人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:Россия( 9 )

土曜日(9/10)。
朝食。
f0048936_23291656.jpg
f0048936_23292360.jpg



ホテルの窓の外の風景。
f0048936_2330233.jpg

f0048936_23302941.jpg
f0048936_23303739.jpg
f0048936_23304582.jpg


窓の外を見ると、前夜見た道路清掃車が歩道を走っていた。
f0048936_23311925.jpg


f0048936_23313152.jpg
f0048936_23313941.jpg
f0048936_23314543.jpg
f0048936_23315843.jpg
f0048936_233282.jpg
f0048936_23321960.jpg
f0048936_23323236.jpg



働く自動車シリーズ。
f0048936_2333163.jpg
f0048936_23331297.jpg
f0048936_23332115.jpg
f0048936_23332891.jpg
f0048936_2333373.jpg



タクシーで空港に向かう。
空港に向かう道中で急に渋滞。もしや事故渋滞かなあと思ってyandexの交通アプリで確認したら、やはり事故。しかも2か所だ。
早めにホテルを出ているので、まあフライトに乗り遅れることはないだろうとは思ったが、ちょっと焦る。
運転手さんは、ちょっと車が入れそうな隙間ができるとどんどん隙間に突っ込んでいく。アグレッシブなスタイルの運転であった。
渋滞で進まない時、隣の車線の車に大型犬がいて、窓から首を出してこっちをじいっと見ていた。私らのタクシーの運転手さん、犬好きのお方だったようで、犬に気付き犬に向かってなにか声をかけたら、犬にワン!!と吠えられてしまった。

フライトには間に合ったけれど、ペテルブルグは事故渋滞が発生すると大変だということを学習した。市内~空港の交通手段が道路だけ、かつ複数のルートがないので、空港へ向かう道路で事故があるとどうしようもない。

ペテルブルグのプルコヴォ空港を利用するときは、特に時間に余裕をもって早めに出発しましょう。あと、当日は道路状況・渋滞状況を早めに確認したほうがよさそうですね。
by saffy114 | 2017-06-27 15:48 | Россия | Comments(0)
金曜日。
f0048936_20523821.jpg
f0048936_20525569.jpg


今後、またペテルブルグにミュージカルを見に来る可能性を考え、「オネーギン」や「巨匠とマルガリータ」などが上演される<МЮЗИК-ХОЛЛ>をチェックしに行く。
Горьковскаяで地下鉄を下車。
なんだか、ムスリムらしき人が多いなあと思ったら、近くにモスクがあった。
f0048936_20533712.jpg

Санкт-Петербургская соборная мечетьですね。
とても綺麗な建物だった。
f0048936_17143235.jpg


軍人さんが数人、駅~モスクのあたりで警備していた。たしか、この翌々日あたりが犠牲祭Eid ul-Adhaだったようなので、それで警備が出ていたのかな?

Kronverkskiy prospektを歩いてМЮЗИК-ХОЛЛへ。

f0048936_2054766.jpg
f0048936_20542292.jpg
f0048936_1714507.jpg


これで行き方はわかったぞ。

ПЕТРОПАВЛОВСКАЯ КРЕПОСТЬ(Peter and Paul Fortress)へ。
f0048936_20544497.jpg
f0048936_20545188.jpg
f0048936_20545814.jpg

f0048936_23101946.jpg


ウサギたち。
f0048936_23103132.jpg

Петропавловский собор。
f0048936_2311861.jpg
f0048936_23112018.jpg
f0048936_23112855.jpg
f0048936_23113993.jpg

f0048936_1720246.jpg


f0048936_17194087.jpg



Commandant's House of Peter and Paul Fortress のHistory of St Petersburg – Petrograd. 1703 – 1918という展示もなかなか面白かった。
Trubetskoy Bastion Prisonも見学したが、こちらはソ連の歴史とか歴史に登場する人物に詳しくないと、ソ連の刑務所はこんな作りだったのね・・・で終わってしまうかな。ソ連の歴史に詳しい方なら、あの人がこの独房にいたんだ~という感慨があるかもしれない。

Peter and Paul Fortressを出て、Kronverkskiy mostを渡ってバス停に向かうところで、
結婚写真の撮影に遭遇。
f0048936_23122834.jpg
f0048936_23123868.jpg
f0048936_23124841.jpg


Peter and Paul Fortress周辺の風景。
f0048936_23131219.jpg

f0048936_23132271.jpg


ул. Большая КонюшеннаяにあるПышечная(プイシュキ屋)へ。
猫がいた!
f0048936_23161688.jpg
f0048936_23165424.jpg

このドーナツ屋さんは1958年から営業しているらしい。
f0048936_2317638.jpg

人気店のようで、カウンターの前に行列が出来ていた。
店内に猫が入ってきた。
f0048936_23172983.jpg

プイシュキとコーヒー(甘いです。кофе со сгущёнкойというものらしいが、注文時はкофеと言えばよし)とカウンターにあったフルーツジュースらしき飲み物。
f0048936_23174757.jpg

f0048936_23175674.jpg

ドーナツはクラシックな手づくりおやつ風で、砂糖が<がっつり>かかっています。コーヒーも甘い!お手頃価格なので、甘いものが好きな人にはお勧め。

ペテルブルグの観光地エリアの道路、観光ツアーの宣伝などが路上にプリントされていた。面白い宣伝方法だな。
f0048936_23204880.jpg

↑写真、なんだか妙な撮影方法になってしまっている・・。

ДЛТ(Torgovy Dom DLT TsUM Sankt-Peterburg)というデパートをちょっと覗く。
日本のデパートと比べると、値段の高いものだらけだな。ヘンリ・ベンデルとかハーベイ・ニコルズとか以上に富裕層向けに特化している感じ。


Спас на Крови(血の上の救世主教会)。
f0048936_23194322.jpg

f0048936_23434730.jpg

f0048936_234404.jpg
f0048936_23441321.jpg
f0048936_23442457.jpg
f0048936_23444175.jpg
f0048936_2345081.jpg
f0048936_234595.jpg
f0048936_2345177.jpg
f0048936_23452540.jpg
f0048936_234535100.jpg
f0048936_17153489.jpg

f0048936_17154382.jpg

f0048936_17155178.jpg

f0048936_17185679.jpg


Михайловский садという公園の中。
f0048936_23454431.jpg


Пассажをぶらぶら見学。

Сенная Площадь近くのスーパー(Супермаркет Перекрёсток)で買い物。
クノールのスープとか、定番アリョンカちゃんチョコレート、その他チョコ、フルーツゼリー的なお菓子などを購入。

Владимирская駅の周辺を散歩。



Чернышевская駅付近で夕食。
Нож справа, вилка слеваという店。Demetra Art Hotelの中にあります。
f0048936_23471122.jpg
f0048936_23473165.jpg


f0048936_23474243.jpg
f0048936_2348938.jpg
f0048936_23481882.jpg
f0048936_23482671.jpg
f0048936_23483666.jpg


フロアのスタッフは2名、入り口の受付に1名で、客の数に対してスタッフが少ない感じ。
私らのテーブルの担当だったギャル風(ロシアにもいらっしゃるんですね~)の若いウェイトレスさんが、英語を駆使して隣の席の英語圏の老夫婦にまめに対応したりしていて、フル稼働状態ですごく頑張っていた。ロシア、共産主義時代は遠くになりにけり、なのかな~。
フロアのスタッフは頑張っていたけど、料理の味はイマイチだった。


スーパーで買ったアプリコット味の飲むヨーグルト。
f0048936_17173778.jpg

by saffy114 | 2017-06-26 17:04 | Россия | Comments(0)
木曜日。
朝食。
f0048936_19392489.jpg

食事中、窓の外を見たら・・・
f0048936_1940877.jpg

ОМОНの車両が通った!!!
f0048936_19411433.jpg

泣く子も黙るとか言われているらしいOMOHを生で見かけた~。幸運だ(?)。

船でペテルゴフへ。
f0048936_1155551.jpg

f0048936_1156476.jpg

f0048936_11561372.jpg


この船の中で、やっと他の日本人観光客に遭遇。それまで全然日本人観光客を見かけなかったのだ・・。
f0048936_1157832.jpg


f0048936_22424974.jpg

f0048936_11572074.jpg


f0048936_2243726.jpg
f0048936_22433124.jpg
f0048936_22435045.jpg
f0048936_224417.jpg


一番の名所の階段のところでは、ソ連映画を記念したイベントの設営が進行中だった。
"Советский Голливуд(The Soviet Hollywood)"いうイベントだったようだ。
http://peterhofmuseum.ru/news/2016/714
http://domboutiquehotel.com/en/news/peterhof-fontan

マイクテストが大音量で、やかましい。
f0048936_22441516.jpg

CCCPの旗がはためいていた。
f0048936_22442458.jpg
f0048936_22443414.jpg

そのうち、音楽を流しながら俳優さん?モデルさん?のウォーキングのリハーサルが始まった。
f0048936_22444860.jpg

舞台監督さんが指示を出す声がデカい。マイクの音量下げて~~。
まあ、面白かったけども。

煩いなあという感じでリハーサルを見ていた造園作業をしていた作業員の男性たちの一人が、音楽に合わせてやっけぱちな感じでシャベルを持ったまま踊っていた。

f0048936_22521112.jpg

f0048936_036288.jpg

f0048936_0361250.jpg
f0048936_036363.jpg



f0048936_0354779.jpg

f0048936_22523070.jpg
f0048936_22523777.jpg
f0048936_22525732.jpg
f0048936_22531128.jpg

f0048936_22533140.jpg

f0048936_22533973.jpg
f0048936_22535048.jpg
f0048936_2254728.jpg

f0048936_22542859.jpg

f0048936_22544419.jpg
f0048936_22545849.jpg
f0048936_2255616.jpg
f0048936_22551582.jpg



ペテルゴフの敷地の中のShtandartというレストランで遅い昼食。
f0048936_2336913.jpg
f0048936_2336191.jpg
f0048936_23362938.jpg
f0048936_23363992.jpg
f0048936_23364888.jpg

場所柄、味には正直全く期待していなかったんだが、予想外においしかった。
担当の若いウェイターさん、英語が出来て感じが良くてなかなか2枚目なのに・・・・かなりドジっ子のようで、何回もナイフやらスプーンやらを落っことしていた。あのお兄さん、ウェイターのお仕事を続けているかしら・・・。

Shtandartの近くで、猫に遭遇!
人慣れしているのか、にゃ~とか言いながら近寄ってきた。観光客が餌をくれるのを期待しているのかな?
f0048936_2344233.jpg
f0048936_23443183.jpg
f0048936_2344407.jpg
f0048936_23444855.jpg
f0048936_2345125.jpg

f0048936_0175026.jpg

f0048936_0303863.jpg


f0048936_018195.jpg
f0048936_0181848.jpg
f0048936_0183682.jpg
f0048936_0184929.jpg
f0048936_0191031.jpg
f0048936_0192545.jpg
f0048936_01941100.jpg
f0048936_039483.jpg

f0048936_0392711.jpg


ペテルゴフより市内へ船で帰る。
f0048936_0401562.jpg

f0048936_0402520.jpg


ホテルでチェックイン時にウェルカムドリンクのクーポンをもらっていたので、ホテルのレストランでウォッカを飲む。
f0048936_023987.jpg

すごくおいしかったので、スタッフにどこのメーカーのものなのか尋ねたら、
自家製のさくらんぼウォッカとのことだった。

Венеция(Venezia)というカフェで夕食替わりにアイスとケーキを食べる。
f0048936_0231950.jpg
f0048936_0232843.jpg
f0048936_0234038.jpg
f0048936_023528.jpg
f0048936_024092.jpg
f0048936_0242018.jpg



道路清掃車に遭遇。
f0048936_0254397.jpg

by saffy114 | 2017-06-24 01:44 | Россия | Comments(0)
水曜日。
朝食。
f0048936_12483043.jpg
f0048936_1248423.jpg
f0048936_124852100.jpg


バスでДворец Меншикова(The Menshikov Palace)に行く。
ネフスキー通りからUniversitetという停留所までバスに乗ったのだが、遠足らしき小学生の団体がいてバスは大混雑。下車後、スリに夫の鞄の中を探られた形跡あり。幸い貴重品は持ち歩いておらず、何も盗られなかったが、混むバスはスリに注意が必要ですね。

メンシコフ宮殿近くの風景。
f0048936_12575012.jpg

Universitetという停留所の名前の通り、大学が近くにあったようで、学生さんらしき若い人が沢山この停留所で下車した。
メンシコフ宮殿。
f0048936_12575710.jpg

エルミタージュとのコンビチケットを買おうかと思っていたんだが、あいにくコンビチケットは窓口のみで販売だが窓口は係員不在で1時間ぐらいしたら戻る的なことが書いてある・・・。ので、自販機でメンシコフ宮殿のみのチケット購入。
f0048936_132065.jpg

f0048936_1321165.jpg

f0048936_139482.jpg


メンシコフ宮殿の近所の風景。
f0048936_1395514.jpg
f0048936_1310312.jpg
f0048936_13101633.jpg
f0048936_13102616.jpg


«Штолле»で昼食。Невский пр. д.11の店舗。
f0048936_1313283.jpg

f0048936_13131563.jpg
f0048936_13132440.jpg


シュトーレのメニュー表。
f0048936_13134637.jpg
f0048936_13135540.jpg
f0048936_1314527.jpg

ここも、スープが美味しかった。
避難経路の説明図があった。
f0048936_13133695.jpg

ロシア、消防の検査はしっかりある、ということかな。

エルミタージュ美術館へ。
f0048936_18392847.jpg

f0048936_18393968.jpg

f0048936_1651870.jpg
f0048936_16575910.jpg
f0048936_16584449.jpg
f0048936_16585310.jpg
f0048936_1659240.jpg
f0048936_1659940.jpg
f0048936_16591858.jpg
f0048936_16592697.jpg
f0048936_16593522.jpg
f0048936_16594583.jpg
f0048936_16595897.jpg
f0048936_1701040.jpg
f0048936_1702387.jpg
f0048936_1703422.jpg
f0048936_1704261.jpg
f0048936_1705135.jpg
f0048936_1714529.jpg
f0048936_1715527.jpg
f0048936_172413.jpg
f0048936_1721330.jpg
f0048936_1722241.jpg
f0048936_1723081.jpg

f0048936_18385352.jpg



Georgian'sというグルジア料理の店で夕食。
f0048936_174315.jpg
f0048936_1741245.jpg
f0048936_1742035.jpg
f0048936_174303.jpg
f0048936_1744399.jpg
f0048936_1745142.jpg
f0048936_1745981.jpg



ハチャプリとワインはおいしかったけど、前菜は平凡、肉はイマイチだったかな。
f0048936_18385912.jpg
f0048936_1839669.jpg

by saffy114 | 2017-06-23 18:28 | Россия | Comments(0)
火曜日。
朝食。
f0048936_1965253.jpg

f0048936_197199.jpg


夫が高熱を出して体調不良。

私はСтокманнに行き、デパート見学しつつ、デパ地下の食料品売り場でちょっと買出し。

Площадь Восстания駅の近くのピローグ屋、Пирожковаяで昼食。
f0048936_199979.jpg

ピローグ以上にスープがおいしかった。


体調不良の夫は観劇を断念。私は«Бал вампиров»を見に
Санкт-Петербургский государственный театр музыкальной комедииへ。
f0048936_23132838.jpg

初ロシア・ミュージカル観劇!

ロシアの舞台、レベル高かったです。
musicalcomedy theater の中はこんな感じ。
f0048936_19301366.jpg

f0048936_193030100.jpg


劇場所属の役者さんの写真かな?
f0048936_19311248.jpg


劇場の座席表が壁に貼ってありました。
f0048936_19314070.jpg
f0048936_19315147.jpg



観劇後、Владимирский Пассажの中のスーパーで、消化がよさそうなものetc買い出し。
買い物後、あれ、出口方向はどっちかなとちょっときょろきょろしていたら、おじさんが出口はこっちだぞという感じで指差して教えてくれた。Выходという単語が聞こえたから、たぶんそうだろう。プラス、なぜかドイツ語も併用して教えてくれたようだ。
by saffy114 | 2017-06-19 22:47 | Россия | Comments(0)
2日目(9/5)。
ホテルで朝食。野菜、果物やハム・チーズ、ブリヌイ、Сырники、каша、ヨーグルトなどのビュッフェ+4種類ぐらいの温かい皿から1つ選択、という形式。russian breakfastというのを選択したら、こんな感じだった。
f0048936_18495914.jpg

ブリヌイやкашаも食べてみた。
f0048936_1850383.jpg

洋梨のカットの仕方が日本とは違うのが面白かった。
f0048936_18505343.jpg



Русский музей(ロシア美術館)へ。
f0048936_1853275.jpg
f0048936_18533688.jpg


明治期の日本を描いた絵が数点あった。
ロシアの画家が日光で描いたとかいう絵があったと記憶している。
f0048936_18545718.jpg
f0048936_1855430.jpg


子供のころ図鑑かなにかで見た、ボルガの船曳だ!
f0048936_18552949.jpg

本物を見ることができる日が来るとは・・。

SADOKOとかいうロシアの民話がテーマの絵だったと記憶。
f0048936_1932467.jpg


帝政ロシアのころのなんかの会議の絵だったと記憶。当時の偉い人が満載の絵らしい。
f0048936_1933377.jpg
f0048936_12314917.jpg
f0048936_1232865.jpg


シャリアピンステーキの由来のオペラ歌手シャリアピン氏が演じる雷帝、だったかな。
f0048936_1934119.jpg

美術館の建物はこんな感じ。
f0048936_1935040.jpg
f0048936_1935860.jpg
f0048936_1947100.jpg


カザン聖堂の川を挟んだ反対側にあるПироговый дворикで昼食。
ПИРОГ ОВОЩНОЙ С БАКЛАЖАНАМИとПИРОГ "КАРЕЛЬСКИЕ ЯГОДЫ"
f0048936_1981229.jpg

БОРЩ "БАБУШКИН"
f0048936_1982584.jpg

СУП-ПЮРЕ ИЗ ШПИНАТА С СЫРОМ ФЕТАというのも食べたんだが、写真撮り忘れたな。

РОГАЛИК С МАКОМ
f0048936_1983917.jpg

САЛАТ "СВЕКОЛЬНЫЙ"
f0048936_19103020.jpg

英語で言うとfruit rainbow smoothieっていう感じの商品名だったカラフルなスムージー。СМУЗИ "ФРУКТОВАЯ РАДУГА"ですな。
f0048936_19104224.jpg


この店は、こんな感じでピローグやサラダがケースに並んでいるので
f0048936_19124158.jpg
f0048936_19125292.jpg

f0048936_19143687.jpg

f0048936_19151280.jpg

外国人も利用しやすいと思う。
ドリンクやスープ類はメニュー表を見て注文するしかないのだが、キリル文字がわからなかったら、店のHPに写真入りメニューが出ているので、それを利用すればロシア語さっぱりわからなくても大丈夫なんじゃないかな。


Казанский кафедральный соборカザン聖堂へ。
f0048936_19427100.jpg

聖堂前の広場で、ちょうど車がレッカー移動されかけているところだった。
f0048936_19422072.jpg
f0048936_194234100.jpg

ロシアのパトカーも見ることができた。いいものをみた。

聖堂の中。
f0048936_19425128.jpg


向かい側の書店、Дом книгиに行く。
「ドクトル・ジバゴ」や「罪と罰」の激安本が販売されていたので、買ってしまった。ロシア語だが・・。読めるようになる日は来るのか?
この書店は建物が素敵でした。
1階にキディランド的な感じの文具売り場があった。ロシアは、サンリオ的なかわいらしい系のキャラクター商品がけっこう販売されているようです。日本で売られているような、かわいらしい系・ちょっと面白い系のノートなどの文具が沢山あった。

地下鉄の駅に、翌日見る予定の「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のポスターがあった。
f0048936_231139.jpg

f0048936_2314720.jpg



夕食。モスクワ駅の脇のГАЛЕРЕЯ(Galeria)というショッピングモールの中の、БАКЛАЖАН(BAKLAZHAN)という店。ginza projectとかいう、飲食店の大チェーンらしきグループが運営しているらしい。日本語だと「茄子」という店名ということだな・・。
f0048936_15223218.jpg

f0048936_1523165.jpg

f0048936_15233668.jpg
f0048936_15235952.jpg
f0048936_15241899.jpg
f0048936_15283188.jpg


グルジアとかアゼルバイジャンとか、そっち方面の料理が多い店。
中東料理好きとしては大いに期待したんだが・・・味は平凡だったかな・・。
選んだメニューがいけなかったのかもしれんが。
誕生日祝いでいらしているらしい家族連れが近くの席にいらしたんだが、ティーンエイジャーっぽい娘さんが途中から明らかに「退屈しちゃったわたし飽きちゃったわ」的な態度を取っていて、思春期のお子さんがいるご家庭はロシアでも大変そうですなと思った。

ときに、Ginza projectのギンザは日本語の銀座と関係あるのか?ないのか?

ГАЛЕРЕЯの洗面所で、ロシア人女子が「洗面台の液体せっけんがどの洗面台もからっぽになっているから、石鹸で手を洗えない。」という警告を、実演とボディランゲージで全力で伝えてきた。ありがとう・・・。そこまで頑張って外人観光客に伝えてくれなくてもそんなに問題ない気もしたが・・。
by saffy114 | 2017-06-17 15:48 | Россия | Comments(0)
2016年9月の«Бал вампиров»観劇の為のサンクトペテルブルグ旅行の記録。
(ずいぶん時間が経過してしまったので、適当かも)。

9月4日(日)、JALでモスクワのドモジェドボ空港へ→S7に乗継でПетерのプルコヴォ空港へ。
ドモジェドボ空港は、前回の旅行で通過したシェレメチェボ空港より、職員さんたちがややくだけた態度だったような気がする。でも、ドモジェドボ空港でも、パスポートとか書類は日本の空港以上にしっかりと職員さんが目を通していた様子。パスポートの顔写真と実際の顔も真面目に見比べていたようだ(フランスの空港の職員さんと対照的な勤務態度です)。

空港のロビーで見かけた、ちょっとユニークな自販機。
f0048936_15145528.jpg

生絞りオレンジジュースの自販機なんですね。生のオレンジが自販機の中に入っていて、お金を入れると生の果物がその場で圧搾されるという・・・。私はこんな自販機は初めて見たんだが、ロシア以外にもこの自販機は存在するのかな?

S7航空、ロシアの国内線なのでなにかおそロシア的なことが起きるかな~とどきどきしていたが、至って普通であった。
19:30ごろにペテルブルグ到着。
公共交通でホテルまで行こう、ということで、バスに乗車。
チケットの刻印必要なのかな~、不要なのかな~と乗車後に日本語で話していたら、会話内容を察知したらしきロシア人のお兄さんが刻印が必要だと英語で教えてくれた。
ええと、この時だけでなく、ロシアの方々(ペテルブルグの方々?)はわりと気楽に他人に声をかける傾向があるようでした。
地下鉄2号線のモスコフスカヤ駅までバスで行き、そこで地下鉄に乗り換えるつもりだったんだが、地下鉄の入口を見たら、階段だけでバリアフリーじゃない・・。スーツケース持って階段降りるのは面倒だな~と思い、バスでホテルまで行けないかな、と検索すると、ちょうどホテル近くまで行く路線バスがあり、便数も少なくないようなので、路線バスに挑戦。
これ、結果的に大正解で、ソ連!!という感じのデカい建物が多い大通りを通っていく路線だったので、観光バス気分でおもしろかった。

ホテルからの眺め。
f0048936_15356100.jpg




ネフスキー通りの、Мама на дачеという店で遅い夕食。
f0048936_1540222.jpg

f0048936_1540108.jpg

ボルシチは美味しかったですよ!
う~ん、ボルシチともう一つのスープ、ブリヌイはおいしかったが、ペリメニと肉料理はイマイチだった。ポーランドで食べたピエロギと比べると、ペリメニはなんだか単調な味だなあ・・・。この店がたまたまそうだったのか、一般的にそうなのかは不明。
f0048936_15401841.jpg
f0048936_15403389.jpg
f0048936_15404939.jpg
f0048936_1541069.jpg
f0048936_15411285.jpg
f0048936_15412297.jpg


伝票は、かわいらしい箱に入れられてきた。ホフロマ塗りっていうのでしたっけ?
f0048936_15413158.jpg


店員さん(みな若い!)は、英語対応可能で、愛想が良かった(ソ連はどこに行ったの??)。
この店は深夜営業していたので、夜遅い到着時の食事には便利だと思う。
by saffy114 | 2017-06-16 15:51 | Россия | Comments(0)
Бал вампиров(ロシア版ダンス・オブ・ヴァンパイア)を見に9月上旬にサンクトペテルブルグに行った。
9月2週目のピーテルはすでに東京の11月ぐらいの気候。風が強めの日はかなり冷え込みました。

ロシアはバレエもオペラも定評があるんだから当たり前といえば当たり前かもしれないが、ロシアのミュージカルの舞台もとても良い出来だった。観客のほうは、上演中にフラッシュたいて写真を撮った人がいたり、デジカメで堂々と舞台を撮影している人がいたり(←私の前の席にいたおじさん)、ご自宅でTV鑑賞のつもりですか的な感じで喋りながら観劇しているご家族連れがいたりしましたが、まあご愛敬という感じか。

舞台のチケットは、旅行会社等に依頼しなくても個人で入手可能でした。
私は、事前にロシアのチケットサイトでネットで予約、メールに添付されたバーコード入りのPDFのチケットを印刷して持参しました。ロシアのサイトでクレジットカードを使うって、勇気がいると言えばいるかもしれませんが、現時点ではクレカ情報の悪用被害にはあっていません!
Бал вампировに関しては、劇場(Театр музыкальной комедии)のHPでもネット予約可能です。
私が利用したチケットサイトが24時間営業の(!)プレイガイドをネフスキー通りで運営していましたので、現地でここで買うこともできそうですね。もちろん、劇場にもチケット売り場がありました。
ビザ取得が必要なのは面倒だが、サンクトペテルブルク、観光+観劇ができる旅行先を探しているミューヲタの方にお勧めかも。但し、食事はハンガリーやポーランドのほうが美味しいしコスパもいいです。

ガイドブックやら何やらに、ロシア語がわからないと個人でロシアの町を回るのは難しいというようなことが書かれているのを多く目にしましたが、少なくともピーテルに関しては全然そんなことはなかったです。
キリル文字が読めるようになっていたほうが断然動き易いですが、たぶん読めなくても個人で動き回るのは難しくないです(但しスマホの助けがあれば)。
キリル文字がある程度読めて地名や店の名前など固有名詞が把握できる状態になっていれば、バス利用も簡単です(スマホ様の助けがあれば)。
googleとyandex、その他バス路線アプリ、ペテルブルグの交通局だかなんだかが運営しているバス路線&時刻の検索サイトには今回のロシア旅行では大変お世話になりました。

ロシアでは英語が殆ど通じないともよくガイドブック等々に書かれていますが、たしかにハンガリーやポーランドほどは英語は通じませんが、英語対応してくれる場所や人は覚悟したよりはずっと多かったです。
また、我々が「?」となっていると、英語で説明してくれたり、知っている限りの外国語を並べて(なぜかドイツ語とか)説明しようとしてくれる人がいたりしました。言われているほど個人旅行者にとってハードルが高い観光地ではなかったです。
あと、ロシアのおじさん・おじいさん、バスで女性に席を譲ることにしている方々が多いのか、バスで立っているとおじさん・おじいさんから席を譲られることが数回。
少なくともペテルブルグの観光地となっている地域に関しては、店員さんや係員さん、車掌さん、駅員さん等々は愛想が悪いということはなかったですね。なんで、「これがソ連の名残か~!」的な、鼻であしらわれるとか、追い払われるとか、睨まれる等々の体験は全くできませんでした(笑)。

ペテルブルク1都市滞在に関しては、旅行会社のエアー+ホテルのパッケージを使うよりも、個人でエアー+ホテル+ビザ手配したほうが、費用ははるかに安いですな。某旅行会社のエアー+ホテルのパッケージ旅行の見積もり価格も一応出してもらっていたのですが、芝居のチケット、食事、観光その他含めた旅行代金の総額がパッケージ旅行の見積もり価格の半額以下となりました。



ちなみに、Бал вампиров、ピーテルの公演は10月初旬までで、10月下旬からモスクワで上演です。

Krolock伯爵役はクワトロキャストですが、私が見た日に伯爵を演じていたИВАН ОЖОГИНさんの出演する回が多いようです。シフト制というより、メインキャストがИВАН ОЖОГИНさんで、他の方はalternative的な感じかな?ОЖОГИНさん、 数年前のTanz der Vampireのベルリン公演でもクロロック伯爵役をやっていたそうだ。ドイツ語とロシア語ができるのか・・・。すごいな。この方、歌もすごく良いですが、手の動きとか、所作もとてもよろしい。Krolock伯爵役ははまり役ですね。オペラ座の怪人のファントム役などもやったことがある人のようです。
あと、ヘルベルト役のКИРИЛЛ ГОРДЕЕВさんもとても良いです。ヘルベルトが1幕の最後に出てきた時点で、客席から大歓声が(笑)。2幕のКогда любовь живёт в тебеも観客に大ウケでした。
他の役者さんたちも上手かったですが、この2人が特に印象に残った。
あ、シャガール役のАЛЕКСАНДР СУХАНОВさんも、とても声が良いのと、日本・ハンガリーのシャガールよりも随分エロおやじ度が高い感じ(笑)だったのとで、印象に残った。後で、この方はKrolock伯爵役のクワトロキャストの一人であることに気付いた。うむ、納得。
by saffy114 | 2016-09-21 22:50 | Россия | Comments(0)

Мюзикл

見たいなあ!
МЮЗИКЛ "ОНЕГИН"

Театр «Мюзик-Холл»で5~6月上演らしい。行けないけど。

これも面白そう。
Мюзикл «Мастер и Маргарита»



ロシアはねえ・・・観光ビザ取得の壁がね・・・。
これも見たい。
https://youtu.be/YJgy65JYa2s?list=PL5D090C0B2050BBD8

ヘルベルトのКирилл Гордеевさん、ジキハイの主演の人だよな・・。オネーギンでも主演してるみたいだし、ロシアのキャスティングも東宝状態??
by saffy114 | 2016-03-19 18:40 | Россия | Comments(0)