人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2014 LONDON旅行の記録(8)

7日目(8/2土)。
Abu Zaadで昼食。
f0048936_1826691.jpg

Baba Ganouj
f0048936_1827267.jpg
f0048936_18271532.jpg

Arayes
f0048936_18272689.jpg

Macmour
f0048936_18273559.jpg

サービスでミントティーをいただいた。
f0048936_18274468.jpg



Eid祭り。
f0048936_18291065.jpg
f0048936_18291724.jpg



乗り継ぎ。
f0048936_18292539.jpg

by saffy114 | 2015-11-04 19:07 | 旅行 | Comments(0)

2014 LONDON旅行の記録(7)

6日目(8/1金)。
Al Arezで昼食。
f0048936_051253.jpg
f0048936_052774.jpg
f0048936_0521768.jpg
f0048936_0522721.jpg
f0048936_052369.jpg
f0048936_0524657.jpg
f0048936_0525535.jpg

サービスのバクラバ。
f0048936_053252.jpg

食べきれないので、残りのバクラバを持ち帰りたいと言ったら、こうなった。
f0048936_0532389.jpg


↓Gray's Inn squareのあたりだったと思う。
f0048936_0561556.jpg

公園沿いの建物に入居している企業かなにかへの抗議団体が道路に陣取って太鼓叩いてなんかスローガンを歌っていた。さらに、隣接の建物の屋上からスローガンが書かれた垂れ幕を下げようとしていたんだが・・・。
それがなかなかうまくいかない(笑)。何回も失敗していた。

f0048936_0562512.jpg
f0048936_0563410.jpg

サマセットハウス。噴水で全力で遊んでいる子供&大人がいた。
f0048936_0564294.jpg

トラファルガー広場では、Eid祭りの準備中。
f0048936_0565161.jpg



Sanninで夕食。
f0048936_058153.jpg

f0048936_0583885.jpg
f0048936_0584747.jpg
f0048936_0585616.jpg
f0048936_059565.jpg
f0048936_0592655.jpg
f0048936_05937100.jpg

by saffy114 | 2015-11-04 18:10 | 旅行 | Comments(0)

2014 LONDON旅行の記録(6)

5日目(7/31木)。
昼食。たしかAl Darだったと思う。
f0048936_23371911.jpg

Knefeh( كنافة بالجبن)
f0048936_23374674.jpg

Halloumi cheese جبنة حلومとLamb shawarmaشاورما لحمのラップサンド
f0048936_23381043.jpg
f0048936_23382864.jpg

美味しかった。


King's cross 駅から電車に乗って・・
f0048936_2340354.jpg
f0048936_23405182.jpg
f0048936_2341418.jpg
f0048936_23411938.jpg

Hatfield houseへ行った。
f0048936_23413990.jpg
f0048936_23415447.jpg
f0048936_2342917.jpg

f0048936_234914100.jpg

f0048936_23424096.jpg
f0048936_23425297.jpg


エリザベス1世の肖像画がインパクト強かった。ドレスに目とか耳が沢山描かれていて、ちと怖い。いわゆるイコノロジーってやつなのかなと思うが、何だろう、女王さまはすべてお見通しだ、とかそんなニュアンスなのか?
The rainbow portraitとかいう有名な絵らしいけど・・。女王が持っている虹よりドレスの布地の柄のほうが気になるわな。

the Stable Yard Shops という小さなカフェやら店が並ぶHatfield houseに隣接するエリアが家族連れやらで賑わっていた。そうそう、ウェディングドレスを売っている店があるなと思ったら、このエリアにある建物(隣接していたのかも)で結婚式をやっていたな。

Sanninで夕食。
f0048936_033811.jpg

f0048936_035334.jpg
f0048936_04385.jpg
f0048936_041290.jpg
f0048936_042383.jpg
f0048936_043182.jpg
f0048936_044021.jpg
f0048936_05174.jpg

by saffy114 | 2015-11-04 17:01 | 旅行 | Comments(0)
4日目(7/30水)。
Abu Aliで昼食。
f0048936_228346.jpg

店の人に「ちょうど炊き上がったところだ。美味いからこれを勧めるぞ。」的なことを言われて注文した一皿。↓
f0048936_228162.jpg

炊きこみご飯に、シチュー的なもの(後ろに小さく写っている)をかけて食べるらしい。
f0048936_2282367.jpg

たしかに、美味しかった。
f0048936_2284096.jpg

このお店は、お茶をのみながらの~んびりとしているお客さんが数組来ていたな。


買い物して、ホテルにいったん戻ったら、廊下ですれ違ったホテルのスタッフに「あなたたち、昨夜savoy theatreにいたでしょう?Dirty rotten scoundrels見てたでしょ。僕も見ていたんです。あなたたち見かけましたよ!」と声をかけられた。記憶力いいんだなあ。さすがホテルマン(?)。
ロビーのカフェで、紅茶とミントティーを飲み、ナッツをバリバリ食べた。
f0048936_2292899.jpg
f0048936_2293757.jpg


"Charlie and the Chocolate Factory"を見た。
f0048936_2294619.jpg
f0048936_2295524.jpg

実は、この作品、映画は未見で原作も読んでおらず。
こんなブラックな話だったとは(笑)。脱落した子たちは・・・・(汗)。
Alex JenningsさんがWilly Wonka役だった。わりとこの人の舞台、見てるなあ。

前日、看板をおバカさんグループに投げられてしまってかわいそうだったので、AbuZaadで夕食にした。
ミントが大量投入されたレモネード。これは日本の夏にもよいのでどなたか輸入を。
f0048936_22102072.jpg

Fattet Makdousが気に入っているので、また食べた。
f0048936_22103053.jpg

Saj with Halloumi Cheese
f0048936_22104252.jpg

Bamia Bil lahmehبامية باللحمة(だったと思う)。
f0048936_22105248.jpg


この店はシリア料理店だそうで。中東料理の店、東京にもたくさん出来ればいいのになあ。
欧州は、シリア料理店増えるのかな??
ときに、常々思っているんだが、あれだけ90年代にイラン人の方々が出稼ぎに来ていたのに、なんでペルシャ料理店は増殖しなかったんだろう??増えればよかったのに。
by saffy114 | 2015-11-02 22:17 | 旅行 | Comments(0)
今更だが、2014年のロンドン旅行の記録の続き。

3日目(7/29火)。
エッジウェアロード沿い(Upper Berkeley Streetの北側、エッジウェアロードの東側)のSaffronというペルシャ料理屋さんで昼食。
f0048936_21481824.jpg
f0048936_21482723.jpg
f0048936_21483392.jpg
f0048936_21483925.jpg
f0048936_21484530.jpg

周辺の店よりも、やや洒落た系統の内装だったと記憶している。ここも美味しかった。
何を注文するかメニューをものすごく真剣に見ていたら、店員さんが声をかけてきて、ペルシャ料理は初めてか?そうか、食べたことはあるのか、○○が好きなら▲▲もお勧めだ、僕は個人的には■■が好きだから勧める、等々、アドバイスをくれた。


Savoy Theatreにて、”Dirty Rotten Scoundrels”を見た。
f0048936_21534378.jpg

f0048936_21534836.jpg

f0048936_21535489.jpg

Robert Lindsay不在で、Lawrence役はUSの方だったが、このUSの方(Darren Bennettさん)、とても素晴らしかった。もしかしたら、リンゼイさんで見るように良かったのかも?って、リンゼイさん版は見てないけども。

Al Arezで夕食。
f0048936_21543741.jpg
f0048936_21545819.jpg
f0048936_2155746.jpg
f0048936_21552572.jpg
f0048936_21553613.jpg


食事後、ホテルに向かうバスに乗ろうとしてエッジウェアロード沿いのバス停で待っていたら、女性の悲鳴とか怒鳴り声とかが聞こえてきた。何事かと思ったら、若いアフリカ系のグループ同士の喧嘩が勃発したらしい。怒鳴りあいつつ、モノを投げつけ合いながら北上してきて、ビール瓶を投げつけたり、前日に食べに行ったAbu zaadの歩道にあった看板を持ち上げて相手グループに投げつけたりしていた。困ったもんだ。
by saffy114 | 2015-11-01 21:50 | 旅行 | Comments(0)

2014 LONDON旅行の記録(3)

2日目(月)。
外出前にホテルのフロントに行き、「シャワーブースの扉からの水漏れがひどいから、部屋を交換するか、堰き止め用にバスタオルを毎日大量供給してほしいんだけど。」と話すと、「午後ホテルに戻るときまでに別の部屋を探しておく、自分はシフトがじき終わるので次のシフトの職員に伝えておきます。」との返答。
で、Edgeware roadまで行き、Abu Zaadで昼食。
f0048936_1835591.jpg

ミント入り(大量投入されていた)のレモネードがとても気に入った。
f0048936_18361361.jpg

f0048936_18394325.jpg

↑Fattet Makdous、とても美味しかった!
f0048936_18363438.jpg

Maklobaも旨い。あ、Kabseh With Lambだったかも?まあ、そんな感じの米と羊肉の料理。

primarkなどを覗く。

ホテルに夕方戻り、部屋の件を尋ねると、残念ながら次のシフトの職員(前日のチェックイン時の担当だったお兄さんだった)には話が伝わっておらず、また同じ話を繰り返す。
で、いくつか候補の部屋があるから見てから決めてくださいとのことで、部屋を見たんだけども・・元の部屋と同じようなつくりのバスルームの部屋ばかりでなんか同じことの繰り返しになりそうだなと思い、別の構造のバスルームの部屋ってないのか?と尋ねたら、ベッドの条件を変えれば存在すると思う、とのことなんでベッドの条件を変えて再度探してもらうよう依頼。で、その間、エグゼクティブラウンジで待っていてくれとのことで、シャワーブースのトラブルのおかげでエグゼクティブラウンジを見学することができた。
で、部屋は狭くなるし窓からの眺めも悪いが、バスタブ+ハンドシャワー形式のバスルームの部屋があったので、そこに移動決定。荷物をまとめて移動。


20時から、PRINCE EDWARD THEATREにて”Miss Saigon”を観劇。
f0048936_18443513.jpg

f0048936_19142396.jpg

The Engineer役のJon Jon Brionesさんが一番光ってたかな。キム役のEva Noblezadaさんは、歌は上手いし悪くないんだけど、なんだか・・・しっくり来なかった。鼻っ柱が強そうに見えちゃって、ああいう手段をとらずともなんとか道を切り開いて行けそうに見えるというか。CHRIS役のALISTAIR BRAMMERさんはなんだか印象が薄い・・・。歌えてるし2枚目なんですけども..。Thuy役の홍광호さん、英語のナンバーでも上手かった。トゥイの最初の登場場面、キムとクリスの結婚式もどきの場に現れるシーン、トゥイがキムを見つけて実に嬉しそうというか安堵したというかという感じで演じていたと思うんだが、その短い場面での表情などが印象的。Thuy、登場時に観客に背中を向けている場面が多くて、ちょっと残念だった。
Gigi役がU/Sの方だったようだ。フィリピンのスターのRachelle Ann Goさんではなかった。ちょっと残念。Gigi役の方、なんとなく日本の人っぽい雰囲気の女優さんだったんだが・・。どなただったのかな。



またEdgeware roadで夕食。Sannin再訪。
f0048936_19105512.jpg

f0048936_19113076.jpg
f0048936_19111782.jpg

f0048936_19113921.jpg

f0048936_19114633.jpg

サービスでバクラバとスイカをいただいた。
この日もEdgeware roadは夜間大賑わいであった。小さな子を連れた家族も沢山夜遅くの通りを歩いているし、食事したりしているので、お子さんたち眠くないのか?!と不思議だったんだが、EIDとかいうラマダン明け期間だったから特別だったのかなあ??
by saffy114 | 2014-09-26 00:17 | 旅行 | Comments(0)
ホテルの部屋からの眺め。
f0048936_18193454.jpg


Edgeware roadのMaroush Expressにて1日目の夕食。
f0048936_1815125.jpg
f0048936_18145689.jpg

f0048936_1815297.jpg

隣の席にいたアラブ系ご一家の1歳後半ぐらいと思われる女の子が、にこにこ笑顔をこちらに向けてきて、さらにパンを私らに渡そうとしたり、メニューを渡してきたりした・・。
f0048936_18154048.jpg

サービスでいただいたバクラバ。

この日の夜のEdgeware roadは昨年以上に賑やかだった。ラマダン明けだったからかな?

バスでホテルに戻り、入浴したら・・・シャワーブースの扉の下部の隙間からの水漏れがひどくてバスルームの入り口まで水が流れてくる状態。この部屋のバスルーム、固定式シャワーのシャワーブースと、蛇口だけがついている浴槽の組み合わせで、固定式シャワーの水量も弱め。さらにシャワーブースの扉の水漏れもあるんじゃ、使い難くてたまらんということで、翌日部屋の交換を頼むか、水漏れの堰き止め用に毎日大量のタオルを供給するよう依頼するかだな・・・・。


固定式シャワーのみのバスルーム、英国では今回初めて遭遇した。NYのホテルでは何度も経験しているけど。
90年代に宿泊していた、ずっと宿泊代が安いホテルでもハンドシャワーだったので、なんとなく英国のホテルはハンドシャワー付きと思い込んでいた(笑)。
by saffy114 | 2014-09-24 21:19 | 旅行 | Comments(0)
ホテルにて朝食。
f0048936_21474875.jpg


パディントン駅までスーツケースをひっぱって徒歩移動。
運賃が安いheathrow connectに乗車。列車がトンネルに入り、もうすぐヒースロー空港・・というところで列車が停止。赤信号なので停止中だが間もなく出発の見込みという車内放送が入った。・・・が、数分経過しても電車は止まったまま。再び車内放送があり、ヒースロー空港駅のホームに停車している前方の電車が車両故障のために動けなくなってしまい、ホームを占領しているためにこの電車がヒースロー空港駅に入れなくなってしまったために停止中で、コントロールセンターの連絡待ちなので、しばらくお待ちください、とのこと。
ふう、フライト時間までそれなりに余裕が見込める時間に出発しておいてよかった。
と思ったが、放送後、またまたかなり長い時間停車している・・。
また放送が入り、コントロールセンターから、いったん逆方向に走行してトンネルを出て、別のトンネルに入って別のホームへ行けという指示があったので、これから逆走しますとのこと。
放送、若い女性の声だったのだが、この放送の後、安全ベストを着たインド系の若い女性が車内を急いで車両後部(市内方向)に向かい歩いて行った。彼女が運転手だったのだろう。この方の乗客への説明&到着が遅れそうでごめんなさいのアナウンス、上手でした。
電車は市内方向に向かいトンネルを逆送して、いったんトンネルの外で出て、停止。この後、ヒースローエクスプレスの通過を2台ほど待ったのちに、やっと電車が空港方面に向かって動き出した。ふう。

交通局のHPやツイッターを停車中に眺めていたのだが、この車両故障でheathrow connectは運行をしばらく停止したようですが、heathrow expressは通常運行を続けた様子。
フライト時間までさほど余裕がない場合は、ケチらずヒースローエクスプレスに乗ったほうが安心なのかも・・。

予定より遅くはなったが無事に空港に到着。免税手続もあっという間に完了。今年は(というかこのターミナルでは、なのかも?)手続きカウンターにそれなりに列はできていたが、係員さんがその列に並んでいる人々を回って書類を回収するので、書類がそろっていればあっという間に手続き終了であった。

アムステルダムで乗り継いで、成田へ。乗り継ぎ時間が90分ほどだったのだが、到着は予定通りの時刻であり、シェンゲン外からシェンゲン外への乗り継ぎだったので、乗り継ぎ時間は十分だった。スキポール空港は乗り継ぎがわかりやすくてラクでいいですな。

帰宅して、さっそく購入してきたバクラバを食べた。
f0048936_21484179.jpg

美味しかった。

箱入りのバクラバ。
f0048936_21524936.jpg

箱入りがあるってことは、あちらにも手土産需要があるのかなあ?

行先はロンドンだが、中東料理ばかり食べた旅行であった。Hummusをはじめとする中東料理が日本でも人気になるといいなあ。
by saffy114 | 2013-09-25 22:02 | 旅行 | Comments(0)
ロンドン6日目(金曜日)。
ホテルにて朝食。
f0048936_1885819.jpg

f0048936_18314175.jpg


Hampton Court Palaceに行こう、ということでWaterloo駅へ。
電車の出発時間まで時間があったので、売店でPastyを買い、車内で食べた。
f0048936_1810170.jpg

Hampton Court 駅。
f0048936_18102946.jpg

f0048936_18105060.jpg

まずは屋敷を見物。
f0048936_18235540.jpg

Secrets of the Royal Bedchamberという展示をやっていた。
冬は暖房がたいへんそうで、住みにくそう。どうだったんだろう。ベッドをあたためておく道具なども展示されていたけど、それでも冷えこみそう。あと、前から思ってるんだが、なんで欧州の昔の貴族や王族のお屋敷にあるベッドの高さはあんなに高いんだ?冷え防止かなあ??上りにくかろうに。まあお付きの人がいるから関係ないのか。

よく晴れた日だったので、庭のベンチで持参した昨夜の残り物のKanafehとポルトガル菓子の昼食。
f0048936_18233522.jpg
f0048936_18231997.jpg

庭の端に鴨やらなんやら水鳥がたくさんいる川があった。
f0048936_1924481.jpg

庭は凝ったデザインですな~。
f0048936_18241561.jpg

迷路は時間が足りず、行かなかった。


電車でWaterloo駅へ戻る。
バスでホテルまで戻る。なぜか、このWaterloo駅からホテル方面までのバスで、日本人の方々に4組遭遇した!滞在中、全然日本人観光客に会わず(F&Mを除く)、ロンドンって人気下降したんだな~私が大学の頃はたくさんの日本人が来ていたのに~と思っていたら、滞在の最後の日にまとめて日本の人に出会えた!

アラブ系の八百屋さんで、ひらべったい桃を購入。蟠桃っていうやつだと思う。
f0048936_18243595.jpg

この桃、とても美味しかった。普段、日本のスーパーなどでは見かけない気がするけど、日本でもどこかで売ってるかな?


金曜夜のエッジウェアロードはすごい賑わいでレストランはどこもお客さんが沢山。

Sitt ashamというシリア料理の店に入る。
SOJUK,tabbouleh,MIXED GRILL,Mango juice,Melon juiceを食べた&飲んだ。
f0048936_1826911.jpg
f0048936_18254485.jpg
f0048936_18253120.jpg
f0048936_18252070.jpg

f0048936_18275587.jpg


オーナーさんと思われる恰幅のいい男性が、愛想よく+勢い良く接客をしながら店を縦横無尽に動き回っていた。ウェイターさんたちは、他店と比べちと動きが鈍めというかあまり気が付かないタイプの方が多いかなという感じのところを、オーナーさんらしきおじさまが動き回ってウェイターさんに指示を出しつつカバーしている感じ。テーブルセッティングがきちんとなされていないと、オーナーさんが凄い勢いでウェイターさんに何かまくしたててやり直させていた様子。この方がいるかいないかで、店の雰囲気やペースがガラッと変わりそうな店ですな。

周囲のテーブル、食事のお客さんもいるが、お茶とお菓子だけオーダーしてお茶している方々も多かった。お食事のお客さんもほとんどが〆にデザート食べてる。男性のみのグループも、アラブ系の男性客の方々は見える範囲のテーブルでは、みなデザート&茶で〆ていた。わたしらは、おなか一杯でデザートは無理だった・・。


でも、帰路にMaloush bakehouseでバクラバetcを購入。帰国したら食べようっと、ということで。
by saffy114 | 2013-09-08 19:19 | 旅行 | Comments(0)
ロンドン5日目(木曜)。
ホテルにて朝食。
f0048936_1852917.jpg
f0048936_1854031.jpg
f0048936_1855073.jpg
f0048936_1855959.jpg

ホテルでは、家族連れの宿泊客の獲得を目指すキャンペーンが8月1日から開始された模様で、朝食のレストランの一角にnaughty cornerと銘打った、ワッフルやマシュマロがあるテーブルが増設されていた。逆説的な命名ですな。お子さんたちには、ワッフルよりマシュマロのほうが人気があった模様。マシュマロを大量に取っていた若い成人男性も見た。相当マシュマロ好きな人らしい。

ハマースミスからバスに乗り、Syon Houseに行った。
バス停から建物までの距離がけっこうあります。広いな~。
植木、鉢植えや園芸用品を売る売店があった。かなり充実した品ぞろえのように見えた。あ、カフェもありました。
ピクニック可の、だだっ広~い庭の木陰でポルトガル菓子、菓子パンの昼食。
f0048936_1862611.jpg

f0048936_1891773.jpg

f0048936_1813418.jpg

芝の上に寝転んでいる人々、ヨガをやっている(!)人、ピクニックしている人などがちらほら。
敷地の一角で馬が放牧されていた。

サイオンハウスの屋敷を見物。こちらの建物内部は写真撮影不可でした。
昔は北欧の国の修道院だったところに建てられているのだそうで、そのころの遺構や発掘されたものなどが地下で展示されていた。
↓温室。
f0048936_1885469.jpg

f0048936_188581.jpg

f0048936_1881911.jpg


閉園時間ぎりぎりまで庭を川に沿って散歩した。とにかく敷地が広い・・。

バスでハマースミスまで戻り、地下鉄でエッジウェアロードまで行く。

暑かったので、Al arezでJalabとfruit cocktailを飲む。

ABU ZAADにて夕食。ダマスカスの味だか、ダマスカス料理だかと看板に書いてあったから、Syria料理の店なのだと思う。
chicken shawermaのWrap,Chicken Soup, Makdous、carrot&apple juice、tropic cocktail、Kanafehを食べた&飲んだ。

f0048936_18132433.jpg
f0048936_18133737.jpg
f0048936_18134740.jpg
f0048936_18135719.jpg
f0048936_18141134.jpg
f0048936_18142424.jpg

Makdousは不思議な味だった・・。私はなぜか、なめろうを連想した。aubergine stuffed walnut, pepper, garlic & olive oilだから、なめろうとは全然違う料理だけど(笑)。
Kanafehはものすごく甘い!量が多かったので食べきれず、残りをお持ち帰りした。

店の前にArabic breakfastなる朝食メニューの看板がでていた。今度ロンドンに行ったら食べてみようかな。なんかすごくボリュームありそうだったけど・・。
by saffy114 | 2013-09-01 21:59 | 旅行 | Comments(0)