人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:GERMAN MUSICAL ( 46 ) タグの人気記事

ウィーンで”Lazarus"上演

ウィーンのVolkstheaterで”Lazarus"が上演されます。
期間はSa, 12.05.2018 - Fr, 15.06.2018だそうです。

http://www.volkstheater.at/stueck/lazarus/

german musicalのカテゴリに入れちゃってるけど、上演場所はウィーンです。



by saffy114 | 2018-01-17 23:11 | German Musicals | Comments(0)
Ghost,ベルリンでも12月から上演されます。
https://www.stage-entertainment.de/musicals-shows/ghost-berlin.html  

Willemijn Verkaikさんがモリー役だ。

Ghost,日本では上演しないのかなあ??


I'm outta here はドイツ語では”NUR WEG VON HIER”なんですね。


by saffy114 | 2017-11-26 23:06 | German Musicals | Comments(0)
先週のウィーン旅行&観劇を通じて、いくつかドイツ語の単語を覚えた。

・まず、やたらと耳に入ってくる"genau"という単語。会話中に頻繁に登場するようなので、韓国語の그래、그래~みたいなものかなあ?あとでググろう・・・と思っていたら、Der Besuch der alten Dameの劇中でもgenau!がしばしば登場。英語字幕に"exactly!"という単語が表示されていた。あ、やっぱり그래、그래~と同じだ。
外国人が日本語の会話を聞く場合も、「そうそう!」などの相槌の表現が耳につくのかなあ??

・Der Besuch der alten Dameの1幕最後のClaire Zachanassianのセリフ、”niemals!”は”never!”ですな。Piaさん、迫力あったな・・・。
・若いころのアルフレッドと警官が友情を確かめ合うって感じで歌うナンバーで繰り返されていた”niemand”は”nobody"ですね。


ドイツ語勉強しようかな・・・。。大学の第二外国語はドイツ語を選択していたんだが、殆ど忘れ去っているし・・。
エリザベートを見ても、レベッカを見てもダンス・オブ・バンパイアを見ても、ドイツ語学習する気まではおこらなかったんだが、なぜかDer Besuch der alten Dameにはドイツ語をちょっと勉強しようかなという気にさせられた。

私はDürrenmattの原作の戯曲の英語翻訳版を読んでから観劇したんですが、もしやDürrenmattの戯曲のほうをご存じで、ミュージカル版に興味を持った、もしくはミュー版に興味があるが原作戯曲のグロテスクな部分が苦手で観劇を躊躇している・・なんて方はいらっしゃいますでしょうか?
ミュージカル版は、原作よりは毒気・グロテスクさが薄まってました。・・・と私は思います。

登場人物や設定は一部変更されてまして、原作のClaireのお付きの一団の執事・盲目の二人はミュー版には登場しません。ミュー版ではClaireのお付きはボディガード3人になってます。それだけでだいぶグロさが減っているかな(その良し悪しは別として)。
ミュー版では、ClaireのホテルにIllのための棺は用意されておらず、原作におけるクレアとIllの最後の会話でのクレアの「あなたの墓廟を××島にもう用意してある。」というセリフは無かったみたいでした。
by saffy114 | 2014-06-10 23:44 | 旅行 | Comments(0)

Uwe様を見た!

f0048936_89558.jpg

再度Der besuch der Alten dameを見た。Alfred役はUweさんだったが、市長役がU/Sの方だった。昨日Alfred役だったFreemanさんは、今日は先生役で登場。先生役のインパクトが昨日より大幅アップ。

Uweさんより、フリーマンさんのほうがイル役には合っていたかも。

Piaさん、ド迫力で素晴らしかったです!
by saffy114 | 2014-06-05 07:53 | German Musicals | Comments(0)

Uwe様に逃げられた

f0048936_5161718.jpg

Der besuch der alten dameを見た!
が、本日のAlfred役はEthan Freemanさんでした。Uweさん不在。
でも、Freemanさん、役に合う雰囲気でよかったですよ。良い声だし。
パンフレット売り場の方によると、明日水曜から日曜まではuweさん出演予定だそうです。
by saffy114 | 2014-06-04 05:08 | German Musicals | Comments(0)

Wien musical concert2を見た

"Wien musical concert2"を見た(土曜のソワレ)。
コンサートで1万円越えかあ・・・とチケットをとるのをしばらく見合わせていて、割引料金のチケットが出てきたので購入したのですが、これ、なかなか良かったです。
キャストの方々、ウィーンの公演の衣装で登場なさっていました。みなさん歌えているし(当たり前か)、ほぼ満足。

アンサンブルの方々が冒頭、Tanz der Vampire のDie roten Stiefelをちょこっと踊っていましたが、オリジナルの振付に近い振付にしてくれたほうが面白いのにな~、とちょっと残念だった。まあ、スペースの問題で同じ動きは無理だろうけど、独版のこのシーンの、アンサンブルが登場するときの振り付けとかなら、上手くアレンジすればあのスペースでも出来そうな気がしません?
独・洪版のこの場面の振り付け好きなんで、この場面の面白さを日本の観客に宣伝していただいて、東宝版にも登場させてほしいな、と思っただけなんですが。

「日本や韓国版の場合、女性キャストのドレスのスカートが著しく膨らんでいるが、ウィーンの衣装だとそうでもない。何故か?なぜ日韓ではあんなに極端にスカートを膨らませるんのか?」と夫に質問されたので、「漫画とかで、ヨーロッパの昔のドレスのスカートはぶわっと膨らんでるイメージがあるから、それに準拠してるんじゃないのかねえ。」と答えておいた。はて、どうなんだろう?

おまけ
by saffy114 | 2013-07-07 23:14 | German Musicals | Comments(0)

ウーヴェさんは?

http://theatre-orb.com/lineup/13_wien/
を見たら、出演予定者にウーヴェさんの名前がない。あら、がっかり。前に見た広告には名前が載っていたのになあ。
ところで、「“ウィーンミュージカル”作品をウィーン、韓国の実力派スターが人気の高いヒットナンバーを披露する『ここ日本でしか観れない』奇跡のコンサートが実現します。」と書いてある。あれ、韓国のミュージカル俳優も誰か出演予定なのかな?
ん。
コンサート名が「ウィーン・ミュージカル・コンサート」ですし、ドイツ語で歌うキャストで統一したほうが違和感無い気がするなあ。
韓国のミュージカル俳優さんの歌もとても上手くて好きだけど、ドイツ語圏の方々とはだいぶカラーが違うんですよね。歌い方とか、色々…。なんで、それぞれ別々に聴きたい気がする。
これがハンガリーミュージカルコンサートならば、韓国勢が一緒でもさほど違和感無いような気がするが。
by saffy114 | 2013-02-08 08:18 | German Musicals | Comments(0)

日本でも人気が?

ドイツ語圏ミュージカルのスターさんたちを招聘したコンサートがあるらしいが(カード会社が送付してくる冊子に出ていた)、出演者にマヤさんやウーヴェさんといった定番のエリザベート関連の面子のほかに、Mark Seibertさんの名前もあってちょっと驚いた。ドイツで数回観劇した際、唯一、登場時に女性のきゃあ~~~っ!という黄色い声が上がっていたのがこのお方。ドイツの女子に人気らしいが、日本でも人気上昇中なんでしょうか!?
by saffy114 | 2013-01-23 22:30 | German Musicals | Comments(0)
「エリザベート20周年記念コンサート」を見た。27日17時半の回。よかったですよ。
ウィーン版は、ハンガリーの独立運動家たちのところにルドルフが来る場面が無いんですね~。ハンガリー版のこの場面がすごく印象的で好きなので、ないと残念(笑)。ま、ウィーン版だから仕方ないですが。
マヤ・ハクフォートさん、もうこの役はやらない予定だそうだけど、声は衰えてないし、2階席から見る限りでは視覚的にも全く違和感ナシだったし、まだまだやれそうな気も?まあ20年もやってるし実年齢で考えるともう潮時かな~って感じなのかもしれませんが、なんかもったいないような。私が今まで見た日本・韓国・ハンガリー版のエリザベートの皆さんと比べても、総合的に見ればマヤさんが一番良いような気がするんだよな。
ルキーニ役のブルーノ・グラッシーニさんが、マダム・ヴォルフの館の場面の出だしのパートを日本語で歌っていた。
ルカス・ペルマンさん、私のお気に入りのハンガリーのSzabó Dávidさんとちょっと声のトーンが似てる~。韓国版のチョン・ドンソク君も美声で上手かったが、この役はドンソクさんのような系統の声よりもルカス・ペルマンさんとかSzabó Dávidさん系統の声質の人のほうが似合うのかもな。
by saffy114 | 2012-10-28 18:50 | German Musicals | Comments(2)
一体どんな舞台になるのか、ちょっと気になるこの作品。
ドイツ語圏外にも輸出されるのかなあ?
有名な、トレーニング中に階段を上るシーンとか、試合の場面はどうやるんだろうな。
by saffy114 | 2012-07-05 23:34 | German Musicals | Comments(0)