人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:旅行記( 16 )

ブダペスト15日目(8/13Sun)。

朝食。
f0048936_18224660.jpg
f0048936_18225729.jpg
ホテルをチェックアウトし荷物を預ける。

f0048936_18232913.jpg
f0048936_17062121.jpg
滞在中、ホテルに夜帰ってくると、アクセントや話の内容から、ある催事に参加する米国人と思われるグループがほぼ毎晩ホテルのパティオに集っていたんだが・・。まあなんというか、アメリカも人間関係の苦労とかいわゆる同調圧力とかかけっこうあるみたいだな~と。日本は~とか日本ガーみたいな論調をしばしば目にするけど、日本だけでなく、どの国もまあ色々ありそうだ。
f0048936_18244984.jpg


Café Astoriaで昼食。

melange
f0048936_18254008.jpg
astoria kave
f0048936_18261756.jpg
Zucchini soup
f0048936_18265241.jpg
Cauliflower soup
f0048936_18470010.jpg
kacsa duo
f0048936_18481326.jpg
Beef cheek(レシートにはmarhapofa vadasと書いてある)
f0048936_18485765.jpg
kacsamell
f0048936_18493869.jpg
この店は今回もガラガラだった。味も悪くないし雰囲気もいいのにねえ・・。


ドナウ川べりを散歩。
f0048936_17074836.jpg
f0048936_18532174.jpg
f0048936_18524264.jpg
f0048936_18520910.jpg
久しぶりにVáci utcaを歩いてみた。初めて訪れた2005年のころとは様変わりですよね。
東京を含めて大都市ならどこでもある大手のアパレルの店が増えたなあ。
町中を散歩。
f0048936_18551084.jpg


議事堂が見えてきた。
f0048936_18553573.jpg

Steindl Imre u.とAkadémia u.が交差するあたり。
グーグル先生によると刑務所とのことだが、町中に刑務所だか拘置所だかがあるのか?
f0048936_18561188.jpg
Büntetés-végrehajtás Országos Parancsnokságaだそうだ。刑務所ではなく、刑務所を統括する本部のようですね。
ブダペストには、空港方面に刑務所が一カ所、拘置所が国会議事堂があるエリアの裁判所の前、我々が初日に滞在したホテルの近所、空港方面に1カ所の合計3カ所あるようだ。
http://bv.gov.hu/prisons
思わず調べてしまった。

Vác で通りかかかった刑務所は英語だと”Vác Strict and Medium Regime Prison”だそうで。楽しげな話し声が外に聞こえてきたりしていたが、”Strict”な施設だったのか。


Sabadsag térへ。
f0048936_19351083.jpg
ベンチに座っていたら鳩が寄ってきた。餌を期待されている気がしたが、何も持ってない・・。ごめんね。
f0048936_19414823.jpg

f0048936_19424840.jpg
f0048936_19440407.jpg

f0048936_19443579.jpg

イシュトバーン大聖堂。
f0048936_19455771.jpg
アンドラーシ通りへ。
f0048936_20175243.jpg
エルジェーベト広場側。
f0048936_17034316.jpg


Metró 1に乗車。
f0048936_17050886.jpg
レトロな車内。
f0048936_17045272.jpg
ホテルに戻り、預けた荷物を受け取ってタクシーで空港へ。
チェックインカウンターがオープンしてに列に並んだ際、我々の前には中年男性が一人だけ並んでいて、我々は2番乗り、我々の次にトルコ系と思われる50代ぐらいとおぼしきご夫婦が並んだ。
が、しばらくして、トルコの水球のチームの関係者らしき中年男性グループ(着用しているジャージにそう書いてあるから、そうなんだろう)がわらわらとやってきて、1番目に並んでいた男性のわきに集まってきた。唖然。
え、2番目にチェックイン出来ると思ったのにな、これじゃ10番目ぐらいになっちゃうわ、まあターキッシュエアラインだしなあ、マスターズのほうだったとしても水球のナショナルチームは航空会社も特別扱いするのかな、とか話していたら、後ろのご夫婦の奥様のほうが英語で「失礼ですが、あなたたち、あの男性(最初に並んでいた男性)の次に2番目に並んでいましたよね?あの人たち、あなたが並んだときにはいましたか?」と尋ねてきたので、「ワイシャツの男性だけが並んでいて、我々は彼の次に並んだ。あの水球のトルコチームのグループは我々が並んだ時にはいなかったんだけど。」と返答したところ、奥様は「彼らには割り込む権利はない。」といい、つつつっと水球のグループに近づき、トルコ語で何事かまくし立てた。しばらく激しいやり取りがあって、後からやってきたジャージ着用のグループがぞろぞろとご夫婦の後ろに移動。トルコ系の奥様が、我々に向かって英語で「あなたたちが彼(最初に並んでいた人)の次よ。」とおっしゃった。
トルコの女性、強いのかもしれない。
丁重に奥様に対してお礼を伝えて、ありがたく2番目にチェックインさせていただいた。

20:10のTK1038 でイスタンブールへ。
イスタンブールのラウンジにデメルのケーキがあった。
f0048936_17083706.jpg
01:40イスタンブール発のTK0052で成田へ。無事到着したが、今回もスーツケースの破損があり、後日海外旅行保険を利用することになった。


これだけ長期間1都市に滞在したのは初めてだったが、のんびりできて凄くいいですね。
日本も、被雇用者に対して、そうだなあ、思い切って14日以上の連続休暇の付与を義務にしたらいいんじゃないんですかね?


by saffy114 | 2018-06-13 17:38 | 旅行記 | Comments(0)
ブダペスト14日目(8/12Sat)。
朝食。
f0048936_23203890.jpg
f0048936_23282663.jpg

Hamdi Cukrászdaのケーキ。トレーに載った状態。
f0048936_23291228.jpg

Punc
f0048936_23302424.jpg
f0048936_23320955.jpg



Lehel Csarnokへ向かう。
ランゴーシュを食べる。
f0048936_23325732.jpg


f0048936_23342465.jpg
メニュー表。

f0048936_23354230.jpg
f0048936_23355007.jpg
バイト女子高生風の店員さんが、英語で「ランゴーシュは初めて食べるの?ハンガリーは初めて?」と尋ねてきた。そういえば、登山鉄道駅近くのSzamos Szépkilátás Cukrászdaの店員さんも夏休みの女子高生のバイトかな~という感じだったな。大学生にしちゃ幼い感じだったので,高校生年代ではないかと。
ハンガリーは長期休みに高校生がバイトする慣習があるのだろうか?

市場で、パプリカのピクルスを購入。

東駅近くのArena Plazaというショッピングモールに行ってみた。かなり大きいモールだった。
ふらふらと店を覗いて廻る。
H&MやZARAなどの品揃え・価格帯の傾向が日本とは違うように見えた。国によって戦略が違うんですかね?

Blaha Lujza tér の近くの脇道にあったTomi Lángosというスタンドでまたランゴーシュを食べる。

f0048936_23435411.jpg
ここのランゴーシュ、とてもおいしかった。お勧め。
店先のカウンターで立ち食いだけど、安くてボリュームあって旨いです。以前、マムートに併設のFény street marketにあったランゴーシュ屋さん(市場の入り口にあった肉屋さん兼ランゴーシュ屋)で食べた系統の味、かな。
レヘル市場のランゴーシュもおいしいけど、もし滞在中1回だけ食べるならこの小さなスタンドのほうがお勧めかも。

Terror Házaの前に入場待ちの行列ができているのを眺めながらVörösmarty utca駅近くのアンドラーシ通りを散歩。観光客と思われるお客さんがたくさんいるStreet cakesという店をのぞいてみたら、kürtőskalácsにアイスクリームをつめたらしきものを売っていた。ユニークだが、お客さんたちが手にしているアイス(アイス入り煙突ケーキ?)、どっちかというと味よりインスタ映え重視系のにように見えたのでここはパスすることにした。
Rózsa u.のSütipontというカフェで一休み。

mangó mascarpone cake
f0048936_17303996.jpg
Lemonde
f0048936_17320035.jpg
íce coffee
f0048936_17322405.jpg
このお店は、自然派志向というか甘さ控えめ志向のようです。
夫がアイスクリームがどかっと入ってクリームがど~んと載った典型的なハンガリーのアイスコーヒーが飲みたい気分だというので「jegeskávéはあるか?アイスクリームとかホイップクリームが入ってるやつ。」と店主らしき初老の男性に尋ねたところ、「ハンガリーの飲み物は砂糖を使い過ぎてカロリーが高くて健康に悪い。うちのアイスコーヒーは健康によいやつだ。」という内容の返答が返ってきた(笑)。
アイスコーヒー、砂糖なしでサーブされて、カウンターにあった砂糖の入れ物を渡されて自分で砂糖の量を調節するスタイルでした。
砂糖の入れ物。
f0048936_17504156.jpg
マンゴーマスカルボーネケーキは、わりと日本のケーキに近い系統の、甘さ控えめなケーキでした。
「甘すぎない」ケーキのほうが好きでハンガリーの一般的なケーキ屋さんのケーキが甘すぎると感じる人にこのお店はお勧めです。あ、コーヒーもレモネードもおいしかったです。ハンガリー式の、ホイップクリームでコーヒーの液面が見えないんですが・・・的なアイスコーヒーはちょっと甘すぎるなあ・・と感じる人にもこの店はお勧めです。


ポジョニ通りのStümherでチョコレートを購入。

マムートに行き、酒屋さんなどを眺める。
まだ行ってないモールに行ってみるか~ということでMOM parkへ向かう。
何度もトラムで前を通るのだけど、行ったことがなかったのである。
MOM parkのモールは、ウエストエンドやアリーナプラザやアリーと比べて、高所得層をターゲットにしているのかなという感じであった。
酒屋さんが2件ほどあったが、そのうちの一つBORTÁRSASÁGでワインとパーリンカを購入。


Vadrózsa Étteremで夕食。
門のあたりが真っ暗だったので、ありゃ今日は臨時休業か早く閉店かなあと思いつつ
中へ入っていったら、営業中ではあるらしく、ピアノの生演奏が流れる中で女性グループが一組だけ食事中だった。お店の方(たぶんマネージャーだろうな)が出てきたんで、予約なしだけど夕食食べられるか尋ねたら笑顔でもちろんです、との返答。

Mészáros ChardonnayとMészáros Kadarka (Szekszárd)。
両方ともグラスだと1杯1000Ft以下でした。
f0048936_18241373.jpg
アミューズ
f0048936_18251295.jpg
パン

f0048936_18254447.jpg
トマトスープ。トスカーナトマトスープ、だったかな。
f0048936_18263174.jpg
メロンスープ
f0048936_18265730.jpg

自分のメモには「鹿肉のブルーベリーソース」と記録されているが
Áfonyás Őzgerinc kardamom körte,krokettとレシートに記載されている。
鹿肉のブルーベリーソース、カルダモン風味の梨とコロッケ添え、か。
f0048936_19144618.jpg
Grillezett gomolya narancs,méz,reték
自分のメモには「チーズ焼き」って記録してある。 gomolyasajtなのかな。
焼いた羊のチーズ、オレンジとハチミツ、ピクルス添えって感じか。
f0048936_19165939.jpg
お店の天井。
f0048936_19471637.jpg
店内はこんな感じです。
f0048936_19472545.jpg
この日の夕食もおいしかった。
でも、いくらバカンスシーズンとはいえ、土曜のディナータイムに2組だけって大変そうだなあ。日本だったらこの味と雰囲気と価格だったらかなりの人気店になりそうだけど。
お城の周りのエリア以外のブダ側のお店は集客に苦戦している感じだ。ペスト側のドナウ川沿いとかアンドラーシ通り近辺とか、お城周辺にこの店があったら予約必須になるんだろうけど・・。



by saffy114 | 2018-06-10 20:09 | 旅行記 | Comments(0)
ブダペスト12日目(8/10Thu)。
朝食。
f0048936_17370848.jpg
f0048936_17371619.jpg
f0048936_17372655.jpg
f0048936_17480102.jpg
Hamdi Cukrászdaでケーキを食べる。
f0048936_17504460.jpg
f0048936_17520725.jpg
f0048936_18111382.jpg
Hamdi Cukrászdaの店内。クッキーなどが陳列されている棚。
f0048936_18115506.jpg
アイスクリームのケース。
f0048936_18162921.jpg
ケーキの棚。
f0048936_18183599.jpg
Vácへ行ってみることにした。
西駅へ。
f0048936_18205156.jpg

f0048936_18231443.jpg
車窓からの風景。
f0048936_18241126.jpg
列車内には電源コンセントがあった。
f0048936_18073414.jpg



Vácの駅に到着。
f0048936_18252467.jpg
f0048936_18274238.jpg
Vác駅の外観。
f0048936_18281343.jpg
駅から少し歩いたところで銀行のATMを利用。
銀行から見えた温度計、39度と表示されていた・・・。
f0048936_18292695.jpg
f0048936_18333262.jpg

暑かったので、カフェの店先で売っていたアイスを買って食べた。margaréta kávéházという店。
f0048936_18311985.jpg
店の近くにベンチがあったので、アイスを食べつつ目抜き通り(?)を眺める。
本の露天というか屋台みたいなのがあった。児童書が多かったが、その中にキティさんが描かれている本があった。内容は不明。キティはハンガリーにまで進出していた。サンリオ凄いなあ。

暑い中 Március 15. tér まで歩き、観光案内所で地図をもらう。
f0048936_18350994.jpg
f0048936_18352435.jpg


ヴァーツにもミニトレインが走っていた。
f0048936_18340928.jpg

凱旋門(Váci Diadalív)を見に行こうとKöztársaság útを歩く。
刑務所があったのだが、その前の歩道にクラシックな車が駐車されていた。
f0048936_18511714.jpg
刑務所の塀に、町の歴史に関するものと思われる白黒写真などがたくさん掲示されていた。
f0048936_19065455.jpg
コミュニストが書店で本をどうたら・・と書いてある、のかな?。焚書かな?
いずれちゃんとキャプションをよんでみよう。
f0048936_19081785.jpg
1956年10月27日と書いてあるから、ハンガリー動乱関連なのかな?
f0048936_19100788.jpg

刑務所の入り口と思われる箇所のわきの右の壁に、求人広告らしきものが貼ってあったので、
f0048936_19115936.jpg
あら給料どれくらいなのかしらとじっくり見ようとしたら、いきなりインターフォンから「Elnézést,○#%&$#○#%&$#」と女性の声で何か声をかけられた(笑)。
どうも、用事がない者は刑務所の入り口真正面で立ち止まってはいかん、ということではないかと推測された。
入り口からちょっと離れたところから写真を撮っているぶんには何も言われなかった。
f0048936_19123614.jpg
f0048936_17500134.jpg
カフェテリア、住宅、通勤費の補助つきで22万8千フォリント以上!
という条件のようです。日本円だと9.1万円ぐらいのようだ。

日本の刑務官の初任給ってどれくらいなのかな。ぐぐってみたところ、「刑務官の初任給は公安職俸給表1級3号俸が適用され、東京都特別区内に勤務する場合202,080円(H29年)」という記載を発見。ハンガリー、物価は日本の半分・・っていうほどまでは物価安くないような気がするけど、ハンガリーの刑務官の給与水準は他の職種と比べてどんなもんなんでしょう。

刑務所(Váci Fegyház és Börtön)と凱旋門(Váci Diadalív)
f0048936_18524711.jpg

凱旋門(Váci Diadalív)


f0048936_18551835.jpg



f0048936_18561778.jpg
また刑務所の前を通る。
f0048936_18562451.jpg
刑務所の窓からがやがやと賑やかな複数の話し声が聞こえてきていた。音が反響している感じで聞こえてきていた。塀の近くに食堂とか集会所とかがあるのかなあ??
f0048936_17272874.jpg

川べりに行く。
川べりのベンチに座ってしばしドナウ川を眺める。貨物船?が行き交っていた。
f0048936_16580046.jpg
f0048936_16583105.jpg
f0048936_16584678.jpg
石造りの古い建造物があった。Hegyes torony という、昔の城壁の一部らしい。

f0048936_17224035.jpg

ぐぐってみたところ、中世の古い城壁の最北端の跡、らしい。
A Hegyes torony (Liszt Ferenc sétány 12.) a középkori városfal legészakibb saroktornya.
A Sétány felső szakaszán, a főtéri Bécsi Kapu vonalában áll a Hegyes torony, a város egyetlen törököt átélt fennálló építménye.

A helyi szóhasználatban csak mint Hegyes-t emlegetik, ez volt a középkorban a várost körbekerítő védőfal egyik saroktornya, őrhelye.

Később járási börtönként is használták, egy ideig múzeumot szerettek volna belőle kialakítani, ma lakóház.”
だそうです。今は民間のどなたかの私有物らしい。昔は牢獄としても使用されたって書いてあるので、ちょっと大島てる物件系かなとも思うが、そうか、居住している方がいるのか。

Váci komp(Vaci Ferry)の乗り場。
f0048936_17232231.jpg
Vácと対岸のTahitóthfaluとを行き来するフェリーのようだ。
f0048936_17232884.jpg

Angelato Fagyizó&Kávézóでジュースとパフェと食べる。

フルーツパフェ
f0048936_17335182.jpg
Bora boraと Honey moonという名前のジュース。
f0048936_17392975.jpg
f0048936_17434213.jpg
このカフェの向かい側に市営プール(たぶん)があって、家族連れで大賑わいだった。
暑いからプール日和だよなあ。

Vác Cathedral (Nagyboldogasszony-székesegyház)へ。
f0048936_18081589.jpg
f0048936_18082087.jpg
f0048936_18084065.jpg
f0048936_18090599.jpg




f0048936_18100457.jpg


f0048936_18101162.jpg


f0048936_18101597.jpg


f0048936_18102343.jpg
Vác駅。
f0048936_18105275.jpg
f0048936_18362098.jpg
列車でブダペストへ向かう。
f0048936_18105841.jpg
電車の内部。ツバメの絵が描かれている。
f0048936_18112123.jpg
f0048936_18112667.jpg
西駅。
f0048936_18113290.jpg
SAPRで朝食用のサラミなどを購入。

Kánaán Bisztró & Caféで夕食。

Carpinus Pince – Tokaj: Furmint 2015とKonyári Pince – Balatonlelle: Loliense 2012
f0048936_18522318.jpg


Tatár beefsteak friss kerti zöldségekkel
f0048936_18385272.jpg
Pezsgős málna krémleves
f0048936_18401480.jpg
pezsgő nélkül(ワイン抜き)も選べますが、これはワイン有りです。

Sáfrányos csirkeraguleves
f0048936_18525402.jpg
f0048936_18445045.jpg

Borsos rosé kacsamell, vajas tésztában sült édesburgonyás káposztával, füstös paradicsommártással
f0048936_18452676.jpg

Bécsi szelet petrezselymes burgonyával és uborkasalátával
f0048936_18484469.jpg
f0048936_18475348.jpg
この店はおいしかった。Bécsi szeletはものすごい量だった(笑)。鴨も付け合わせを含めたらかなりのボリュームでした。

帰路。Vígszínház utcaとパンノニア通りのあたり。
f0048936_18551061.jpg

by saffy114 | 2018-05-28 19:02 | 旅行記 | Comments(0)
ブダペスト11日目(8/9Wed)。
朝食。
前日にHamdi Cukrászdaで購入したケーキ。このように紙で包まれております。
f0048936_18052402.jpg
包みを開けると、このようにケーキがトレーにのせられています。
f0048936_18065211.jpg
f0048936_18074601.jpg
f0048936_18075500.jpg
f0048936_18083683.jpg
f0048936_18213893.jpg
f0048936_18221712.jpg
f0048936_18225385.jpg
エステルゴムへ行ってみよう!ということで西駅へ向かう。

西駅の構内。
f0048936_18254042.jpg
f0048936_18254671.jpg
時刻表の電光掲示板とホーム。
f0048936_18273548.jpg
切符は自販機で購入した。
f0048936_18274914.jpg

エステルゴム行きの電車。
f0048936_18322978.jpg
f0048936_18325922.jpg
電車の内部。
f0048936_18431605.jpg
途中の駅の風景。
f0048936_18443810.jpg
車窓から見えた教会。
f0048936_18455520.jpg
エステルゴムに到着。

f0048936_18470282.jpg
f0048936_18481471.jpg
まずは大聖堂方面に行ってみることにして、駅前からバスに乗る。
たぶんこのバス停かな~という感じでバス停の表示を見ていたら、バスの運転手さんと乗客らしきおじさんとが「Bazilika?」と声をかけてきて、そうだと答えたら、このバスだ、と教えてくれた。
この声をかけてきた運転手さんが大聖堂方面行きバスの運転手さんだったんだが、バスに乗るときになんと日本語で「ハンガリー、暑い?」と尋ねてきた。「暑いです!!」と返答したが、運転手さん、どこで日本語のフレーズを覚えたのかな?
エステルゴムはスズキの工場があるので、スズキから赴任している日本の皆さんが運転手さんに教え込んだのだろうか??

バスで Béke térまで行く。降りるころに、周りの乗客が「Bazilika」と言ってこの停留所で降りるのだと教えてくれた。
Béke tér停留所近くの風景。
f0048936_18492108.jpg
少し歩いたところにあった公園。
f0048936_18501933.jpg
大聖堂が見えてきた。
f0048936_19174426.jpg
Esztergomi Bazilika
f0048936_19175162.jpg
エステルゴムにもミニトレインが走っていた。
f0048936_19180043.jpg
f0048936_19190174.jpg
f0048936_19193687.jpg
f0048936_19194932.jpg
聖堂を見る前にお昼ご飯を食べよう、ということで聖堂のすぐ近くにある
Prímás Pinceへ。
f0048936_19215056.jpg
店内はかなり広かったです。エステルゴムを訪れる団体客などの需要もあるんだろうな。


カフェラテ
f0048936_19251749.jpg
レモネード
f0048936_19264330.jpg



サワーチェリースープ
f0048936_18254804.jpg

Broth(Újházi tyúkhúsleves gombás barátfülével
f0048936_18280402.jpg
蓋を開けたところ
f0048936_18512356.jpg



f0048936_18330192.jpg

f0048936_18415373.jpg
f0048936_18431028.jpg
f0048936_18511276.jpg
f0048936_18511832.jpg
味はいまひとつだったかな・・。


バシリカへ向かう。
各国語のパンフレットがあった。日本語版もありました。正しい日本語で書かれていました。
f0048936_19043313.jpg
聖堂、クリプト、宝物館、キューポラを見学。
f0048936_17154194.jpg


f0048936_19061664.jpg
f0048936_19073852.jpg
この祭壇の絵(the Assumption of the Blessed Virgin Mary, by Girolamo Michelangelo Grigoletti)が有名らしいです。キャンバスに描かれた絵としては最大なんだとか。
f0048936_19075890.jpg
外の眺め。
f0048936_19094079.jpg

f0048936_19110600.jpg
キューポラからの風景。対岸はスロバキアなんですよね。
キューポラへ上る階段がすごかった・・。
f0048936_17080465.jpg

f0048936_19115438.jpg
f0048936_19221708.jpg
f0048936_17045034.jpg
f0048936_17052194.jpg

f0048936_17060171.jpg
f0048936_17061571.jpg
f0048936_17080465.jpg
f0048936_17091736.jpg
f0048936_17094687.jpg
f0048936_17101275.jpg

880番バスÚjpestまで戻る。
センテンドレを経由するバスで、Esztergom, autóbusz-állomás からBudapest, Újpest-Városkapuまで2時間弱かかりました。ドナウ川沿いを走る部分が多くVisegrádも経由します。
ローカルな感じの家が並ぶ地域を通ったり、別荘地だかリゾート地っぽいエリアを通ったりするので、なかなか面白い路線です。

Blaha Lujza térとRákóczi térの中間地点にあったTeherán Büféで夕食(というより夜食か)。

f0048936_17223758.jpg
正直、まずかったです。
ケバブとゴルメ・サブジを食べたが、両方おいしくなかった。これじゃ、ハンガリーでのペルシャ料理のイメージ、ひいてはイランのイメージが悪くなると思うので、ハンガリーのイラン大使館はこのお店の経営者と一度じっくり話し合ってみてはいかがでしょうか・・・。

by saffy114 | 2018-05-24 17:54 | 旅行記 | Comments(0)
ブダペスト9日目(8/7 Mon)。

チーズ、キノコパテ、サラミ二種、プラムジュース、チョコパイ、蟠桃、ラズベリー、りんごヨーグルト、梨コンポートの朝食。
f0048936_19242998.jpg


f0048936_17153210.jpg
f0048936_19213833.jpg

f0048936_17140581.jpg

f0048936_17144467.jpg




エゲルへ行ってみよう、ということで、2号線でPuskás Ferenc Stadion駅へ。
駅から徒歩数分のAutóbuszállomás Budapest Stadionokというバスターミナルへ向かう。
あいにくの小雨模様。
エゲルに向かうバスに乗車。

車窓からの風景↓。
f0048936_19350891.jpg
バスの中はこんな感じ。
f0048936_19351380.jpg
乗車中、だんだん雨が強くなってきたが、
Egerのautóbusz-állomásに到着した頃には小雨程度になった。


バスターミナル近くのEgri Bazilikaで、11時半から開催のパイプオルガンコンサートがあったので、聴衆となる。
f0048936_19001471.jpg
f0048936_18584059.jpg
パイプオルガンの腕前は・・・え~と、平均的、でした。

コンサート後、教会の内部を見学。
f0048936_19024895.jpg
f0048936_19043944.jpg
f0048936_19065385.jpg
f0048936_19080894.jpg
はしご車っぽい何か。天井とか高い位置にある何かを操作するときに使うのだろうか?
f0048936_19104801.jpg


教会から、エゲル市街へ。
何かのイベントの告知の横断幕。1552年になにかあったようだ。
f0048936_19133687.jpg
ググってみた。
http://vegvarivigassagok.hu/

Siege of Eger(オスマン・トルコとの戦い)を再現するイベントのようだ。
「1552年の対オスマン帝国軍とのエゲル城攻防戦。エゲル城を攻略すべく押し寄せた4万人と推定されるオスマン帝国の大軍を、ドボー・イシュトヴァーン将軍を守備隊長とする2000名の守備兵団で撃退」だそうです。
どうやら、この戦いが登場する「Egri csillagok」というタイトルの映画があるらしく、その名場面も再現するイベントだったようだ。

広場。
f0048936_19170275.jpg
f0048936_19210994.jpg

Szépasszony-völgy(美女の谷)に向かおう、とミニトレイン乗り場に向かうが、乗り場が変更になっていた。
f0048936_19172236.jpg
f0048936_19173589.jpg

間が悪く、次のミニトレインまで30分以上あったので、徒歩で美女の谷へ向かうことにした。
大通りを渡り、やや登り坂の住宅地を抜けると、
こんな風景。


f0048936_19121413.jpg
f0048936_17473901.jpg
f0048936_17475093.jpg
f0048936_17491062.jpg

f0048936_17264198.jpg
f0048936_19235188.jpg
f0048936_19242489.jpg

Szépasszony-völgyに到着。
f0048936_19223918.jpg

f0048936_17270236.jpg
f0048936_19252637.jpg
f0048936_19254594.jpg



KÖDMÖN CSÁRDA EGER BORÉTTEREMでランチ。
f0048936_19191220.jpg

ランチのセットメニューにmeggy levesが入っていたので、これを注文してみた。
f0048936_17300298.jpg

セットメニュー。
サワーチェリースープ
f0048936_17323399.jpg
sajtos jércemell(チーズとチキン胸肉)
f0048936_17350244.jpg
Turo gomboc
f0048936_17351992.jpg


Legényfogó leves (tejfölös-kapros raguleves)
f0048936_17394252.jpg
カマンベールのブルーベリーソース (Rántott camambert erdei áfonyával, jázmin rizzsel)
f0048936_17402295.jpg

りんごジュースとカフェラテ。
f0048936_17435522.jpg
スープはおいしかったが、鶏肉は平凡だった。まあスリーコースで600~700円程度と値段も安いですから、こんなものでしょう。


昼食後、ワインセラーをふらふらと覘く。
ブダペストのワイン売り場で見たことがあるメーカーさんのワインセラーも複数ありましたが(Juhászとか、sikeとか、ostorosとか・・)、有名メーカーじゃないところで何か飲んでみよう、ということで、まずは45番のワインセラーへ。
f0048936_19411046.jpg

f0048936_18104670.jpg

f0048936_18094631.jpg


45番でmuskotályとMedinaをグラス1杯づつ注文。
f0048936_17522747.jpg
f0048936_17521760.jpg
のんびり飲む。
f0048936_18114084.jpg



28番の golen pinzeへ。
f0048936_18124841.jpg
f0048936_18170410.jpg
f0048936_18172069.jpg


Leánykaとkékfrankosを1杯づつ。
f0048936_18173901.jpg
f0048936_18173575.jpg
ここでものんびり。
f0048936_18181852.jpg
28番の男性店員さん、とても感じがよい方だった。店員さんっていうか、セラーをやっているメーカーの一族の方なのかもな、と思った。

セラーはこんな感じで並んでいます。
f0048936_18192205.jpg
ワイン、試飲させてもらうこともできます。
我々はアルコールにあまり強くないので、試飲なしでグラスで注文しました。飲み過ぎで帰れなくなってしまうとまずい・・。

どこかのセラーにあった鳥の巣。
f0048936_18350337.jpg

ひときわと鄙びた感じの7番のセラーに入ってみた。
f0048936_18403303.jpg
f0048936_18461325.jpg
やや高齢のおじさま1名が、先客の接客をしていた。
f0048936_18363833.jpg
Egri Bikaverを1杯頼んでみた。
たぶん、このセラーはスパークリングワインがメインなのかなとは思ったが、
(こんな看板↓などがあるので)
f0048936_18443566.jpg
f0048936_18445030.jpg

飲んでみたBikaverもなかなかよかったので、Bikaverを2L購入。
28番に再度行き、muskotalyを2購入。
地元のみなさんはペットボトル持参で店に行き、ペットボトルにワインをいれてもらっていましたが我々はお店が用意しているプラスチックボトルに入れてもらった。
f0048936_19070475.jpg

f0048936_19060665.jpg
車のタンクからワインを店内にポンプで移している光景を見た。
f0048936_19090856.jpg
f0048936_19095910.jpg
f0048936_19105031.jpg
灯油みたいだな。

セラーは、この公園をはさんで両脇に並んでいました。
f0048936_19262985.jpg
ミニトレインとすれ違った。
f0048936_19400951.jpg

エゲル市街へ徒歩で戻る。
f0048936_19280594.jpg
道中の風景。
f0048936_19175220.jpg




歩いてEgri Várへ向かった。

夕刻のEgri Vár。
f0048936_19472710.jpg
f0048936_19482632.jpg



f0048936_19462302.jpg



f0048936_19441760.jpg
f0048936_19500324.jpg
f0048936_23291268.jpg
f0048936_23300103.jpg
f0048936_23325091.jpg
f0048936_23311868.jpg
f0048936_23371056.jpg

バスでブダペストへ帰還。

Pizza kingでケバブのピタ サンドとファラフェルサンドを購入。
f0048936_23375850.jpg
f0048936_23375177.jpg



by saffy114 | 2018-05-08 23:40 | 旅行記 | Comments(0)
ブダペスト8日目(8/6 Sun)。
朝食。
f0048936_22294533.jpg



f0048936_22165118.jpg
f0048936_22164524.jpg

f0048936_22544060.jpg

f0048936_22525576.jpg
f0048936_22341428.jpg




Ráth György Museumは今年もまた休館だった。営業している時期はあるのかな?
f0048936_22274505.jpg
f0048936_22381950.jpg


HPを見てみたら、”The György Ráth Museum is currently closed for visitors.”と書かれていたので、当分閉館なのだろうか。

Hopp Ferenc Ázsiai Művészeti Múzeum(ホップ フェレンツ東洋美術館)に行った。
f0048936_22174721.jpg
f0048936_22182291.jpg
f0048936_22384485.jpg
f0048936_22433134.jpg


Nagas, Birds and Elephant: Traditional Dress from Mainland Southeast Asiaという、
東南アジアの服の展示をやっていた。


Dunapark Kávéház és Étteremで一休み。
 
Ice Coffee vanilia fagylalttal
f0048936_22393651.jpg

Házi Limonádé
f0048936_22395418.jpg

ケーキ3つ。
f0048936_22403978.jpg
f0048936_22405732.jpg
f0048936_22410725.jpg

ケーキを食べていたら、突然の雷雨! 
ものすごい雷と大雨。わりと近くに落雷したんじゃないかな的な雷鳴がしばらく轟いていた。
雨宿り目的と思われるお客さんが続々と入店してきた。
我々もしばらく雨宿りがてら長居。
店内というか軒先で、号令と共にジャンプしたりして体操している小学生男子グループがいた。
ハンガリーの小学生には号令に合わせて体操することができるタイプの人々もいるらしい。

雷が遠ざかり、雨が小降りになったので、
Kiskakukk éttermへ移動し夕食。

JuhászのRosé
f0048936_22555662.jpg
Juhász Egri Muscat Ottonel Félédes
f0048936_22560170.jpg


Tárkonyos vadraguleves
f0048936_22560727.jpg

Jókai Bableves csészében
f0048936_22563948.jpg

Tatár beefsteak
f0048936_22565218.jpg
Libamáj roston sült almakarikával, tokaji mártással  
f0048936_22570708.jpg

Tepsiben sült kacsa hagymás törtburgonyával és párolt káposztával(Pan-fried duck with crushed onion-potatoes and stewed cabbage)
f0048936_22571954.jpg
↑すごいボリュームだった・・・。



by saffy114 | 2018-04-08 23:04 | 旅行記 | Comments(0)
ブダペスト7日目(8/5 Sat)。
朝食。
前日に市場で買った蟠桃、ラズベリー、トマト、チーズ、パテ。サラミ類など。
f0048936_21005266.jpg
f0048936_21010070.jpg
f0048936_21010894.jpg
f0048936_21012161.jpg
f0048936_21001693.jpg

Kristály Cukrászdaで購入したケーキ。
f0048936_20510147.jpg
カジュアルなケーキ店では、このように紙で包んだ状態で手渡されます。

f0048936_20513001.jpg
包みを開けると、こんな感じでトレーにケーキが載せられています。

Tokaji borkrém henger
f0048936_20530103.jpg
トカイワインゼリーが載っているケーキ。ゼリー部分は日本のゼリーと比べるとかなり固いです。

Képviselő fánk
f0048936_20530584.jpg
切腹最中のシュークリーム版?


バス停で、not in serviceのバスを見かけたんだが、泣き顔の絵文字が電光掲示板に表示されていた。
f0048936_22101849.jpg


Apor Vilmos tér近くのPark vendéglőで昼食。
以前は違う名前のカフェだったんだが、経営者も変わったのか、店名だけ変わったのかは謎。
f0048936_21130290.jpg

店のインテリアは以前とあまり変化なし。

マンゴーレモネード
f0048936_21102780.jpg

キュウリとエルダーフラワーのレモネード
f0048936_21103153.jpg

Gyümölcsleves
f0048936_21110901.jpg
Napi zöldségkrémleves
f0048936_21124484.jpg


Harcsatepertő lilahagymával, friss házi kenyérrel
(Catfish cracklings with onion and home made bread)
f0048936_21153781.jpg

Rosé kacsamell meggyraguval, kecskesajtos burgonyapürével
(Rosé duck breast with cherry ragout and mashed potatoes with goat cheese)

f0048936_21161028.jpg
スープと鴨、おいしかったです。
あ、ナマズの皿も付け合わせの野菜が新鮮で、紫色の野菜のカラメル煮みたいなやつがおいしかったのですが、ナマズそのものはフツーに白身魚のフライという感じなんで日本にも似たようなのあるかな、という感じ。
住宅地にあるからでしょうか、家族連れが多かったです。子供が遊ぶコーナーが設置されていて、家族のいるテーブルとプレイコーナーを数分おきに行ったり来たりしているお子さんがいました。「ブラウン運動」という単語を連想しました。でも、ブラウン運動とはちょっと違いますね。店の中じゅう走り回っていればブラウン運動っぽいけど。

英雄広場へ行ってみた。
f0048936_21275026.jpg
f0048936_21281481.jpg
f0048936_21292561.jpg


現代美術館を見学。
f0048936_21280961.jpg
f0048936_21281948.jpg
工業デザインやら衣装やらの展示と、
珈琲カップの展示などがあった。

Ráday u.Mamo Gelatoで
Lime-Joghurt,eper cheesecake,crockanアイスを食べた。



Ezüst Ponty Vendéglőで夕食。
バスでこの店に行く場合、夜間ですとバス停から店まで人通りがほとんどなく街灯も乏しい道を歩くので、単独行動の場合は夕食でなく天気がいい日の昼食を狙ったほうがいいかも。木に囲まれた庭にテラス席が沢山あります。

Salánki Családi Borpince Nívegyvölgyi szelekció
Kékfrankos cuvée
f0048936_21432740.jpg

Rizling cuvée
f0048936_21433152.jpg
日本円だと1杯150円ぐらいのワイン。

Hideg gyümölcsleves(Blueberry)
f0048936_21434977.jpg
Tatárbeafsteak
写真撮り忘れた。

Alföldi gulyásleves

f0048936_21435421.jpg
Libamáj roston sütve sült alma talpon aranymazsolás tokaji mártásban
f0048936_21441830.jpg
f0048936_21441116.jpg
このファオグラと林檎の皿は、すごいボリュームでした。
グラーシュもかなりのボリューム。

この店もなかなかおいしかったです。maraga bistroやBockやvadrozsaとは別路線で、いわゆる「伝統的」な料理を出す店ですね。



行きとは別ルートでバスでホテルまで帰る。






by saffy114 | 2018-03-28 22:11 | 旅行記 | Comments(0)
ブダペスト6日目(8/4)。
朝食。
f0048936_17450734.jpg
f0048936_17452549.jpg
この日も猛暑。
Kéhli Vendéglőでお昼ご飯を食べようかということで出かけたんだが、
f0048936_17444561.jpg
改装中で休業だった。
Fő térのあたりまで行けば何か食べられる店があるだろう、ということでFő térまで歩き、napi menuの黒板が出ていたÚj Sipos Halászkertに入店。
f0048936_17542942.jpg
が、店員にnapi menuを注文したら、もう品切れと言われた。まだ13時半過ぎぐらいだったんだけどな。
本当に品切れだったのか、観光客にはnapi menuは注文させない店なのかは不明(時々、そういう店があるようです)。

Bodza szorp
f0048936_17574844.jpg
Eperkremleves(苺クリームスープ)
f0048936_17584191.jpg
Sajtkremleves(チーズクリームスープ) 
f0048936_17582887.jpg
sipos batyu(grilled chicken filled with cheese,ham and mushroom served with Roquefort sauce)
f0048936_17591958.jpg
う~む、味は平凡であった。

この店の向かい側に3区の区役所があるのだが、区役所の前に結婚式か結婚の登記だかに来ているらしいドレスアップした人々が見えた。めでたいですね。
私らの少し後で入店した男女二人組も、服装から推測するに、結婚式か結婚の登記に参列するためにこのあたりに来ていて、時間つぶしに店でお茶飲んでいると思われた。

Alleeショッピングモールに隣接した市場があるらしいがまだ行ったことがなかったので行ってみようということで、 Fehérvári úti Vásárcsarnokに向かう。午後15時半~16時の間ぐらいに到着したが、まだ営業していた。
レヘル市場同様、ここにも毒キノコ鑑定士さんがいるらしい。
キノコの模型が展示されていた。
f0048936_18223884.jpg
f0048936_18224409.jpg


f0048936_18225322.jpg




市場の3階に小さな飲食店が軒を並べていた。そのうちの一軒でスイカスープを注文。380Ft。
f0048936_18205281.jpg
おいしかったです。昼食の苺スープよりこっちのほうがおいしかったな。
塩気も効いていたが、この日は猛暑だったのでちょうどよかった。
f0048936_18235748.jpg
↑の水色っぽい看板の店でした。スープだけでなく、いろいろな揚げ物などの総菜を販売していた。
英語が堪能な男性店員さんがいたんだが、わざわざ「使ってしまいたい小銭があったら、使って。」と言ってくれた。気が利く人もいるんですね。私らはまだまだブダペスト滞在予定だったんで、べつに小銭を使い切る必要はなかったんだが、滞在最終日とかだったらこういう申し出はありがたいですよね。

市場で果物とトマトを購入。

隣のAlleeショッピングモールに移動し、見学&モール内で涼む。
映画館の前にいる人たちが手にしているポップコーンの入れ物が巨大でびっくり。バケツぐらいの大きさの入れ物にポップコーンが入ってる・・・。
カップル数組がこのバケツを持っていたが、みなさん、上映終了までに食べきるのかなあ??

Kristály Cukrászdaに立ち寄り、
f0048936_18512869.jpg
Tokaji borkrém henger、シュークリーム(Képviselő fánk)、Rákóczi túrótortaを購入。

ランニング中らしい英語圏のおじさんが、店員さんに「ここはどこだ?ハードロックカフェに行きたいんだが、どう行けばいいか?ホテルがハードロックカフェの隣なんだ。」と英語で尋ねていて、若い女子店員さんたちは「わからない。」と答えていた。おっさんは「地図はあるか?」と店員さんに尋ねたが、店員さんは「ない。」と返答していた。そりゃそうだな、ケーキ屋さんであって観光案内所じゃないもんな。
おっさん、困ったな~的な表情をしてたので、一応声をかけて、店の前の通りを走るトラムでオクタゴンまで行って黄色い地下鉄1号線でデアーク広場か終点のVörösmartyまで行けば近くまで行くと思うぞ、と教えたんだが、「自分は走って行きたい。」とおじさんは言うのであった。だったらスマホか地図を持ってランニングに出ればいいのでは、とは思ったが、
店の前の道をまっすぐ行って地下鉄のブラハ・ルイザ駅のところで交差する大通りを左折してそのまま行けば川にぶつかる、たしかハードロックカフェはそのちょっと北側のエリアにあったと思うぞ的なことだけ言っておいた。
おじさんは元気にまた走り出していた。無事に着いたんだろうか?

Marga bisztróで夕食。
N.A.G. Betsek Hárslevelű とIKON Királyok 1199。
f0048936_19130600.jpg
アミューズ。
f0048936_19120749.jpg
f0048936_19122456.jpg
HIDEG GÖRÖGDINNYE-UBORKALEVES PARADICSOMMAL ÉS HAGYMÁVAL
f0048936_19132904.jpg
HALLEVES BŐRÉN SÜLT CSUKÁVAL ÉS SZEZONÁLIS ZÖLDSÉGEKKEL
f0048936_19134034.jpg
FÜRJ ÉS KACSAMÁJ SPENÓTTAL, RÓKAGOMBÁVAL ÉS SÁRGARÉPÁVAL
f0048936_19135039.jpg
サービスのチョコレート。
この店、おいしかったです。
が、我々ともう一組しか店内に客がいなかった・・・。
バラトン湖のほうにある有名店がブダペストに出店した店らしいですが、どうやらブダペスト支店はすでに閉業したようです。
この店がある(あった)Király通りのあたりは若い人が多いエリアでハンバーガー屋とかもっと手頃な値段の価格帯の店が多いんですよね。ちょっと出店場所選びを間違えちゃった感じなのかな・・・。





by saffy114 | 2018-03-27 19:37 | 旅行記 | Comments(0)
ブダペスト5日目(8/3)。
朝食。
サラミとチーズと・・
f0048936_17140063.jpg
f0048936_17143520.jpg
f0048936_17142396.jpg

callas cafeのレモンチーズケーキとドボシュトルテ。

この日も猛暑だったが、センテンドレへ行ってみようかなということでHEVのマルギット ヒッド駅へ。
切符を購入しようとしたんだが、クレカしか使えない機械はカードを読んでくれない。外国発行のカードだからという訳でもないようで、ハンガリー語を話している人々のカードも使えなかったので、機械が故障していたようだ。
なので、コインが使える切符自販機に移動したんだが、我々の前に購入しようとしていた自転車持参のカップルが購入に時間がかかっている。驚いた顔で二人で顔を見合わせてから、切符やコイン返却口を一生懸命探っているので、ありゃ、コイン式の機械もダメなのかな、一つ前のバッチャーニ・テールのHEVの駅まで行ったほうがいいのかね、などと話していたら、カップルの女の子のほうが英語で「あなたたち、切符代ちょうどのお金ある?私らが切符買おうとしたら、おつりがでてこなくて。コイン返却口にガムテープがついてたの!ちょっと前にへんな感じの男たちがこの機械のところにいたから、あの人たちがやったのかなと思ってる。わたしがガムテープはがして自分のおつりも取り返したけど、ぴったりのお金を入れたほうがいいと思う。」と注意してくれた。
そういう手口の少額狙いの泥棒もいるんですね~。
女の子にお礼を言って、切符代ぴったりの額を投入。切符は無事購入できた。
f0048936_17322125.jpg


我々はSeven-day Budapest-travelcard(Budapest-hetijegy)を持っていたので、békásmegyer~センテンドレの切符を購入。

HEVにて、センテンドレに向かう。やってきた電車がブダペストの北端のbékásmegyer駅止まりだったので、同駅で下車。
センテンドレ行の電車が来るまで20分くらいあったので、békásmegyer駅の外に出てみた。高島平っぽい感じで、アパートが沢山あった。駅の近くに団地の商店街みたいなのがあったが、どうも付近一帯のリノベーション進行中らしく、営業している店舗もあるが、工事中の区域もあった。貼ってあったポスターとかの文面とグーグルの画像から推測するに、どうやら駅チカにあった市場Piacを潰したばかりで、いずれショッピングモール的な複合施設を建設予定らしい。

békásmegyer駅からの眺めとHEV。
f0048936_17165534.jpg
f0048936_17161340.jpg
センテンドレに到着。
駅から町の中心部へ歩く。
f0048936_17471882.jpg
f0048936_17482487.jpg
f0048936_17473643.jpg
f0048936_17472379.jpg
f0048936_17485436.jpg
f0048936_18042028.jpg

Mjamという店でランチ。
黒板にメニューが書いてあった。
f0048936_17551625.jpg
f0048936_17551161.jpg
ワインリストの一部。
f0048936_17555699.jpg
生姜レモネード
f0048936_17544211.jpg
RÁSPI Tündér(Sopron)
f0048936_17545471.jpg

スイカとトマトのガスパチョ
f0048936_17553034.jpg
カリブ風海の幸スープ
f0048936_17553448.jpg
鴨とかぼちゃソース
f0048936_17553919.jpg
このお店、おいしかったし雰囲気もいいです。

猛暑の中、町内散歩。
f0048936_18040397.jpg

センテンドレ、有名なランゴーシュ店がありますが、残念ながらこの日は休業でした。
f0048936_18032031.jpg
f0048936_18040732.jpg
f0048936_18042426.jpg
f0048936_18042716.jpg
f0048936_18043270.jpg

丘を登って、美術館(Czóbel Béla Múzeum)を見学。
http://www.muzeumicentrum.hu/en/czobel-museum/

丘の上の、Saint János Roman Catholic Parish Church( Keresztelő Szent János katolikus plébániatemplom)というカトリックの教会の中を見学。

Belgrád-templomとSzerb Egyházi Múzeumはクローズ中だった。お葬式をまさに執り行っている最中のようだったので、たぶんそのためでしょう。

丘を下って、ドナウ川方面に向かって歩く。このあたりで、やっと(?)日本からのツアーの方々と遭遇。

f0048936_18060940.jpg
Margareta czukrasdaでアイスを食べる。フレーバーは「森のフルーツ」と「柘榴ヨーグルト」。
f0048936_18273006.jpg
おいしかったです。

ドナウ川べりでしばらくぼけ~っと過ごす。
f0048936_18291841.jpg


駅へ向かう。
Fő térのFrutta barという店でマンゴーレモネードを購入。

HEVにてブダペストへ。

by saffy114 | 2018-03-21 18:38 | 旅行記 | Comments(0)

ブダペスト4日目(8/2)。

朝食。

hamdi cukrászdaのレモンヨーグルトケーキと森のフルーツケーキ的な名前のケーキ。
f0048936_18124770.jpg
f0048936_18120872.jpg
f0048936_18130643.jpg
梨のコンポート。
f0048936_18131278.jpg
ドイツ語圏製品らしきプリン。
f0048936_18131609.jpg
f0048936_18132098.jpg
ヨーグルト。

f0048936_18251704.jpg
柘榴味のケフィアドリンク。
f0048936_18252563.jpg
milkaのチョコパイ。
f0048936_18253267.jpg

Museum of Ethnography(Néprajzi Múzeum)へ。
f0048936_18330785.jpg
f0048936_18331724.jpg

f0048936_18332443.jpg
f0048936_18334211.jpg
f0048936_18334897.jpg
f0048936_18335754.jpg
f0048936_18340287.jpg
f0048936_18341145.jpg
f0048936_18341551.jpg
「靴とブーツ特集」的な企画展をやっていた。
f0048936_18342269.jpg
ハンガリーの各時代の履物、世界のいろいろな地域の履物が展示されていた。けっこう充実した展示だった。
日本の草履や下駄なども展示されていた。

バスでブダ方面へ。
Vendéglő a KisBíróhoz(Bok buda)で夕食。
生姜レモネードとBock Fanni gyöngyöző rosé
f0048936_18394346.jpg






f0048936_18394930.jpg

f0048936_18402102.jpg

f0048936_18401690.jpg

Bélszín-carpaccio uborka-dinnyesalátával, mozzarellával

テンダーロインカルパッチョ、スイカとキュウリ、モッツァレラ)

f0048936_18402687.jpg

Hideg kovászos uborkaleves véres hurkás brióssal
 Cold soured cucumber soup ブリオッシュ添え
f0048936_18403015.jpg
サービスのアミューズ。
f0048936_18410500.jpg




Gőzölt tőkehal zöldalmával és uborkával (蒸しダラの青リンゴときゅうりソース
f0048936_18485787.jpg
f0048936_18490548.jpg

この店もお客さんは少なかった。
19時半ぐらいからぼちぼち来店しはじめたけど、店内は3/4ぐらい空席。
おいしいし、ウェイターさんも感じがよいんだけどな。
ブダにあるから、観光客があまり来てくれないのかな~。
ペスト側のBockはいつも客入りが良いみたいだけど。


Művész Kávéházでケーキ買って帰ろうかと考えてアンドラーシ通りまでバスで行ったが、21時前だけどすでに閉店していた。あらら。
で、向い側のcallas cafeでレモンチーズケーキとドボシュトルテを購入。callas cafeは日本と同じような感じでケーキを箱に入れてくれます。

by saffy114 | 2018-03-14 19:05 | 旅行記 | Comments(0)