人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114

<   2006年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

私が2番目に見たミュージカルが「レ・ミゼラブル」でした。1984年に見た「CATS」でミュージカル好きになったのですが、次にミュージカルを見ることができたのは1987年、帝国劇場での「レ・ミゼラブル」でした。これで完全にmusical freakへの道を歩みはじめました。バルジャン役は鹿賀さん、ジャベール役は佐山陽規さん、エポニーヌが島田歌穂さん、ファンティーヌ岩崎宏美さん、マリウス野口五郎さん、テナルディエ夫妻が鳳蘭と斉藤さん、コゼットが斉藤由貴だったと思います。みなさんそれぞれ素晴らしかったです。客寄せと思われる斉藤由貴も、意外と健闘していました。ジャベールの佐山陽規さん、鋭い感じの官吏って雰囲気で、かつ歌はとても素晴らしく、Starsとか、自殺の場面のソロとか、ほんとに迫力ありました。あと、なんといっても島田歌穂さん!よかったです。アンサンブルも素晴らしくて、look downやAt the end of the dayから圧倒されました。照明や舞台装置にも感心しました。廻り舞台なんて初めて見たので、こういうのがあるんだなあ、と。この年に、やっとCDプレーヤーを購入して、ロンドン版のレ・ミゼラブルCDを入手しました。当時はAMAZON.COMもありませんし、私が住んでいた田舎にはミュージカルCDなんて売ってませんので、たしか渋谷の「すみや」というCD屋まで遠征しました。田舎の中学生の財政には、きつい交通費でしたけど。やっと入手したレ・ミゼラブルCDは当然ヘビーローテーションで聴きましたし、リブレットも辞書をひいて熟読しました。そうしたらば英語の長文読解の点数が上がりました。というか特別に試験勉強しなくても、得点源となるようになりました。なんで、もしご自分のお子さんがmusical freakになったら、どんどん輸入版のリブレットつきCDを買い与えてあげましょう。(私は買ってもらえませんでしたけどね。)
by saffy114 | 2006-04-27 22:35 | Japanese Musicals | Comments(0)
秋にRENTのツアーカンパニーが来日しますね。また見にいってしまうんだろうなあ。ということでRENTの思い出を・・・。RENTは、BWで確か97年の夏に初めて見ました。オリジナルキャストのうち、Adam pascal,Anthony Rapp,Wilson J.Herediaが残留していました。Jesse L. Martinもいたかな??記憶がはっきりしません・・。いやあ、これはホントによかった。CDで予習していったのですが、生の舞台ははるかに迫力があってよかった。ストーリーなどについては、ある意味語りつくされた感があるので、言及しませんが、とてもenergeticな出来の舞台で、見事にハマってしまいました。。98年のロンドンも、Adam pascal,Anthony Rapp,Wilson J.Herediaが出演していました。この舞台は、97年のBWと雰囲気が似てました。歌詞が一部変更されているのに気がつきました。2幕最初のHappy new yearでマークがモリーンに言う嫌みとか・・(You can take the girl out of New Jearsy・・って歌ってました)。モリーン役がずいぶん子供っぽいかわいらしい女優さんでした。歌は上手でしたが。

たしか98年のBWで、Roger役でNorbert Leo Butzを見まして、おっ、なかなかいいぞ、と思いましたが、やはりこの人伸びましたね!
その後数回BWのRENT見ましたが、2001年9月のキャストはなかなか良かった。全体に若返った感じで、とても新鮮なエネルギーに満ちた出来でした。
最後に見た2005年夏のキャストは、うーん、歴代の私がみたキャストと比べるともう一歩、という感じでした。とくにMIMI役の人がもう一歩!と言う感じ。とても美人でスタイル抜群で、かつ歌、踊りとも無難にこなしているが、ちょっとパワー不足で、お嬢様っぽいというか、なんか育ちよさそう、というか・・、MIMIっぽくないんですよね。
こんどのツアー版はどうでしょうね。いいキャストが来るといいなあ・・。
by saffy114 | 2006-04-26 22:08 | Broadway Musicals | Comments(0)
先日、パリに行った時、列車でベルサイユに行ったのですが、帰路ベルサイユ宮殿からベルサイユ・リブ・ゴーシュ駅に行く時、適当に歩いていったら道がよくわからなくなって、ちょうどいた交通整理の警官に聞こうとしたとき、どえらく大きなリュックを背負った白人のお兄さん(からおじさんへの端境期ぐらい、か)が、横から声をかけてくれました。最初、私、間違えて「ベルサイユ・リブ・ドロワット駅に行きたい」、と言っちゃったのですが、そのときこのお兄さんは「自分もドロワット駅に行くので、一緒に行きましょう。」(←英語で)と言ってくれたのですが、私が間違いに気がついて、「行き先はゴーシュ駅だった。」と言ったら、「ゴーシュ駅はあちらだが、私も行きます。」っておっしゃって、ゴーシュ駅のホームまで連れて行ってくれました。大きな荷物を持っていらっしゃるし、本来は全く逆の駅に行かれる予定でいらしたようなので、何度か途中で「ここからは、自分でも行けそうなので、ご自分の目的地にいらっしゃって下さい。」と申しあげたら、「少林寺拳法の合宿(←これは日本語でした)で、9回ぐらい日本に行ったが、道に迷った時に、親切に目的地まで連れて行ってもらったことが何回もあった。なぜ、こんなに親切にしてくれるのか、と尋ねたことがあるのだが、『こうすれば、あなたの国で道に迷っている日本人が、道を教えてもらえるでしょう?道に迷っている日本人がいたら、道を教えてあげてくださいね。』と言われた。私はその時の約束を守っています。」とのお返事が返ってきました。途中、フランス人の観光客にも彼は道を訊かれていて、フランス語で返事をしていらっしゃったので、英語はお上手ですが訛っていましたし、おそらくフランスの人なのだと思います。今年の夏にまた少林寺拳法の合宿で日本に行く、とおっしゃっていましたが、フランスの少林寺拳法家のお兄さん、また、彼の日本滞在中に道を教えてあげた日本の方々、本当にありがとうございました。
by saffy114 | 2006-04-26 00:44 | 雑感 | Comments(0)
チェコ語版 Jesus Christ superstar 。live recordingらしいです。なかなか良いです。オランダ語版より、私はチェコ語版のほうが良かった。ちょっと垢抜けない感じはあるのですが、チェコ語版はちゃんとrock operaしています。ユダ役Dan Bartaはややハスキーな声で、「heaven on their mind」などの聴かせどころは、ちゃんと歌い上げるーっっという感じで盛り上げています。Jesus役Kamil Strihavkaは、Jesus役らしい端正な声ですが、「ゲッセマネ」などでは、歌い方を変えてシャウトしてました。これがチェコ語版が他と異なる点かな・・。マリア役Bara Basikovaは、これといった特徴はないのですが、無難にこなした感じ。私にとって、Jesus Christ superstar は、総督ピラトとヘロデ王の出来も重要なのですが(特にピラト!)チェコ語版のピラトもよいです。(私の総督ピラトNo1は、映画版のBarry Dennenなんですけど。)ヘロデ王はまあまあ、かな(ヘロデ王に関しては、劇団四季の昔のCDでの市村正親さんが良いと思う)。チェコ、あなどれませんね。今度、韓国で見る予定の「ドラキュラ」もチェコミュージカルですし。去年プラハに行ったんですが(1日だけ・・)残念ながらミュージカルはやっていませんでした。でも、とってもきれいな街ですね。観光客も、物凄く多いけれど・・。
by saffy114 | 2006-04-24 20:49 | 各国語ミュージカルCD | Comments(3)
先日upしたCharlie Brownのチケット、行き先が決まりました。無駄にならず、よかったです。
by saffy114 | 2006-04-23 21:53 | Korean Musicals | Comments(0)

Boy George's Taboo

DVDで見ました。が、今年の正月ごろ渋谷のライズXで上映された時も、見に行ってしまいました。Boy George役のEUAN MORTON、昔のBoy Georgeによく似てますよね。Boy Georgeの自伝的ミュージカルです。が、Billyというキャラクターのほうがストーリーの主軸になっているようです。ストーリーは、ちょっと焦点がぼけ気味、かつエンディングの展開が唐突でした。が、曲はいいものが結構あると思います。Stranger in this world,Genocide Peroxide,Talk among yourself,Do you really want to hurt meあたりが私は気に入りました。
by saffy114 | 2006-04-23 00:53 | London Musicals | Comments(0)

The Producers

映画版プロデューサーズ、やっと見てきました。Roger DeBris役のGary Beach、Carmen Ghia役のRoger Bart、やっぱりいいですね!keep it gayのシーンで、Sabu the Houseboyの役でJai Rodriguezがちょこっと出演してましたが、かわいらしいですね。この人の演じるRENTのAngelも見たかったなあ・・。Max Bialystock役のNathan Laneは、まさに”はまり役”ですね。Leo Bloom役のMatthew Broderickもいいですが、欲を言えば、もう数年前、彼がもう少し若い時に撮影できていたら、もっとよかったんじゃないかなあ。青い布のシーンは笑えるけれど、年齢が若い日本の長野さんや、韓国のキム・ダヒョンさんのほうが、かえってこのシーンは笑えたし、なんとも言えない味が出てたように思います。Ulla役のUma Thurman、やっぱりきれいですね!!歌も結構いけるんですね。ただ、「Now,Ulla dance!」の台詞の後のダンスはもう少し弾けて欲しかったかな・・。Franz Liebkind役のWill Ferrellもちゃんと歌えていましたね。客寄せキャスティングかなー、と思ったけれど、なかなかでした。おばあちゃんたちのダンスが、意外と地味だったのが残念。
by saffy114 | 2006-04-22 22:37 | 映画 | Comments(0)
韓国・ソウルのChungmu Art Hallで上演されているミュージカル「You're A Good Man, Charlie Brown」の、4月29日土曜15時からの回のチケットを1枚予約したのですが、行けなくなりました。B列R番B列8番です。(行けない、といっても同じChungmu Art Hallで16時から別のミュージカルを見ることにしただけなのですが・・)
このチケット、欲しい方いらっしゃいませんか??劇場で引き換え、の形で予約したので、現地で引き換え後、手渡しとなりますが、どなたかご希望があればぜひコメントしていってください。
44000W=5509円+手数料1000円で6509円で購入しています。3000円ぐらいか、20000Wぐらいなどで買っていただければ一番ありがたいですが、無駄にするよりはただでも引き取ってもらえるほうがうれしいです。
by saffy114 | 2006-04-21 01:27 | Korean Musicals | Comments(4)
4月29,30日ソウルに行きますが、4月29日夜にAlterboyz(Mathhew役キム・テウさんバージョン)を見るか、You are good man,Charlie brownを見るか、さんざん迷ってましたが、Alterboyzを見てくることに決心しました。ってことで、Alterboyzのソン・ヨンジンさんバージョン、Alterboyzキム・テウさんバージョン、Draculaの3つを見てきます。Draculaはあらすじしか知らないので、韓国語まだわからないですし、CDでも予習のしようがないので(チェコ語なんで)、自分がどんな感想を持つか、別の意味で楽しみです。
by saffy114 | 2006-04-20 23:25 | Korean Musicals | Comments(2)
Queer eye for the straight guy、いつかは私も見られるかと思っていたのですが、FOX HDが私は視聴できない環境にありますので、今のところまだまだ見られる見込み無し。なので、DVD買っちゃいました。残念ながら、番組をそのまま収録したのではなくて、Fab5の面々の名場面集みたいな感じの5枚組です。とりあえずCarsonの巻から見始めたところなんですが、凄く笑えます。この人毒舌ですねー。でも、straightのダサ男君たちのそれぞれに結構似合う格好をちゃんと作り上げているのは、さすが!という感じです。ああ、本放送が見たい・・。
by saffy114 | 2006-04-20 22:10 | 海外ドラマ | Comments(2)