人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114

<   2007年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「Thrill Me<쓰릴 미>」。ソウルの충무아트홀 (チュンム アートホール)소극장 블랙(小劇場 ブラック)、4月29日、14時からの公演を見ました。
今回は、Nathan Leopold=나(私)役が최재웅<チェ・ジェウン>、Richard Robe=「그(彼)」役が이율<イ・ユル>のBチーム。

Bチームも健闘していました。う~ん、でも、Aチームのほうが一枚上手、かなあ。Aチームの公演って、独特の凄くはりつめた緊張感があるんだけど、Bチームのほうはそれがやや緩いかな。歌もAチームのほうが圧巻ですね。あ、Bチームの公演も良いのですが、Aチームが非常に優れているので、こういう書き方になってしまうだけです。特に、歌詞の内容がわからない部分が多い私のような外国人観客にとっては、歌・演技共に表情に富むAチームのほうが評価が高くなりやすいんじゃないかなあ。

Richard役の이율さん、新人さんにしては、かなり健闘していると思います。でも、まだ演技力がちょっと不足しているかなあ。表情に変化がもう少し出ればもっと良さそう。
あと、動きがぎこちない箇所がある。でも、確かに素質ありそうですね。
すごく良く声が出ていた部分もある一方、ちょっと素人っぽい歌い方になる部分も散見したが、歌はほぼOK。動画ニュースのプレスコールの画像でもそうだったんだけど、「nothing like fire」の出だしのあたりの歌い方がちょっと素人っぽくなっちゃっているのが残念。でも、声量をフルに使って歌う部分は良かった。
キム・ムヨルさんのRichardは、傲慢でかつ"dominant"な感じが強く、そこはかとなく"evil"な感じなんですが、イ・ユルさんのRichardは、もっと明るい感じというか、無邪気な感じ。ホントに悪気なしに犯罪に走っている感じというか。
この役の見せ場の"Roadster"のシーン、イ・ユルさん版もなかなか良かったです。ムヨルさんとはだいぶ違うアプローチですね。ムヨルさん版は、まあなんというかなんだか色気たっぷりなんですよね。12才の子供を誘うというより女性を誘っているようにも見えなくもないというか。イ・ユルさん版は、もっとRichardが子供目線に降りている感じ。より子供にとって親しみやすいくだけた感じを出しているという感じです。そして、Richardの必死さが見え隠れしている感じ。
イ・ユルさん、まだ大学生で、この舞台が本当に初めての舞台らしいです。一年後とか、もっと経験を積んでからこの役をやったら、もっと良かっただろうなあ。
(ユルさん、こんな感じです。この画像の後半に出てくる人です。)

최재웅さんのNathanもいいですね。ジョンハンさんのNathanとはだいぶ印象が違いますが、チェ・ジェウンさんもよいです。歌、よかったです。個人的には、「Way too far」など、ジョンハンさん版のほうが、複雑な感情が見事に伝わってくる(歌詞がわからなくても)ように思いますが、ジェウンさんも良いですよ。ルックスが良いのも大きなプラスですよね。
ジェウンさんのネイサンは、成績優秀で真面目そうな、官公庁に就職しそうな感じです。
序盤から冷静なタイプの人間に見えるので、最後の「!」の印象がジョンハンさん版とだいぶ違う。ジョンハンさんのネイサンは、いじらしい感じで、なぜかちょっと可愛げがあるんですよね。少しユーモラスと言えなくもない。だから、最後の「実は・・」の部分が、意外性があるというが、あんなに眼鏡が眼鏡が、ってパニクっていたのも芝居かよ、って、観客側も騙されたなあ、という気分になる。英語版のサントラの印象だと、このシーンって、ね、僕賢いでしょ、これで二人ずっと一緒だよ、褒めてよ、ぐらいの勢いの無邪気な雰囲気ですが、ジョンハンさんはこのシーンで急にそれまでのいじらしい感じを消滅させて、冷徹な感じに変わるんです。
ジェウンさんの場合は、最初からわりと冷静そうに見えるから、実は・・のシーンでも、ああ、なるほど、計りましたな、という印象かなあ。自分の欲するものを手に入れる方法を冷静に考えて実行した感じ。

「keep your deal with me」のシーンの印象、AチームとBチームでは著しく違います。ユルさんのは、計算抜きで本当に必死でネイサンに懇願する感じ。
ムヨルさんのは、リチャードの狡さが明確に見えるんですよね。ネイサンの司法取引を止めさせて、ネイサンも弁護士が必要な状況にして、ネイサンの父の財力(ネイサンの父親の息子への愛情)で、ネイサンと運命を共にする自分の為に最高の弁護士を確保する為にやっているように見える。
このシーンのネイサンの表情も、ジョンハンさんとジェウンさんでは印象が違いますね。ジェウンさん、硬い表情で前を見据えているんですが、時々かすかに会心の笑みっぽい表情がよぎるんですよね。確か、ジョンハンさんは、悲しそうな感じが強かった。

それから、Bチームは、Aチームと比較すると、ホモエロティックな要素をさらに抑制していますね。"Nothing like fire"のシーンの最後、Aチームはそれなりにがっつり?やっていましたが、Bチームは控えめ。"thrill me"の最後の部分は、Aチームはムヨルさんがワイシャツを脱いで僧帽筋・上腕三頭筋あたりをご披露していましたし、ジョンハンさんも結構激しい感じでムヨルさんの首のあたりにひっついていましたけど、Bチームは控えめ。ユルさんもシャツのボタンをはずすだけにしていました。"thrill me"と"The plan"の間のシーンも、Aチームは膝枕のみにとどまらず、ネイサンがリチャードの手をうれしそうに触っていたり、結構細かくやっていたけど、Bチームはそのへんはナシにしていましたね。あ、
Scene1の"There.Are you happy now?"というセリフの部分もBチームはあっさり気味かな。

Bチーム公演でも、作品の魅力はちゃんと発揮されていました。ただ、ユルさんの演技に関しては、評価が分かれるかもしれない。そして、ルックスに関してはBチームに利がありますね。歌は良いです。(ただ、歌に関しては、Aチームが著しく優れているのは否定できないでしょう。)

これ、日本でも上演するといいのになあ。制作費あんまりかからなそうだし、どうでしょうね。


f0048936_2327448.jpg
f0048936_23281437.jpg
f0048936_23284238.jpg
f0048936_2329524.jpg
f0048936_233017100.jpg

by saffy114 | 2007-04-30 23:30 | Korean Musicals | Comments(3)
I saw "Thrill me" (B team) and "The Donkey show" today in Seoul.
Thrill me's B team was not bad, they sung well.But to tell the truth, I prefer A team.A team's stage has more intense atmosphere, and show dominant-servant(?) like relationship of two characters well.

"The Donkey show" was fun.I like this show.But,I think the choreography of "it's raining men" was a bit dull.I think more So-called queer-taste or camp taste is needed to this number.Other choreography of so-called gay anthem using male performers was good.
Female main-performers were looking great and did good job.

This show was to be consisted of "pre-show", "show", "after-show".
BUT!!As soon as "Show" ended and "after-show" started, some audiences started to leave.
When DJ said something-like"From now on, this place become Donkey Club,so dance with performers and enjoy!",more audiences started to leave!!
When actors came down to floor and invite audiences to dance with them, more and more audiences started to leave and number of audiences remain on the floor became few.
Poor actors... They looked dissappointed on the empty floor.
But...,I guess not so many audiences would like to dance with Earth wind and fire's music with people staring at you...
by saffy114 | 2007-04-29 23:16 | Korean Musicals | Comments(0)

Groff君のニュース

こんなニュースを見ました。例の事件の思わぬ余波ですね。

例の事件で思い出したのが、「Bang, Bang, You're Dead 」というテレビ映画。「ED」に出演していたThomas Cavanaghが教師役で出演していました。Ben Fosterっていう、X-MENの一番最近の作品にミュータント役で出演していた人が主役の高校生役。
確か、この映画の中で、Thomas Cavanagh演ずる教師が顧問をしている演劇部かなにかで「Bang, Bang, You're Dead 」という劇を上演することになって、過去に学校に銃を持ちこんだか爆破予告を出したかの(詳しい内容は忘れちゃった・・)過去があって孤立ぎみの主人公に対して、演劇部の教師がこの劇の主演をやらないか?と主人公を誘うんですね。
で、演劇を通して、主人公が少し心を開きかけるが・・みたいな内容だったと思うんだけど、この劇中劇「Bang, Bang, You're Dead 」、実際に上演される戯曲らしいですね。無料でネット上で台本が読めます。印刷するのは条件があるようです。
by saffy114 | 2007-04-28 23:24 | Broadway Musicals | Comments(0)

"The Calling"のビデオ

LA(Musical Theatre West in Long Beach)のAltar Boyzの "The Calling"のビデオっていうのがあった。

ね、アホ極まりないでしょ?笑えるんですよ、この作品。
LAキャストでえせミュージックビデオ風に作ったみたいですね。歌はOFF-BW版のサントラを使っているようですが。

More
by saffy114 | 2007-04-27 22:05 | Broadway Musicals | Comments(0)

あっ、Danny Calvertだ

'Altar Boyz' LA版は好評なようで。もしくは、この記者が気に入っただけかもしれないけれど。(私はこの作品のばっかばかしさがかなり好きなんですが。)
あっ、Danny Calvertだ。一昨年見た時より、可愛く見える??
by saffy114 | 2007-04-26 21:39 | Broadway Musicals | Comments(0)

今週中に・・

来週の日程、万全の体調で臨みたかったのに、風邪引いた。昨日の飲み会のせいだな。ちっ。
絶対今週中に回復してやる・・。
by saffy114 | 2007-04-25 23:52 | 雑感 | Comments(0)
「Thrill me<쓰릴 미>」の5/22 ~07/22の延長公演(劇場は대학로 예술마당 1관 )のチケットが4/24 発売でした。4/24 の昼にチェックしてみたら、류정한×김무열の公演は売り切れの日もありますね(あ、1社しかチェックしてないので、もう一社のほうの状況は知りません)。ほとんどが残席10~20席ぐらいのようです。류정한×이율は一回だけなんですね。売り切れのようですが。どっちにしろ見に行けないから関係ないが。
최재웅×김무열の回はそれなりに残席あり。최재웅×이율の回は結構残席あり。
やっぱり、류정한さんの人気が高いみたいだなあ。
ルックスに恵まれている(?)組み合わせのほうがチケット売れるのかな、と思っていたのだが、違うんですね。류정한さんのファン層が購買力の高い層なのかもしれないけれど。あ~、でも、最初に見に行った時の両隣の席の人とか、近くの席にいた猛烈な前傾姿勢で見ていた人、絶対류정한さんのファンだと思うんだけど、すっごい熱意?で見てたもんなあ・・。結構、熱烈なファンがついているんだろうねえ。
確かに、류정한さん×김무열さん、良いですよ。


ところで、류정한さんの記事を読んだが、この記事の写真はなかなか良いですね。プロフィール写真などは、こういう良く映った写真を使ってあげましょうよ。いや本当に。
류정한さんの見解としては、“뮤지컬 배우는 일단 노래를 잘해야 합니다.”だそうですよ。確かにねえ・・。観客としては、ごもっともと言いたい。(でも、日本で、例えば岡さんあたりがこういうこと言ったら、きっとマズイですよね。노래를 잘 한다とは言えない出演者と共演することも多いわけだし)
ファントム役をやりたかったそうですが、いずれ是非やって下さいよ。いいんじゃないかなあ。Thrill meは6月3日で降板ということは、次回作が決まっているのかな~。期待。ハイド役は良かったし、今回のネイサン役も良かった。99yearsのシーン、英語版のCDの印象と違う演じ方をしているので、少し違和感があったのだが、それはそれで良かった。なんというか、少し狂気をはらんだ役が意外と似合うみたいだから、是非あの役を・・・。
f0048936_0472982.jpg

by saffy114 | 2007-04-25 00:53 | Korean Musicals | Comments(2)

Leguizamoだ!

昨夜のERの来週の予告編に、John Leguizamoが出ていたと思うんだけど?!ERにゲスト出演していたんだ。知らなかった・・。
by saffy114 | 2007-04-24 00:36 | 海外ドラマ | Comments(2)
こんなニュースがPlaybillに出ていました。
Andrew Lloyd Webber氏、Sound of music に続き2匹目のどじょうを狙っているようですが、今度はどうなるんでしょうね。
"The production replaces Evita, another Rice/Lloyd-Webber musical, which finishes its run May 26."とのことですが、私はJoseph and the Amazing Technicolor DreamcoatよりもEVITAを続演して欲しかったなあ・・。残念だ。

でも、reality television casting ventureって、面白そうですね。これで役柄に相応しい雰囲気・個性を持っていて、声域や声質も合うキャストが得られるんなら、いいんじゃないかなあ。
by saffy114 | 2007-04-23 22:46 | London Musicals | Comments(2)

どうなるかな

「Damn Yankees」「How to Succeed in Business Without Really Trying 」のチケットを購入。スルーしようかと思ったんだが、ミュージカルマニアとしては一応見ておこうか、と思いまして。しかし、チケット代が高いなあ。数千円安い値段が妥当な舞台になるんじゃないかと予測しているが、良い意味で予測を裏切ってくれますように・・。

しかし、古い作品や、昔ながらのボーイ・ミーツ・ガール的内容の作品の上演が多いよなあ・・。
by saffy114 | 2007-04-22 23:15 | Japanese Musicals | Comments(0)