウヒョンさん。前半の「兵士」のパートは良かったのですが、2幕部分はちょっといただけなかった・・。歌い方の癖が非常に強く出てしまっていて、2幕最初の「BUI-DOI」はかなり微妙でした。このナンバーは、評価が分かれる歌い方ではなく、10人が聞いたら少なくとも8人が「上手い」と評価する感じで歌われるべきもののような気がするので、もう少し癖を修正したら良かったんじゃないかと思うんだけど・・・。思わず、2幕はジョンもゴンミョンさんが歌っちゃったらいいかも・・とバカなことが頭をよぎってしまいました。以前はもうちょっと癖が少なかった気がするんですけど、どうしちゃったのかな?声自体はけっこう良いわけですし、このままの歌い方で突き進むのはもったいない気がします。
Ellenの김선영キム・ソニョンさん。相変わらず上手いですね~。初演の時より、うぉっ、強そうな奥さんって感じが少し薄まって、綺麗でしっかり者の奥さん程度の印象になっていた気がする。
Thuy の이경수イ・ギョンスさん。拍手。お~、ハマり役ですね。初演の方は、なんとなくどっちかというと士官学校出身ですか?的な風貌だったのと対照的に、ギョンスさんはベトコンの中で一兵卒からのしあがったぜ的な風貌なのと、ハスキーな独特の声なのが、役柄に合ってたと思う。演じ方的には、英国で見たトゥイ・日本の初演のトゥイと韓国版初演のトゥイの中間点、という感じでした。かなり迫力ありました。私は初演の韓国版トゥイの演じ方というかキムとトゥイの関係の演じ方が新鮮だったので、初演のトゥイのほうがなんとなく気に入ってるのですが、ギョンスさんの冷酷な感じのトゥイも良かったです。


と、記憶を掘り起こして感想を記録。
by saffy114 | 2011-01-05 23:08 | Korean Musicals | Comments(0)

Miss Saigon (KOREA 2010) 2

Kimの김보경キム・ポギョンさん。なるほど、当たり役ですね。幼い感じの容姿と、ちょっとアニメ声っぽいかわいらしい声なんで、冒頭の「17歳」という設定もそう違和感がなかった。なんですが、1幕の途中以降、母親になってからの場面、息子を守るためにThuyと対峙する場面などでは、俄然パワーアップ!という感じ。歌い方・声も強くなりますし、なにより醸し出す雰囲気が「母は強し!!」的な感じになって、かなり印象が変わります。こりゃ日韓の観客には絶対ウケるタイプのキムですよね。よかったです。ただ、このキムだったら、自殺以外にも何か良い方法を見つける・ひねりだすことができそうだあ~、もうちょっと粘ってみればいいのに!と私は思ってしまった(笑)。だって、エレンとクリスが自分の子にとっていい親になることに賭けて自殺、ってリスキーじゃないですか・・・。
임혜영イム・ヘヨンさんのキムは、歌も演技も無難に良かった、という感じかな。清純なるお嬢さんっぽい雰囲気なんで、初演のときに私が見た김아선さんのキムをちょっと思わせる部分もあった。보경さんのキムが「母!!」という印象なのに比べると、혜영さんのほうはどっちかというとJohnのいうところのwoman in loveというかgirl in loveっていう感じだったかなあ。そのへんも아선さんを連想させたのかも。
私は、2幕の"Sun and Moon: Reprise"が非常に印象的だったというこの一点が主な理由で(笑)、初演の아선さんのKimが一番気に入ってますが、たぶん、一般ウケするのはダントツで김보경さんのような気がします。


~続く~
by saffy114 | 2010-12-22 23:47 | Korean Musicals | Comments(0)

Miss Saigon (KOREA 2010) 1

「미스 사이공(Miss Saigon)」。
충무아트홀 대극장 にて、6月12日19時と13日の13時からの公演を見ました。

キャストは、
Kim – 김보경キム・ポギョン(6/12) 임혜영イム・ヘヨン(6/13)
The Engineer – 김성기キム・ソンギ(6/12) 이정열イ・ジョンヨル(6/13)
Chris – 이건명イ・ゴンミョン(6/12) 마이클 리Micheal Lee(6/13)

John – 김우형キム・ウヒョン
Ellen – 김선영キム・ソニョン
Thuy – 이경수イ・ギョンス
Gigi – 구민진ク・ミンジン

この作品、韓国では2006年に初演、今回は再演です。演出・装置等、おおまかには初演版と同じでしたが、衣装の変更や細かい変更はところどころ有った様子。
サイゴンのバーのお姉さんたちの衣装と、バンコクのゴーゴーバーの女性の衣装が初演と違ったと思う。サイゴンのバーの女性の衣装、初演のときは時代考証的にはなんか違うような・・・という感じの衣装だったんですが、今回の再演版はそのへん忠実なデザインにしたのかな?あと、このバーの女性たちのメイクがかなりケバいというか、昔っぽく濃い派手なメイクだった(舞台メイクということをさしひいても)のも時代考証のうえで・・・って感じだったんでしょうか?私は、このサイゴンのバーのお姉さんたちに関しては、キャスティングも含めて2010年版のほうがいい演出のような気がしました。

김성기キム・ソンギさんのEngineerは、ちょっとおっかないというか8っちゃん関係者かな~という感じ。でも、笑わせる余地があるところはもれなく観客をどか~んと笑わせるというか、メリハリがあって、観客をノセるのが上手いなあ、という感じでした。
이정열イ・ジョンヨルさんのEngineerは、もうちょっとコセコセした感じというか、セコいポンびき上がり・・・という感じ。ジョンヨルさんは、Mamma Miaのハリー役で初めて拝見して、綺麗な美しい声が印象的だったのですが、Notre Dame de ParisのClopin役の時は、ハリー役の時とは別人のようなハスキーで迫力ある声で歌っていて、その違いと器用さに驚いたんですが、今回はClopin役のときのような感じの歌い方で、ハスキーな声で歌っていました。
~続く~
by saffy114 | 2010-12-22 00:41 | Korean Musicals | Comments(0)
Miss Saigon、昨日よりも、スモークが激しくたかれていたような…。今日の子役は昨日の子と比べるときちんきちんと淡々と役割を果たしている感じで職業人!?らしかった。でも、カーテンコールの時に客席に誰かを見つけたらしく、そっちに向かって笑顔で一生懸命手を振っていました。やはりまだ子供ちゃんなんですね~。かわいらしかった!たぶん、最前列のセンターブロックの端のほうにいた女性に向かって手を振ってたんだと思うのですが、私、その方、あ、日本人観客かな~と開演前だか幕間だかに思いながらなんとなく見ていたんですよね。どうかな~。違うかな~。後ろ姿だけですからね。違うかも。
キムもエンジニアもクリスも、ダブルキャストどちらで見てもそれぞれに良いと思う。
マイケル・リーに関して、近所の若い観客が幕間に「発音がだめだよね。」的なことを言っていたのですが…。そりゃまあ外国人の私でも、あ、と気付く箇所もあったけど、健闘していらしたように聞こえましたけど…。あれじゃまだダメっすか。まあ私が何か言える事柄じゃないけども。ですが、私のような外国人の場合は、そのへんの発音うんぬんはあまり気にならないので、クリスはマイケルでもゴンミョンさんでも大丈夫だと思います。それぞれ歌も芝居もタイプが違いますが。
ちょっと厳しい一言。ジョン役のウヒョンさん、歌い方にかなり癖が強く出てしまっていて、驚いた。どうしたのでしょう?以前から多少の癖はあったけれど、芝居でカバー出来る程度だったと思うんだけど…。他のナンバーはともかく、せめてブイドイだけは歌い方を少し軌道修正したほうがよいのでは…。
そうそう、トゥイのイ・ギョンスさん、好演ですね!ルックスと声質がちょうど役柄に合っているようです。北ベトナムの将校(かな)になってからの第一声がもっと迫力あったら更に良し。
今回の再演、dreamlandの女性たちは故意にちょっとグロテスクとも言える厚化粧風メイクにしているようですが、これ、いい演出ですね。

というわけで5公演見て帰国。
by saffy114 | 2010-06-14 00:21 | Korean Musicals | Comments(2)

子役には勝てない

김재범さん&조강현さんでThrill meを見た。昨日の組み合わせと今日の組み合わせでは、そうですねえ、韓国語がわからない観客だったら後者を選択したほうが無難かな。前者は、言葉が理解できない観客だと何が進行しているのかつかみかねるかも。김재범さんって、独特の個性があって芝居うまいっすね。
Miss Saigon,カーテンコール時にエンジニアのキム・ソンギさんがちょっと挨拶なさったのですが、「ワールドカップを見ないみなさん、ありがとうございます。試合のスコアが・・。」とおっしゃったとたんに客席から「2-0」と声が(笑)。
「なんで知ってんだ!?」とエンジニアがつっこんでたみたいでしたが、たしかにどうしてご存知なんでしょう(笑)。
タム役の子役がとても小さな子ですんごい可愛かったんですけど!何歳の子なんだろう??
by saffy114 | 2010-06-13 00:02 | Korean Musicals | Comments(4)
「Miss Saigon<ミス・サイゴン>」、9月10日、18:15からの公演も見ました。
この回のキャストは、
エンジニア 別所哲也
キム 新妻聖子
クリス 井上芳雄
ジョン 坂元健児
エレン 鈴木ほのか
トゥイ 泉見洋平
ジジ 菅谷真理恵


エンジニアの別所哲也さん、 悪辣そうですね(笑)。この方、とびぬけた美声というわけでは無いですし、歌としては、ダントツに上手いとは言えないんでしょうけども、それがあまり気にならないですね。良かったです。あ、笑わせるのは、あんまり得意なほうじゃないのかな。
全然関係ないんですが、私、昔、別所さんがメジャーデビューした(確か・・)日米合作SF映画のオーディションか何かを扱ったテレビ番組を見た記憶があるんですが、あの頃、別所さんって格好良かったですよね~。当時20代中盤だったんじゃないかと思いますが。それをふと思い出して、Thrill meのリチャード役って、あの頃の別所さんだったら似合ったかもな~、あ~、でも、もう少し美声の人のほうがいいかな・・、なんて思いながら舞台を見てました。

キムの新妻聖子さん。歌、上手いですね~!ほんとに全く危なげがないというか。もしサントラなどで聞くなら、断然新妻さんがいいなあ。芝居も順当に良かったと思います。トゥイ殺害の場面は、ソニンさんより新妻さんの芝居のほうが私は好きです。
ただ、全体的には、ソニンさんで見たときのほうが、キャラクターの感情がダイレクトに、否応なしに伝わってくる感覚、みたいなものがありました。あと、新妻さん演じるキムは、知的な雰囲気がどうしても強いので、自殺という方法以外の賢い方策を考えだしそう。

クリスの井上芳雄さん、2幕のconfrontationの場面は、とても良かったです。かなり激しい歌い方・演じ方だったんで、一歩間違うと笑えちゃう危険性もあると思うんですが、大丈夫でした。ただ、1幕のベトナムでの場面に関しては、う~ん、ちょっと何か違和感がぬぐえない・・。あ、当然ですが、歌自体は上手です。それから、heat is onの場面で、なぜかテーブルの上にあげてあったらしいイスが舞台におっこちるという小さなアクシデントがありましたが、井上さんがさりげなく歩いて行ってイスをテーブルに戻してました。

トゥイの泉見洋平さん、良かったです。一昨年見た韓国版のトゥイが私はとても気に入ったので、ついその韓国版の하지원さんの演じ方と似た方を高く評価してまう・・という部分もあるのかもしれませんが。でも、2幕の幽霊として登場する場面の歌い方・演じ方に関しては、今まで見たトゥイの中で、泉見さんがダントツに良いと私は思う。
泉見さんのトゥイ、というか、泉見さんのトゥイがキムを単に自分の所有物として権利を主張しているんではなく、彼女を本当に愛している、という感じの演じ方をしている点と、新妻さんのキムのトゥイに対する感情が憎悪一辺倒でなさそうな点が、ちょっと韓国版の演じ方と似ていたんですが、私はこの演じ方のほうが好きですね。歌も、なかなか迫力があって良かったと思います。

ジョンの坂元健児さん。
あの、どうしても・・・、あっ、シンバだ!と思ってしまうんです・・。すいません・・。当たり役があるのも良し悪し?!
エンジニアがキムの値段を個室なら・・などと言ってつりあげようとする場面で「え~っ?!」みたいな感じで嘆息していましたが、これがなんだか笑えた。2幕、クリスとエレンがタムをバンコク在住のままで援助しようと決めたことに反対する場面などは岸さんより坂元さんのほうがジョンの焦りというか苛立ちというか、良くない結果を生みそう、という不安感みたいなものが見えて良かったと思います。

エレンの鈴木ほのかさん。うわ~、初演の時と同じ役で登場。まあ、1階の後方のほうの席から見て、ではありますが、初演から十数年経た現在でも大丈夫(←何が?!)ですね!キムとエレンが対面する場面、最初、キムに対し優位に立とうとする、というか、ちょっと威圧的な感じで演じていらっしゃったようです。歌は、ちょっと本調子ではなかったのかも。確か、初演のころは(さすがにキム・ソニョンさんほどではないかもしれませんが)もうちょっと歌に迫力があったような気がするんですが、今回は聞かせどころのI still believe、なんだかちょっと歌詞がべたつくというか、粘調な感じがするというか・・、そんな気がしました。

ジジの菅谷真理恵さん、声もちゃんと出ていたし、雰囲気的にも前回見た桑原さんより菅谷さんのほうが良かったかな。 

~続く(予定)~
by saffy114 | 2008-09-19 22:41 | Japanese Musicals | Comments(4)
「Miss Saigon<ミス・サイゴン>」。8月30日、帝国劇場にて5:00からの公演を見ました。

キャストは、
エンジニア  橋本さとし
キム ソニン
クリス 藤岡正明
ジョン 岸 祐二
エレン RiRiKA
トゥイ 石井一彰
ジジ 桑原麻希

日本版は92年の初演の時に見たっきりなので、十何年ぶりの日本語版でした。
日本版は、いわゆる「オリジナル演出」のままの上演で、ヘリコプターは画像でなくセットが登場しますし、アメリカンドリームのシーンでは自由の女神のアニメでなく、キャデラックが登場します。
この作品、高校の頃、ええと、ロンドン版が上演され始めたころにリア・サロンガとジョナサン・プライス版のCDを入手してかなりハマりまして、あ~、ホンモノの舞台を見たいな~と思いながらずいぶんな回数CDを聞いてました。めでたく数年後、日本版が上演されて、なかなか良かったんですが、実際に舞台で見ると、音楽はやはり良いんですが、ストーリーはなんだかひっかかる部分も多いなあ・・なんて感じたんですね。CDなどでストーリーは知ってましたが、実際舞台で見ると、余計にひっかかりを感じるなあ、と。94年にウエストエンド版を見た後は、なんとなく私にとっては、好きではあるが「過去の」作品、という感じになってしまって、結局その後はBWでもWEでも見に行くことはなく、04年の日本版再演は仕事で忙しかったのもあってスルーしちゃったんです。
06年に韓国で新演出版が上演される、ということでソウルまで見に行きましたら、これがかなり良かったんです。同じストーリーなのに、以前感じた、ストーリー上のなんだかなあ・・という部分(アジアへの偏見、ステレオタイプみたいなもの)を上演中はあまり感じなかったんです。キャスト、特にキム役の女優さんの芝居とキムとトゥイの関係の演出の仕方のためだと思うんですが。で、日本でも再演したら見に行こうと思って待っていました。

ソニンさんのキム、良いですね。予想外の好演。後日、新妻さんのキムも見ているんですが、ストーリーが「政治的に正しくない」と感じてしまう方の場合は、ソニンさんで見たほうがいいかも。歌は新妻さんのほうが安定していて技術的にも上だと思いますが、ソニンさんの演じ方のほうが、ストーリーにちょっと共感できない観客でも、否応なしに舞台に引き込まれてしまうようなパワーがあるように感じました。かなりユニークというか、独特の演じ方だとは思いますが、このキャラがなぜこういう行動をしたのか、何を感じているのかが明確に伝わる感じで、説得力がある。ただ、彼女の演じ方が合わない観客も存在しそうな気もします。好みが分かれそうですね。私は良いと思います。ソニンさん、見た目も役に合いますね。歌もなかなか上手でした。やや不安定な部分もあるのですが、それがあまりマイナスになっていなかったです。場面によって、発声の仕方を使い分けていますね。冒頭の場面ではちょっと作り声っぽいかわいらしい声だったり、クリスに「君は誰?」と聞かれて「身の上話を聞きたいの?」みたいなことを言う場面では低めの迫力ある声だったり、など。それが上手く作用していたように思います。「歌」としては、後日見た新妻さんのほうがはるかに安定していて上手なのですが、かえってやや不安定な部分もあったソニンさんのほうが、キャラクターの感情がダイレクトに伝わってくる感じでした。
なんというか、恋愛依存度がもともと高そうなキム、というか、こういう状況でなく、平時だったとしても恋愛に夢中になりすぎていろいろありそうな感じ。それだけに、2幕のような状況になったとき、キムがした選択がすっと納得できるような気がしました。
トゥイの死の場面の演じ方は、ちょっと違和感もあったかな~。ほとんど怒鳴るような感じで歌い、半狂乱という感じで演じるので、キムが本当に必死なのは伝わるんですが、一歩間違うと、わざとらしくなっちゃう危険もあるような・・。そのぎりぎり一歩手前で上手くやってらっしゃったは思いますが・・。一昨年見た韓国版のこの場面の演じ方=トゥイに対するキムの感情が拒絶一辺倒でない演じ方、のほうが私は好きなんで、余計にそう感じるのかもしれませんね。
でも、トータルで言えば、満足度の高いキムでした。

エンジニアの橋本さとしさん、声がとても良いですね。ただ、声自体は良いのですが、歌としてはちょっと「濃淡」に欠けるようにも感じました。ですが、基本的には上手いです。こんなに歌える人だったんですね。そして、ハーフと言われればそうかも、という感じの整った顔立ちですし、背も高くてなかなか魅力的なんですが・・・、ちょっと怪しげで、面白いです(笑)。でも、もっともっと強烈に怪しいエンジニアになっているのかなあと期待して見に行っていたんで、そういう意味では意外と普通に近かった、かな。日本のいわゆる小劇場的な笑いのとり方がとても上手です。思わず笑ってしまった場面が結構ありました。ただ、「エンジニア」というキャラを見ている、というより、「橋本さとしさん」を見ているような感もありましたが、それはそれでこういう個性の俳優さんの場合はアリなんでしょうね。


クリスの藤岡正明さん、大変良かったと思います。あくまで私の個人的な印象ですが、 日本の初演・94年ごろのWE・一昨年韓国で見たマイケル・リーさん、今年の日本の藤岡さん、そして後日見た井上さんの中では、藤岡さんのクリスが一番気に入ったかも。歌でいえばダントツでMichael Leeだとは思いますが。あ、でも、藤岡さんもとても素敵な声で、歌自体も上手です。
1幕、というかベトナム時代に関しては、藤岡さんのクリス、とても良かったと思います。このキャラクターの行動や考えが「腑に落ちる」感じがしました。
相手役の方とのバランスとか相性などの関係もあるのかもしれませんが、キムと恋に落ちる過程やらその後の心の動きなどがわかりやすいというか、自然に伝わる感じでした。
あ、Dju vui vaiの場面で、女性たちが歌っているのが婚礼で歌う歌と聞いて、「ええ~っ!?」とひく、というか驚く場面が(笑)、なんだかいまどきのコントっぽくって、ちょっと笑えたんで印象に残ってます。私は笑えちゃうと結構なんでも許してしまうんで、これもまあOKだったんですが、この芝居はちょっと全体の流れにはそぐわないようには感じました。


ジョンの岸祐二さん、この方もとても良い声で歌が上手ですね! クリスの藤岡さんとちょっと声質が似ているので、 聞き分けるのがちょっと難しいような気もしましたが。あと、あんまり戦地だからといっても、友人に女を買って励まそうなんてことはしなさそうなタイプに見える、というか聞こえてしまうような気も・・。

RiRiKAさん、穏やかで、なんでも受容してくれそうな、「母性」がありそうなエレンでした。韓国で見たキム・ソニョンさんのエレンが、衣装やメイクなどのせいもあると思いますが、ちょっと気が強そうなsouthern belleっぽいエレンだったんですが、日本版というかRiRiKAさんは、タルボットとかの服を選択するタイプっぽいエレンでした。タムを幸せにしてくれそう、きちんと育ててくれそうです。キムとの対面の場面も、最初はなんだかキムにちょっと遠慮気味というか、なんとかキムを傷つけない方法はないものか・・と模索しているような印象でした。

トゥイの石井一彰さん、無難に歌えていたし、そう悪くはなかったんですが・・。やや印象が薄かった、です。もうちょっと迫力があるといいのかなあ。韓国版のトゥイが私はかなり気に入ったので、つい、この韓国版のトゥイ=하지원(ハ・ジウォン)さんと比較しちゃうからそう感じるだけなのかもしれませんが・・。高位の軍人になってからの場面にもっと迫力があるといいかなと思いました。
ジジの桑原麻希さん、喉の状態が悪かったのでしょうか、声の出があまり良くなくて残念でした。


~続く~
by saffy114 | 2008-09-17 22:42 | Japanese Musicals | Comments(0)
2006年の韓国版のMiss Saigonで、Thuyの直属の部下(副官?)=トゥイの死体を見つけて悲嘆にくれる軍人の役を演じていたのは、もしかしてEvil EDこと김승필キム・スンピルさんでしたか??

昨日、ミス・サイゴンを見ている時に、ふと、そういえば韓国版の「トゥイの死」の場面の最後のところで、トゥイの副官?直属の部下?みたいな役のアンサンブルの俳優さんの芝居が印象的だったことをふと思い出しました。が、そのときはあっという間に頭から消えてしまったんですが、トークショーのときに、泉見さんへの質問で、「COO COO PRINCESS」のとき、トゥイは部下と後ろのほうで何を話してるんですか??」というような内容があったので、また思い出しました。

トークショーでの井上さんを見てなんとなくEvil Deadのアッシュ役とかいいかも?と思ったからでしょうか、あ~、そういえばEvil DeadのEdこと김승필キム・スンピルさんって過去の出演作品一覧にミス・サイゴンって書いてあったな、と思いだして韓国版のパンフを見たら、アンサンブルキャストの写真のページに不思議なヘアスタイルのスンピルさんの姿が。あれっ、この爆発気味のヘアスタイル・・。確か、Thuyの死体を見つける副官役の人、他のキャストより少し年代が上っぽくて、ずんぐりしてて、こんな感じのボリュームがやけにあるヘアスタイルだったような・・と思ったんですが。
どうなんでしょう。端役ですし、韓国版のパンフには細かい役名まで記載されてないので、確かめようが無いんですが。
日本版ですと、「副人民委員・ギャン」という役なんだと思うんですけども。
by saffy114 | 2008-09-11 21:36 | Korean Musicals | Comments(0)