人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114

<   2007年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

TITANIC the musical

「Titanic(タイタニック) the musical」。東京国際フォーラムCホールにて、本日13時30分からの公演を見ました。
出演は、
キャプテン E・J・スミス:宝田明
ウィリアム・マードック:岡田浩暉
ハロルド・ブライト:鈴木綜馬
フレデリック・バレット:岡幸二郎
ウォーレス・ハートリー:浜畑賢吉
ヘンリー・エッチズ:藤木孝
J・ブルース・イズメイ:大澄賢也
トーマス・アンドリュース:松岡充
ジム・ファレル:浦井健治
ケイト・マクガワン:紫吹淳
アリス・ビーン:森口博子
イジドー・ストラウス:光枝明彦
イーダ・ストラウス:諏訪マリー
エドガー・ビーン:青山明
演出は、グレン・ウォルフォード(Glen Walford)。

う~ん・・・。
周囲の客席では、涙を流している人も多かったから、きっと感動した観客も多いんだろうと思うんですけど、私はあまり高い評価を下せない公演でした。

この作品、セットが見ものだけど、それ以外はあんまりぱっとしない作品だなあ、と昔BWで見た時に思ったような憶えがあります。そう悪くはないけれど、良いとも言えず、みたいな。で、あんまり舞台の詳細が記憶に残っていないんです。
今回の日本版、セット、単純なセットなんですよねえ・・。沈没するシーンで、デッキのセットが傾斜しますが、仕掛けはそれぐらい。
そして、曲。きれいではありますが、ちょっと単調気味なんですよね(特に1幕)。その上、演出もあまり人々の動きなどに工夫が見られず、ちょっと単調に思えました。

今日の舞台では、ハロルド・ブライト役の鈴木綜馬さんが一番よかった。多いとは言えない出番だけど(まあ、どの役も出番が少ないのは同じですが)、その中でキャラクターを良く表現されていらっしゃいました。歌は相変わらずお見事ですね。
ちなみに、私が初めて見たミュージカルが西新宿のCATSなんですが、その時、スキンブルをやっていたのが芥川さん=鈴木綜馬さんだったんです。あのスキンブル、20年以上前の舞台ですが、まだ記憶に残っています。

CATSつながりで、イジドー・ストラウスの光枝明彦さん。光枝さんも相変わらずの見事な歌声でした。

ボイラー係のバレット役の岡幸二郎さんも、歌はすばらしいですね。でも、声質・雰囲気がボイラー係って感じじゃないなあ・・。誰がこの役にキャスティングしたのかしら・・。別の役のほうが、もっともっと生きるような気がしますけども・・。

設計士のアンドリュース役の松岡充さん、あの~、すいません、あのヘアスタイルのコンセプトは何なのでしょうか?1912年の船舶の設計士のヘアスタイルにしちゃ変だし、現代の人間にしても妙だし・・・。歌、ところどころ「ラ」行などがJーPOP風でしたが、ミュージカル向けの歌唱をすべくかなり努力なさっているご様子で、これは評価できることだと思います。でも、やっぱり、芝居がイマイチ。身振りなどが・・・、なんか大仰すぎて、ちょっと笑っちゃった部分などもありました(ファンの方、すいません)。この役、オープニングのナンバーを歌いますし、もう少し演じなれている方がやるべき役なんじゃないですかねえ?でも、声自体はなかなか良いから、この人の体型、ルックス、歌い方、声質にあった役だったら良かったかもしれませんね。

アリス・ビーン役の森口博子さん、1st Class Roaterなどは良いが、折角のアリスのソロのI have dancedがイマイチ。なぜ??
エドガー・ビーン役の青山明さんは好演。良かったです。

ケイト・マクガワン役の紫吹淳さん、歌がもう一歩ですねえ・・。あと、申し訳ないけど、この役にしては少し若さが足りないような・・。相手役さんとの対比でそう見えてしまうだけかもしれませんが。セリフ廻しも微妙だったような・・。4月のThoroughly Modern Millieって、この方が主演なんですよね?そうなんだ・・。(私、「Seeet Charity」を見ている時、チャリティー役の女の子、ミリー役だったら似合うかも、と思っていたんで・・)

という訳で、素晴らしい歌を聞かせてくれる出演者もいらっしゃいますが、微妙な方もいらっしゃり、悪くはないのですが、絶賛する訳にはいかない、と言う感じの公演でした。チケット代がことさらに高価格だったことを考えると、複雑な気分です。
パンフ2000円というのも、高いですね。でも、もっと内容スカスカで1500円ぐらいの場合もあるから、しょうがないのかなあ。このパンフ、史実なども紹介していらっしゃいますもんね。その手間賃ということか・・。

ところで、なぜこの作品を今頃上演することにしたんでしょうね?それがとても不思議。「泣ける」映画、小説などがブームになっていたからなのかなあ・・。
by saffy114 | 2007-01-31 22:17 | Japanese Musicals | Comments(0)
こんな記事が出たようで。
あらら、確かに・・・。チケットサイトでの予約ランキングでは12パーセントで1位だけども・・・。
S席は2月分の土日は残席一桁の日が多いが、平日は二桁の日がかなりある。
A席は、土日は140、191、210席などの数字が並んでいる。平日は300席以上残席あり。うわっ、祝日は352席余ってる・・・。
B席も軒並み三桁台の残席。

3月下旬の日曜日はS席も100以上残席あり。A席は390前後、B席200前後、C席は80席前後残っている。
これは厳しそうだなあ。


確かに、日本のように何ヶ月も前の公演を予約するということはあまりないようだけど、最近は演目によっては、かなり早く売り出されるみたいですよね。Swan lakeももう発売されているし、Pillowmanも発売中だし。5/1~20のLGアートセンターのPillowmanは5月の日曜の公演の残席数、R,S、A席それぞれ20弱だ・・。
そして、RENTのように発売されてすぐに売り切れる公演もあるわけで・・。
まあ、これらは短期公演ですから、単純に比較できませんけども。

レビューは概ね好評なようですが・・。
リピーターを獲得できていないんでしょうかね。
それから、今までミュージカルを見ていなかった層を開拓できていないのかな?

宣伝、どうしてるのかなあ。ポスターはソウル市内でよく見かけるけど。
実際の舞台の画像を積極的に見せれば、興味を持つ人もいるんじゃないかな~。
著作権の問題で無理なのかもね・・。

私もライオンキングは日本で初演の年に確か2回ぐらい見ただけだなあ・・。BW,Londonでは見ていない。つい別の演目を選んじゃうんですよね。ジュリー・テイモアの衣装と演出は面白いし、見栄えがするシーンもあると思ったけど、やはり子供向けっぽい部分もあるし、「愛を感じて」のシーンが苦手だったりetcで・・。
韓国版は見てみようかな、と思っているんで、長くやって欲しいです。四季の方、ロッテ側の方、観客動員数を上げる方法を考えて下さいませ・・・。
今、たくさんの演目がソウルでは上演されているから、競争は厳しいですよね・・。
f0048936_0432072.gif
f0048936_0433878.gif
f0048936_1826612.jpg
f0048936_18271357.jpg

by saffy114 | 2007-01-30 23:26 | Korean Musicals | Comments(2)
現在BWで上演中のJohn Doyle演出の「Company」のCast Album が2月13日発売になるそうです。Raúl EsparzaのBeing aliveを聴くために、購入する予定。
John Doyle版って、Sweeney ToddにしろCompanyにしろ、サントラで聞くより実際の舞台のほうがず~っと映えるように思いますけどね・・。(あ、Companyに関しては予想です。まだサントラ聞いてませんから。)
by saffy114 | 2007-01-30 21:31 | Broadway Musicals | Comments(0)
EVITAメキシコ版の宣伝番組の画像発見。90年代のプロダクションのようです。昔のBW版に準じた演出だったようですね。
この映像の中で、興味深かった部分。監督のAARON HAGAN氏が語っているのですが、劇中のナンバー「Rainbow high」のサビの♪~I wanna be Rainbow high~♪という部分、メキシコ版の主演女優ROCIO BANQUELLSさん、最初head voce(裏声)で歌っていたので、AARON HAGAN氏が、「ここはchest voiceでbeltして歌って欲しいんだけど・・・」と言ったそうです。ただ、Rainbowはスペイン語ではirisとなる為、一番高い音が「ris」なんですよね。当然、高い音でbeltしづらいだろうということで、他の言い回しはないか?と聞いたら、ない、と。で、しばらくはchest voiceで「iris」と歌うことができず苦戦していたのだが、ある日、ついにchest voiceでbeltできるようになったと。(ただ、この後の実際の舞台の画像だと、この部分head voceですけどね?まあ、いいか。)


う~ん、やっぱりこの部分、chest voiceでやって欲しいですよねえ。
先日見た韓国版のキム・ソニョンさん、一番最初の、ボリューム低めで歌う♪Rainbow high♪と言うフレーズだけはhead voceだったけど、その後、ボリュームを上げてきてからは、概ねchest voiceでばっちりbeltしてました。確か。かっこよかったですよ。

日本版もぜひchest voiceでbeltすべく頑張ってほしいなあ。メキシコのROCIO BANQUELLSさんのように努力してもらえないかなあ・・。無理なのかな~、もともとの声質とか、いろいろ事情があるのかもね・・。
by saffy114 | 2007-01-29 21:39 | London Musicals | Comments(0)

Lea Salonga が来る??

playbillによると、Lea Salongaが 2008年夏の「Cinderella」のinternational tourで主役をやる予定だそうです。Philippines. mainland China, Japan, Korea, Singapore, Malaysia and Thailandで上演予定らしいですよ。日本でLea Salongaを見ることができるかも?!Cinderellaという作品にはあんまり興味がわかないが、Lea Salongaは見たいなあ・・。
by saffy114 | 2007-01-28 20:01 | Broadway Musicals | Comments(0)
「Sweeney Todd(スウィーニー・トッド)」。日生劇場にて、2007年1月27日、17時30分からの公演を見ました。2回目の日本版観劇です。
キャストは、前回と同じ。
各キャストに関する感想も概ね同じ。
あ、ソニンさん、城田優さんは前回より少し進歩していたかも。
大竹さん、喉が疲れてきているのかな・・・・?高音部が、前回見た時よりさらに不安定かつ弱かったです。今日は音をはずしている箇所が目立ちました。
(でも、上手く歌ってくれている部分もちゃんとありますし、相当努力なさったんだろうなあ、というのはわかります。)
あと、前回も気になったんだけど、笑わせる部分のせりふの言い方が、ちょっとパターン化していますよね。最初の何回目かまでは面白いけど、途中からは、あ~、また同じ台詞廻しだわ、と思ってしまった・・・。

Epiphanyで、スウィーニー・トッドが歌いながら自分の手をかみそりで切ってしまい、ミセス・ラヴェットが「自分傷つけてどうするんだよ!」みたいな台詞を言うんですが、これって日本オリジナルですよね?これ、私はかなり違和感がありました。なんか浪花節っぽくて・・・。

2幕のBy the sea、骨から肉をこそげおとしながら歌っているんだけど、これ、わかりづらいですね。遠くの客席からだと、手に持っているのが人骨だとわかりにくい。これ、昨年のBW版だと、解体用?の道具もろもろのお手入れをしながら歌っていたんですが、こっちのほうがわかり易いかも。解体用?の道具は大きいので、遠くの客席からでもわかります。

今日、ピレリが殺されるシーンで、ピレリの首から血が噴き出していました。前回は出血してなかったような気がするんだけど、私が見逃しただけかな??


前回も書いたんだが、市村さん頑張ってはいるけど、やはりスウィーニー・トッド役はバリトンの人のほうがいいと思う。
9月ごろ韓国でも上演される予定らしいですが、韓国版はぜひ曲に合う声域の方をキャスティングして欲しいなあ・・。30代半ば~40代後半ぐらいで、バリトンで、この役柄に合いそうな人って、どんな方がいらっしゃるんでしょうね。
ミセス・ラヴェットには、歌・演技両方優れている人をぜひ・・・。
製作会社のMusicalheavenさん、よろしくお願いします。
by saffy114 | 2007-01-27 23:07 | Japanese Musicals | Comments(0)

Nam Kyung-Joo & Bae Hae-Sun

見つけた!!べ・へソンさんがEVITAのナンバーを歌っている動画を発見。
テレビ番組の映像らしい。ナム・ギョンジュさんとべ・へソンさんの「High Flying, Adored」と、べ・へソンさんの「Don't cry for me Argentina」だ!
やっぱり、へソンさんのDon't cry for me Argentinaもいいですね。声量ではソニョンさんのほうが勝ると思うけども。


改めて日本の四季のHPを見たら、ステージガイドのコーナーで、曲が数曲聴けるようになってるのに気付いたんで、聞いてみたけど・・・。
う~ん、去年「秋」劇場で見た時は、声楽っぽい歌い方で、やっぱりピンと来ないけれども(見た目がどうにもエバっぽくないし・・)、野村さんのときより高音は出ているから、まあしょうがないのかな~、と思ったんだが、ううむ、比較しちゃうと、やっぱり四季版、問題ありだよなあ・・・。
あと・・・、Don't cry for me Argentinaの日本語歌詞、あれはそろそろ少し改訂すべきなのでは??なんか聞いてて気恥ずかしいよ・・・(あ、ブエノスアイレスも・・・)。
by saffy114 | 2007-01-26 22:21 | Korean Musicals | Comments(3)

Titanic: The Musical (BW)

日本版が現在上演中なので(まだ見に行ってないんですが)、取り上げてみます。
「Titanic: The Musical 」。確か97年に夏に見ました。実は、あんまり印象に残っていません。装置が大掛かりそうだったのと、乗船シーンで、岸壁から船内にかかるタラップをキャストがぞろぞろと登っていったことと、移民の娘さんたちが、アメリカでメイドになりたいわ、みたいな内容の歌を歌っていたこと、設計士役のマイケル・サーバリスを見て、これが数年前トミー役で見た人と同一人物なんだ・・・、と思ったこと、劇の終盤、確か設計士が設計図を握り締めて歌っていたこと、などはおぼろげに記憶しているのですが・・・。
船が傾くのを表現すべく装置の床が傾斜するシーンもあったような。設計士の最後のナンバーだったかなあ??
とりあえず装置は金がかかっていそうだなあ、と思った記憶があります。曲はきれいなのですが、そんなに私の好みではない系統の曲だったので、印象に残らなかったのかなあ・・・。
by saffy114 | 2007-01-25 21:38 | Broadway Musicals | Comments(0)

ようやく・・。

やっと、四季の「Wicked」上演決定が発表されましたね。6月か。
ところで、四季のHPにある動画、あのエルファバはステファニーさんかなあ?Defying Gravityは、私が見たShoushana Beanのほうがずっといいなあ。TONY賞の授賞式のときのIdinaも凄かったですが、Shoushana Beanさんも良かった。歌もよかったけど(特にNo good deed)、全体的にシニカルな感じのエルファバで芝居も良かったんです。

四季ではどなたがエルファバを演じるのかな??Defying Gravity、No good deedを高音部も裏声にせず、大迫力で歌ってくれるといいなあ・・・。
by saffy114 | 2007-01-24 21:49 | Japanese Musicals | Comments(2)

나と그??

チケットサイトで、韓国版「Thrill me(쓰릴 미)」のページを見たんだが・・、
登場人物の名前は、ネイサン、リチャードってのは使わず、나(私)と그(彼)でいくみたい??
なんででしょ。無国籍な感じの演出にするのかしら??

まあ、レオポルド&ローブなんて、名前を聞いても、日本でも韓国でもピンと来る人のほうが少ないよなあ、たぶん。
私だって、たまたま見た映画の歴史か何かのドキュメンタリー番組で、ヒッチコックの「Rope」について取り上げていて、そこでこの二人の名前が言及されていたから覚えていただけだし。

ミュージカルナンバー、曲名も列挙されていますね。
「Thrill me」は“날 자극해줘”ですって。それって、微妙な翻訳だなあ・・・。

ちなみに、この作品のHP自体も立ち上がったようですが、まだ内容がスカスカです。

류정한さんのNathanか。えらく美声のNathanになるわけですね。ジキハイは良かったけど、この役って、似合うのかな?どんな感じになるのかなあ?Closer than everが好評だったみたいだから、期待しておこう・・・。
김무열さんのRichardも想像つかないなあ。AltarBoyzのおバカキャラのRuke役のイメージが強いから・・。“스포츠카”とか、”계획”とかのRichardの歌詞の内容って邪悪極まりないから、なんだか想像つかないわ。でも、この人、Assasinsも出演していたらしいから、結構いけるのかな、こういうのも・・・。
by saffy114 | 2007-01-23 23:24 | Korean Musicals | Comments(0)