人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114

<   2006年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

NYに行く。

Spring awakening ,Companyの為に31日よりNY行って来ます。滞在は2日間のみ。ミュージカル見る以外は何もできないだろうな。I love you you are perfect now change、Mamma Miaもついでに見る予定。
去年は韓国のHedwigで年越しでしたが、今年はタイムズスクエアか?

去年は年越しそばの代わりにカルクッスを食べた記憶があるが、今年はどうしようかな~。
by saffy114 | 2006-12-31 00:48 | Broadway Musicals | Comments(2)
韓国JCSをこれから見に行こうかな、っていう方がいらっしゃいましたら・・・。
私のようにピラト役を重要視している方、(特にDie, if you want to, you innocent puppet!のところを、ピラトの苦悩を表現しつつ、ぶちきれた感じでシャウトしてくれることを期待している方)がいらっしゃいましたら、ご参考までに。

歌だけでいうと、PILATE役は이정용さんより、최오식さんのほうがお勧めかも。Die, if you want to, you innocent puppet!のところ、최오식さんのほうがずっと迫力あるようです。

2004年版のJCS、見てみたかったな。っていうのは、ピラトがよさそうだから。かなりの迫力でこの部分歌っていらっしゃったようですね。(t様、ありがとうございます)キム・ポブレさんだと思いますが、さすがですね。今年もオーディション受けてたみたいだけど・・??。なんで出なかったの?
あ、でも최오식さんも良かったですよ。
by saffy114 | 2006-12-30 22:39 | Korean Musicals | Comments(0)

私だけ??

私が初めて韓国ミュージカルを見たのは2005年の12月31日だったので、じきに1周年となります。
で、初めて韓国でミュージカルを見た時、舞台を見ていて、というかアンコールの時に、すごく不思議というか、「??」となったことがありまして・・・・。

俳優さんが、客席に向かった状態で、両腕を上げた状態で頭に両手をあてるポーズをするんですよ。サルのモノマネをする時のようなポーズですね。
私、最初、「え?野澤直子??」と思っちゃったんですよね。(昔、よく野澤直子がやっていましたでしょう?)なんでこんなことしてるんだろう??と凄く不思議だったんですが、別の俳優さんが胸の前で手でハート形らしきものを作っているのに気付いて、あ~、ということは、サルのモノマネじゃなくて、腕でハートのマークを作っているのかな、と気付きました。

後に、ブログめぐりをするうちに、それが「サランヘヨ」というのを示すポーズらしいこということが判明したんですけれど。

でも、このポーズ、見るたびにどうしても野澤直子を思い出しちゃうんですよね・・。で、違和感があるんです。
最近私が見た舞台では、このポーズ登場しないです。もう、すたれたのかな?(よかった。)
by saffy114 | 2006-12-29 23:13 | Korean Musicals | Comments(0)

何で?!

先ほど、年賀状を作成し終わった(遅すぎ)。
来年は猪年ですね。で、思い出した話。

先日、仕事場であった出来事。お客さん(?)のお子さん(幼稚園生、男児)が、
突然、「うちの父さんねえ、母さんのこと、『くされブタ』って言うんだよお~。」と大声で言ったのです。お母様はすかさず「余計なこと言わないのっ!!」とお子様を睨みつけていましたけれども。
笑っちゃいけないけど、おかしくて、おかしくて・・。(でも、若いおきれいなお母様なんですよ。)

なんで、いきなりこんなことを言い出しちゃったのかなあ、あの子は???不思議だ・・。
by saffy114 | 2006-12-29 22:17 | 雑感 | Comments(0)
「Thrill me」のCDを購入。2種類出ているようだが、古いほうは入手困難なようなので、最近発売されたバージョンのほうを購入。Nathan Leopold役がStephen Dolginoff、Richard Loeb役が Doug Kreeger。Stephen Dolginoffさんは、この作品の脚本&作詞&作曲も担当なさっているんですね。ピアノの伴奏にのって、登場人物2人だけで展開する作品です。Off BWっぽい曲調ですね。この作品、3月から韓国で上演予定だが、韓国って、「Things about Men」、「I love you, you are perfect,now change」、「Closer than ever」なども上演されていますし、Off BWっぽいこういう曲、受けるのかもしれませんね。

先日、戯曲も読んだが、結構陰惨、というか、ドロドロの愛憎劇って言う感じの内容ですよね。それから、子供の友達選びに口を出すものじゃないって言うけれど、そうも言ってられないのかも?!などと思った。(別に私は子供いませんから、関係ないんですけどね)

う~む、しかし、ずいぶんユニークな作品を選択するなあ、Musical Heavenさん。インターミッションなしだから、上演時間はそう長くないはず。15時までに開演してくれれば、特典航空券使用で、日帰りで見にいけるかな・・。
by saffy114 | 2006-12-28 22:15 | Broadway Musicals | Comments(0)
「Hedwig and the angry inch<헤드윅>」。12月24日、 클럽SHにて、15時からの公演を見ました。헤드윅 Hedwigが김수용(キム・スヨン)、이츠학 Yitzhakが전혜선(チョン・ヘソン)。
24日、クリスマスイブの公演だからでしょうか、観客層がいつもと違った。カップルが普段よりもかなり多かったです。そのせいでしょうか、反応がいつもと比べると悪かったですね。初めて公演を見る、というような人が多かったのかな??Suggar Daddyの始まりの部分も静かなもんでした。いつもは拍手・歓声が上がっていますが・・。wig in a boxでも、一緒に歌っている人が全然いませんでした。珍しいですよね?

キム・スヨンさん、かなり好評なので、期待していきました。確かに、ルックス的には、最も東ベルリン出身のトランスジェンダーというHedwigという役の設定に合っているのかも。すらっとしていて、キレイめだがキレイすぎず、女性っぽすぎず、男性っぽすぎず、という感じですよね。
歌、概ね良かったです。最後のMidnight Radio,他のキャストとかなり異なる表現で歌っていらっしゃいました。とても良かったです。
ただ、時々ちょっと巻き舌気味の歌い方になるのが、私は気になってしまった。それから、発声の仕方に変化があまりないんですよね。強弱をあまりつけない、というか。例えば、”Origin of love”だと、And the fire,shut down・・の部分で、バーンと声量をアップして歌う歌い方が私は好きなんですが(ヨンジンさん、ジョンソクくん、ソクジュンさんはこう歌いますよね?)、今回のスヨンさんは、あまり声量に変化をつけていらっしゃいませんでした。
24日の夜公演の後、イベントがあったようなので(スヨンさんが参加したのかは知りませんけど)、もしかしたらその為に声を守っていたのかもしれませんが、ちょっと物足りなく感じたのは事実です。セリフは表情に富んでいて良かったと思いますが。
Tear me downが歌い終わる頃、遅刻して入ってきた人たちがいたのですが、この時、スヨンさんHedwigは、この人たちに向かって、「来るなら早く来なさいよっ。」みたいな内容のアドリブで突っ込んでいたようです。あと、イェントルを知ってるか?バーブラを知っているか?という部分、特定の男性観客に向かって言ってました。最初、その観客がだまったままだったんですが、そしたら「答えなさいよっ!」みたいなことを言っていたようです。
全体的にやや攻撃的なHedwig、という印象を受けました。
他のキャストの場合、Wigと女装をとった後、それまでの女装のHedwigとの連続性があまり見えなくて、別のキャラクターのように見えるように思うんですが、スヨンさんの場合は、同一人物というのがなぜだか明確に伝わりました。
あ、そうそう、若干遠慮気味のCar washでした。たぶん、選ばれてしまった男性観客が、明らかにかなり固まっていたからかな、と思います。

チョン・へソンさん、釜山で拝見した時と少し違う歌い方でした。これなら、私もヨンミさんと間違えません(笑)。
Wicked little townのバンドの演奏が、変わりましたね。ピアニカと、なにやらアフリカっぽい打楽器が登場。いろいろ試していらっしゃるんですねえ。

アンコールが、いつもの曲ではなく、クリスマスソングでした。ちょっとつまんなかったです。あ、でも、喜んだ方もいるとは思います。普通喜ぶのかな?
by saffy114 | 2006-12-27 23:35 | Korean Musicals | Comments(0)
「Jesus Christ Superstar <지저스 크라이스트 슈퍼스타 > 」。12月23日、
COEX Auditorium<코엑스 오디토리움>にて、20時からの公演を見ました。
キャストは、JESUS 예수・・강필석(カン・ピルソク)、JUDAS 유다 ・・이혁(イ・ヒョク)、 MARIA 마리아 ・・ 이혜경(イ・へギョン)、 PILATE 빌라도・・최오식(チェ・オシク)、
HEROD 헤롯・・조상원(チョ ・サンウォン)、 Simon 싸이먼・・조병곤(チョ・ビョンゴン)、 Caiaphas 가야바・・최병광(チェ・ピョンガン), Peter 베드로・・전성우(チョン・ソンウ), Annas 안나스・・현순철(ヒョン・スンチョル)。

基本的に、装置・衣装・演出などは、DVD化されている2000年のBWバージョン(JESUS役がGlenn Carter,JudasがJerome Pardon, SimonがTony Vincentのバージョン)に準じているようです。
この2006年の韓国版、残念ながらユダ役がミスキャストだと思います。それ以外はなかなか良いのではないでしょうか。(ですが、ユダがイマイチというのは、ある意味致命的な問題ですよね。)
韓国のミュージカルファンの間では、訳詞に関してもブーイングがでているようですが、そのへんは私の韓国語能力ではまだまだわからないので、歌と演技、演出で判断させていただけば、ユダ以外はOKでした。

ジーザス役の강필석(カン・ピルソク)さん、1幕では、高音が不安定になる部分がありました。"Strange Thing,Mystyfying"の 「If your slate is clean・・」のIfの音のところなど、ですね。が、それらの高音以外は、大変良いです。良い声ですね。2幕は高音も完璧!お見事でした。Gethsemane、完璧でした。
ただ、ピルソクさんの本来の声域はもう少し低いのではないかなあ?BKLYNのストリートシンガーのナンバーぐらいの高さの曲のほうが映えるように感じた。ジーザス役、声帯に負担がかかっているのではないかなあ。Steve Balsamoの歌い方に準じてやっているみたいで、日本版より、高音が要求されているようです。Steveと同じに歌う必要はあるのかな?そりゃ、確かに歌いこなせればカッコいいです。実際、今回の필석さんのゲッセマネは見事だった。
でも、本来Steve Balsamoよりもう少し低めの声域の人の場合は、かなり声に負担がかかるんじゃないかなあ・・。日本版やら、他の英語版やら、オランダ版やらチェコ版ぐらいの歌い方でも十分観客は満足すると思うんだけど・・。
ピルソクさん、演技もOKです。新しいジーザス像を打ち出すとか、そういう域にはありませんが、順当に演じていました。

ユダ役の이혁(イ・ヒョク)さん、見た目も歌い方も、日本のビジュアル系バンドのボーカルみたい。ユダ役には合わないと思う。というか、合っていなかった。独特の、鼻にかけるような歌い方をなさるんですよね。J-POPっぽい、というか・・。歌、下手ではないんです。彼の歌い方と雰囲気が合う作品や役もあるでしょう。でも、ユダ役って、彼のような甘ったるい感じで、鼻にかけるような歌い方をする人がやる役ではないと思う。演技もイマイチでした。しかし、彼をキャスティングしたのはなぜなんだ!?不思議で仕方ない。オーディションの告知で、ユダ役は「 가장 큰 연기력을 필요로 한다」って書いていたのにねえ。カーテンコールの時、彼(本業は歌手でいらっしゃるようです)のファンらしい女の子たちの集団が大歓声をあげてスタンディングオベーションしていたから、彼女らのような女性客の動員を狙ったのかなあ??出来レースのオーディションだったのかなあ。相手役のピルソクさんとのバランスも悪かった。ユダがはるかに若輩者に見える・・。
ユダ役、ピルソクさんでもいいような気がする。ピルソクさん、声質としてはユダ役のほうが合っているんじゃないのかなあ。

サイモン役の조병곤(チョ・ビョンゴン)さんは良かった。パワーがあるし、見た目もよし。この人をユダに格上げしちゃうのは如何でしょうか?
ピラト役の최오식(チェ・オシク)さんも、とても良く響く声で、良かったです。私は、ピラト役の出来・不出来もかなり重要視しているんですが、合格でした。2幕のTrial before Pilateは凄く迫力ありました。群集とのやり取りの場面など、ピラトの苦渋をよく表現されていました。最後のDie, if you want to, you innocent puppet!に該当するところ、お見事でした!

ヘロデの조상원(チョ ・サンウォン)さん、凄くいい。少し体重オーバー気味のオネエ系のヘロデ、という感じなのですが、歌もいいですが(美声ですよ)、予想外にダンスが上手。日本のヘロデとは路線が少し違うヘロデだけど、良かったです。

マリアの이혜경(イ・へギョン)さんは順当に歌・演技ともこなした、という感じでしたね。とびぬけていい出来、という訳ではありませんが、合格なのではないでしょうか。

カヤパの최병광さん、アンナスの현순철さんも、悪代官風でよかった。歌もよし。
ペテロの전성우(チョン・ソンウ)さんも声楽系の柔らかめのいい声でしたね。

アンサンブルのまとまりも、わりと良かったです。アンサンブルの動き、ズレズレじゃありませんでした。

以前、ネットを検索したら、このJCSのオーディションにイ・ヨンミさんの他、キム・ポブレさん、キム・ウヒョンさんが参加したという記事を見つけたんですよね。全員不採用だったみたいですが。もしかして、キム・ウヒョンさん、ユダ役で受けたのかな~。だとしたら、私はウヒョンさんのユダを見たかったな。

ユダが大きな欠点となってしまっていますが、それ以外はOKだと思います。韓国語がわからない外国人から見て、ですけどね。
f0048936_22345561.jpg
f0048936_22355948.jpg
f0048936_22382550.jpg
f0048936_22392844.jpg



f0048936_143126.jpg
f0048936_1433255.jpg

↑ジーザス役は別の俳優さん(たぶんロック歌手のキムなんとかさん)ですね
by saffy114 | 2006-12-27 04:00 | Korean Musicals | Comments(6)
大学路の恵化駅にあった韓国版RENTのポスター。はい、チョ・スンウさんのロジャーです。けど、この写真は微妙だなあ・・(スンウさんファンの方、すいません)。へアスタイルとヒゲのせいだと思うけど・・。なんかロジャーっぽくない。でも、舞台は期待していますよ!
f0048936_22441279.jpg

by saffy114 | 2006-12-26 22:52 | Korean Musicals | Comments(1)

The Full Monty<풀몬티>

「The Full Monty<풀몬티>」。연강홀にて、12月23日、15時からの公演を見ました。
キャストは、제리(ジェリー) : 김세우、데이브(デイブ): 임철형、해롤드(ハロルド) : 김성일、호스(ホース) : 조정근、말콤(マルコム) : 심재현、잇슨(イーサン) : 김영환、비키(ビッキー) : 임선애、조지(ジョージー ): 이재영、 팸 (パム): 김지영。
そして、연출(演出) : 이원종、안무(振付) : 강옥순。

プログラムが5000Wなのですが、これに韓国キャスト版のハイライト版OSTがついてきます!10曲収録です。なかなかお得。
서영주さんがJerry役のはずだったんですが、キャスト変更でキム・セウさんでした。キム・セウさん、韓国RENTの青いCDのマーク役の人ですね。私にとっては、まだ見たことが無い俳優さんを見ることができてラッキーでした。

BW版とかなり異なる部分が多いです。最大の違いはJeanetteというキャラクターがきれいさっぱり消滅していること!!好きなキャラクターだったし、韓国版ではどうするんだろう、ああいう芸達者なおばあちゃん女優(か、おばあちゃんに化けられる女優)はいるのかな~、と楽しみにしていたんですが、存在しませんでした。あらまあ。
振り付けも、BW版を踏襲した動きもありますが(Michael Jordan's Ballなど)、私の好きだったBW版「Scrap」の振り付けが使われてなくて残念。BW版では、パイプ椅子を効果的に使っていて、印象的だったんですけどねえ・・。
許しがたかったのが、Big Black Manの振り付け。あれはいけません。振付の강옥순さん。もし、ご自分がソウルトレイン系?のダンスに詳しくないなら、得意な人と共同でやってくださいよ~。韓国も米軍基地があるんだから、絶対に昔遊んでいた人々のなかに、ソウルトレイン系のダンスが得意な人がいるでしょうに・・。
Big Black Man、初老のHorseが見事に一昔、ふた昔前のダンスをキメるのが見ものなのに・・。うううう。
ラストの、みんなが楽しみにしている?Full Montyシーンも違いますね。BW版は、帽子で隠しながら例の(笑)赤いレザーのGstringsをとって、帽子も外してFull Montyとなるところでバーンと逆光となって終わり、でしたよね、確か。逆光で、見えそうで、見えないわけです。
韓国版は、帽子で隠しながら赤いレザーのGstringsをとるところで終わり。逆光になりません。そして、間違ってご披露?することなどないように、Gstringsの下に肌色のアンダーウエア着用していました。


ジェリー役のキム・セウさん、よく通る声でいいですね。動きもいいです。精神年齢が高校生のままのジェリーにしては、少し落ち着きすぎているかなあ・・。でも、私の好きなタイプの声質・歌い方でした。Rentのマーク役を演じた経歴がある俳優さんですが、ミス・サイゴンやアイーダはアンサンブルで出演なさっていたそうです。世の中は厳しいですね。こんなに上手なのにねえ・・。これからのご活躍を期待!
デイブ役のイム・チョルヒョンさんは、美声の方です。太めですが、顔立ちはととのっているので、ちょっとデイブ役のイメージでは無いといえば無いのですが、それなりに情けなさそうに見えました。とにかく歌はよかったですね。
ハロルド役のキム・ソンイルさん、なんだかリストラされた管理職というより地上げ屋とか、怪しい仕事の人に見えるんですけど・・・。でも、歌などは良かった。管理職っぽくないけど。
ホース役のチョ・ジョングンさんは・・・、うーん、歌はOKですが、とにかくBig Black Manの振り付けが××だったのが痛いなあ・・。
マルコム役のシム・ジェヒョンさん、良かったです。大木凡人風のルックスに扮していました。歌、いいですし、マザコン?のマルコムを可愛らしく?演じていましたね。
イーサン役のキム・ヨンファンさん、ナニの大きさが自慢で脱ぎっぷりが良く、サウンド・オブ・ミュージック好きの、アホだが憎めないイーサンというおバカキャラを実に良く演じてくれました。「雨に唄えば」のドナルド・オコーナーをまねて壁に上るシーン、お見事。かなりの高さまで壁を駆け上がっていました。BW版のイーサンより、ノー天気ないい奴っぽさが良く出ていました。なんとなく、マルコムとくっつくのが納得できるイーサンでしたね。
女性陣も健闘していましたが、ビッキーとジョージーの声質が似ていた。二人ともパワフルな唱法で歌う方でした。ジョージー役のイ・ジェヨンさん、きれいな派手好きのおばさま、という感じで、ちょっとイメージが違ったが、歌はよかったですね。
そうそう、特筆すべきはアンサンブルの男性2人!!문종원さん,장재호さん。この2人、印象深かった(笑)。濃いキャラですね、2人共。冒頭の男性ストリッパー役だの、ホースの前にオーディションに来た人とか、ハロルドの家に差し押さえにくる業者などをこの2人が演じているわけですが、笑わせていただきました。
ネイサン役の子役、パク・ジウォン君のほうだったと思いますが、知っている子にそっくりでなんだかフシギな感じでした・・。

Full monty,2001/9/14にパトリック・ウィルソン主演で見たんで、かなり印象深い作品なんで、英語版以外のバージョンが見られて、嬉しかったです。
あとは、Michael Jordan's Ballのダンスなどがびしっと揃えばさらに良し。
f0048936_1857359.jpg

by saffy114 | 2006-12-25 22:58 | Korean Musicals | Comments(0)

HEDWIG見てきた

ヘドウィック、また見てきました。今回はキム・スヨン×チョン・ヘソン。スヨンさん、好評だからかなり期待して行ったんだが、最後のmidnight radioが他のキャストとかなり異なる表現で良かった。でも、それ以外のナンバーはいいんだが、飛び抜けて良いとは言えないような。好みもあると思うが、ちょっと巻き舌気味の歌い方になる時があるのが、私は気になった。
ビジュアル的には、ヘドウィックはかくあるべしという姿に一番近いのかも。
アンコールがクリスマスソングだったのが微妙。
by saffy114 | 2006-12-25 00:29 | Korean Musicals | Comments(2)