人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114

<   2007年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「モダン・ミリー」

「モダン・ミリー(Thoroughly Modern Millie)」。新国立劇場にて、本日17時30分からの公演を見ました。

キャストは、
ミリー・ディルモント/紫吹淳, ジミー・スミス/川崎麻世, トレバー・グレイドン/岡幸二郎,
ミス・ドロシー・ブラウン/樹里咲穂, ミセス・ミアース/前田美波里,
マジー・ヴァン・ホスミア/今陽子, チン・ホー/西原純, バン・フー/青山明。
演出・振付 ジョーイ・マクニーリー。

それなりに面白かった。ストーリーは他愛もないものなのですが。
ちょっと出演者の年齢層が高すぎるかなあ、という感は否めなかったが・・。ミセス・ミアース役の前田美波里さんのいい意味での怪演(?)が良かった。岡幸二郎さんも、とても良かったです。歌が素晴らしいのは言うまでもないですが、2幕のドロシーとの場面は大笑いでした。今陽子さんもなかなか良かった。
ジミー・スミス役の川崎麻世さん、ちょっと年齢がこの役には高すぎるような気もするが、見ているうちにまあそれほど気にならなくなった。歌・演技ともそれなりに順当にこなした感じでしょうか。ミス・ドロシー・ブラウンの樹里咲穂さんも、最初登場したとき年齢がこの役には高すぎるような気がしちゃいましたが、意外とおとぼけキャラに嵌っていてよかったです。
ミリー役の紫吹淳さん、スタイルが良いし、ダンスが上手で、また生き生きとしている雰囲気は良かったと思う。ただ、やはりこの役には少しばかり年齢が高すぎるような気がしました。(実年齢がどうだという話ではないんです。先日のエリザベートで拝見したMaya Hakvoortさんのように、舞台上でそのキャラクターの設定に合って見えれば、実年齢がかけ離れていようが関係ない思いますので)それから、、少しミリーのキャラクター(というより、サットン・フォスターのミリーのイメージ、なのかもしれないけれど・・)とこの方の持っている雰囲気はちょっと違うような気もします。あと、歌は要改善かなあ・・。良い部分もたくさんありますけど、高音部は出きっていなかったり、不安定だったりしていらっしゃったので・・。でも、衣装も似合うし、魅力的でした(それなりに)

ダンスは20年代風の無難な振付でした。
あ、チン・ホー&バン・フーの中国語のセリフと歌がユニークでよかったです。
by saffy114 | 2007-04-21 23:02 | Japanese Musicals | Comments(2)
Mamma mia!が映画化されるという話とメリル・ストリープが出演するという話は聞いていましたが、playbillに続報が掲載されていました。Christine BaranskiがTanya役をやるそうです。
"The cast, now in London to pre-record the film's soundtrack, will also feature Julie Walters, Colin Firth and Pierce Brosnan."とのことです。BrosnanがSam役で、 Julie WaltersがRosie役らしいですよね。Colin Firthはどの役だろう??ハリー?ビル?ハリーかな、きっと。(ただ、年齢が他のキャストより少し低いんじゃない??)
それから、History boysのDominic Cooper君がSky役らしいですね。(ところでHistory boysの映画版は日本公開されないんでしょうか??)
映画版では"Thank You For the Music," "Under Attack" 、"Knowing Me, Knowing You." がカットされるそうです。"Thank You For the Music" のカットは納得だけど、"Under Attack"は残念だな。でも、映像化しにくそうなシーンだから仕方ないんでしょうね。かわりに"When All Is Said and Done."という曲が登場するそうです。
by saffy114 | 2007-04-20 22:24 | Broadway Musicals | Comments(0)

ちょっと心配

これを見たんですけど・・・。

東宝でやるんだ・・。その時点でかなり微妙なんだが・・・、

Julia役は、それなりに歌える人ならまあ客寄せ配役でもいいような気もするからまだしも・・。
Robbie役が井上さん?!東宝さん、本気ですか。
それは違うだろう・・・。う~む・・。(ね、BWでこの作品を観た方、そう思われませんか?)
まあ、大化けしてうまく演じてくれればいいですけどねえ。でも声質や個性が明らかにRobbie役向きとはいえないと思うんですけども。

あとはリンダ役に期待だな。Holly役も大事ですよね。この2つの役をちゃんとキャスティングしてくれれば、まあなんとか大丈夫だろうか・・。

BW版を見た時、この作品はストーリーというより、80年代ネタと振付が見ものだと思ったんですが、日本版はRob Ashfordの振付じゃなくて、日本オリジナルになるのかな・・。ある意味、振付が違うと、この作品の場合は特に全く違う印象の作品になっちゃいそう。


ポスターが微妙だと、公演自体も微妙なケースが多いような気がしますが・・。
このポスターはまた東宝東宝しているというか・・。

まあ、結果的に良い舞台になってくれればめでたいんですが。そうなりますように。これ、BWで見た時はかなり笑いどころ満載で面白かったので・・。
by saffy114 | 2007-04-19 21:38 | Japanese Musicals | Comments(4)
韓国版Sweeney Toddが始動したようで。全ての役柄でオーディションをやるようですね。

The worst pies in Londonというフレーズは「런던에서 제일 고역한 파이」「최악의 파이죠」となるようですね(今回も手書きハングルなので、自信なし。間違っているかも)。

さあ、誰がSweeney Todd役になるんでしょうね。 (噂はすでに囁かれているらしいけれども。その通りになるなら大歓迎)
ミセス・ラヴェット役も大事なんで、いい方をキャスティングして欲しいですね。判事役も。判事役には是非この人を!と推薦したい俳優さんがぱっと思い浮かんだ。でも、ちょっと若すぎるな・・。
by saffy114 | 2007-04-18 22:48 | Korean Musicals | Comments(1)
今日は四季ネタ。

ユ・チャンミンさんが芸名を劉昌明に変えたらしいですね。趙宇さんが西門宇翔さんに、李響さんが瀧川響さんになった、という話題もネット上で見かけていたのですが・・。
昨日、pentaさんのブログの記事を拝見しまして、ちょっと四季の係員の方の返答内容にひっかかりを感じまして・・。

うーむ。
いや、国籍については回答しないという対応は問題ないと思います。
あくまで個人のプライバシーに属する情報ですから、俳優さんが公表を望まないなら、公表する必要もないでしょう。
ただ、四季側の回答の中で述べられた、公表しない理由というのががひっかかるなあ…。
言語の壁を越えて(セリフには問題がある方も多々いらっしゃいますが、ダンスが凄いetcの見るに値するセールスポイントを皆さんお持ちですよね)活躍なさって、大きな役をゲットした人たちなんだから、多少の波風は跳ね返すパワーはお持ちなのでは?

いまどき、国籍が違う俳優が演じているからこの舞台はダメだ!なんていう観客はいないと思うけど。
セリフの訛りを指摘されるのは、これは仕方がないことですよね。国籍がどうこうという問題ではないでしょう。日本の俳優でも、例えばクリスティーヌがバリバリの博多弁だったり、ファントムが関西弁だったり、ユタがなぜか最初から東北弁だったら、当然アクセントについて観客から指摘されるでしょう。日本語の舞台で、日本語に強い外国語訛りがあれば、観客から指摘されてしまうのは当然だと思います。

どこの国であろうと、その国の言葉で不自然でない程度にせりふが言えなければ、やはり色々言われてしまいます。例えば、マイケル・リーだって韓国でアクセントについてさんざん言われていたみたいですし、韓国LKにおけるキム・スンラさんだって同様ですよね。

逆に、ちゃんと役柄をこなしていて、歌・セリフの日本語のアクセント・発音を90パーセントぐらいクリアしていれば(100%が望ましいが)、ほとんどの観客は国籍は気にしませんよ。たぶん。

趙宇さん、CATSのマンカストラップ役で拝見しましたが、一緒に見に行った方は趙宇さんが日本人じゃないと全然気がつかなかったです。私は出向先に中国出身の方たちが多かったので、中国出身の方の日本語を聞きなれていたので気付いちゃいましたが、明らかな訛りは数箇所だけでした。
ユ・チャンミンさんも、CATSのスキンブルシャンクスで拝見しましたが、ほぼ問題なしだったと記憶しています。このときグリドルボーン役だった秋夢子さんもほぼ問題なしだったと思います。クリスティーヌ役で見た西珠美さんも歌は問題なしでした。
コーラスラインのダン役だった朱涛さんのセリフはちょっといただけなかったけど。あれは・・、歌というよりセリフの分量が多いダン役に、まだアクセントが強く残っている人を配役する四季の考え方が不思議であった。朱涛さん自体は声も立ち姿もなかなか良かったんだけど・・。

どうなんでしょうね~。確か、LKの主役のシンバ役をやっている李涛さんっていう中国出身の俳優さんがいるよ、って話をしたとき、中国出身の元同僚はけっこう嬉しそうだったし、MAMMA MIAを一緒に見に行った韓国出身の元同僚がNARAさんの存在を喜んでいた記憶があるんですが。これが、この二人が日本風の芸名にしていたら、彼女らがどう感じたんでしょうね。同じく喜んでくれたかもしれませんが・・。

確かに、昔の同僚が電話などで名前を説明するときにすご~く苦労していた様子を思い出すと、日本風の芸名のほうが単純に便利なのかも、とは思うんですけどね。

まあ、基本的に他人がとやかく言うことじゃないですよね。(組織の方針でなければ)

More
by saffy114 | 2007-04-17 23:01 | Japanese Musicals | Comments(4)

동키쇼の画像だ

韓国版The Donkey Show、オープン前にどこかのクラブか何かでイベントをやったらしく、動画が登場。

タイターニアとGo-Go boysのI will survive~YMCAYMCAI will survive
あ、これ、Your disco needs youだよな。へえ~。そうですよね、Go-Go boysが登場するならやっぱりKylieははずせないですよね。

だいたいNY版のコンセプトと似ているようですね(NY版は映像を少し見たことがあるだけですけど)。
どんなプロダクションになるのかちょっと心配だったが、この画像を見る限りではまあ大丈夫そうだ。

チケットサイトにも動画が登場していた。
あ、この画像のなかの、Your disco needs youでGo-Go boysが踊ってる部分は韓国版だよな?(他はNY版の画像だと思うが)おっ、結構、「らしい」、じゃないですか。
後半、なぜか・・いっしょに踊ろう!コーナーになっていて脱力した。(そういえば韓国版のMamma mia!の公式HPにも一緒に踊ろうコーナーがあったよなあ・・。)これはないほうが・・。あ、あくまで私の個人的意見ですので。
by saffy114 | 2007-04-16 22:02 | Korean Musicals | Comments(0)

計画中。

EVITAとエクウスが近々終わっちゃうのは残念だが・・・、
AVENUE QとDirty Dancingは、金曜に2回公演するということに気付いた。Billy Elliotは木曜にマチネがある・・。
どうしようかな~。
by saffy114 | 2007-04-15 23:14 | London Musicals | Comments(0)

駄洒落なんでしょうか?

おそらく肖像権や著作権などの関係なのでしょうが、日本のミュージカルに関する画像やら何やらって、ネット上にあまり出てきませんよね。(観客の感想などはブログ記事でたくさんひっかりますけれど・・。)その点、韓国ミュージカルはネット上にかなり画像etcが出てきますので、ついついブログのネタは韓国ネタが多くなります。

で、今日は・・・、こんなのを見つけました。
by saffy114 | 2007-04-14 21:57 | Korean Musicals | Comments(2)

変な塗り絵ですね

「Spring Awakening 」の楽屋紹介のビデオがbroadway.comに登場していました。

Jonathan B. Wright君の似顔絵(?)の塗り絵コンテスト開催中のようで(笑)。誰だ、こんなの考えついたのは。笑える・・。私、Wright君以外のHanschenって想像つかないんですけど。それぐらい彼の演じるHanschenは傑作です。
Jonathan Groff 君、ファンにもらったスクラップブックを見せていましたが、これを彼にあげたファンの子、嬉しいでしょうねえ。Groff 君、えらいですね。
男性出演者にとっては、髪に負担のかかる演目のようですね。お大事に。(何を?)
by saffy114 | 2007-04-13 21:36 | Broadway Musicals | Comments(4)

上手な演説でしたね

来日中の某国の首相の国会演説をさきほどTVで見ましたが、そつのない上手な演説でしたね。市民との交流の演出も上手。ポイントを上げましたね。

More
by saffy114 | 2007-04-12 22:19 | 雑感 | Comments(0)