人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:Netherland Musicals( 13 )

2012年にオランダでNext to Normalが上演されるようです

オランダのGabe、ピンとこないなあ・・・。まあ見た目での話ですが。
Natalieはハマってそう。
Diana役の人は有名な方ですよね?オランダのチケットサイトでこのお顔、しばしば拝見している気がする。
f0048936_23103540.jpg

by saffy114 | 2011-05-23 23:08 | Netherland Musicals | Comments(0)

オランダ版だ

http://www.youtube.com/watch?v=1e_gbTzoQ5I

同じピンクでも、ちょっとお国柄によって色合いが変わるのかな・・・。
by saffy114 | 2010-11-25 23:37 | Netherland Musicals | Comments(0)

オランダ版もあった

by saffy114 | 2010-09-02 00:00 | Netherland Musicals | Comments(0)
日韓でAll shook upが再演になりますが、オランダでも上演されるようですね。オランダではAll Shook Up/Love Me Tender というタイトルになるようですが。11月からオランダ各地をまわっていくようです。アムステルダムは来年の4月13日~5月2日。残念、見られないな。

日本は東京公演は10 / 9~ 10 / 17、韓国は9月8日~11月1日なんで、同じ演出の舞台が2カ国で同時上演ですね。日本版はナタリー以外は初演とほぼ同じキャストかな?
韓国はナタリーのゴンジュさん以外はキャスト総入れ替えですね。私は최민철さんがデニス役にキャスティングされているのを見て目の錯覚かと思ったんですが。想像できないんですけど。でも見てみたいな。
by saffy114 | 2009-07-29 23:27 | Netherland Musicals | Comments(0)
オランダで、Sunset Boulevardが上演中なんですね。Norma DesmondはSimone Kleinsmaさんという方と、日本でも知っている人は知っているPia Douwesさんのダブルキャストらしいです。
舞台装置、WE版ともBW版とも違うようですね。

f0048936_2392950.jpg

これ、日本では結局上演されないのかな~。
by saffy114 | 2008-10-09 23:08 | Netherland Musicals | Comments(6)

Ciske de Ratって??

オランダのサイトを眺めていて、気になったのが、「Ciske de Rat」というタイトルの作品。
なんとなくファミリーミュージカルっぽいですが、どんな作品なんだろう?
子役がメインで、なんとなく20世紀前半あたりの話っぽい雰囲気ですが。
by saffy114 | 2008-04-03 22:13 | Netherland Musicals | Comments(0)

「THE LAST 5 YEARS」 Dutch版

オランダで、「THE LAST 5 YEARS」が上演されるようです。主演はcathy役がbirgit schuurman、jamie役がara halici 。ara haliciさんは、昨年CabaretのM.C.役で拝見した俳優さんだ。ツアー日程はこちらに掲載されています。
公式HPのpodcastのコーナーで、birgit schuurmanさんが歌う"climbing uphill"、ara halici さんの"moving too fast"、birgit schuurmanさんの"I'm still hurting"が聴けます。
これ、英語で歌っていますが、本番はどうするのかな。オランダの場合も、たいていオランダ語翻訳上演されているから、本番はオランダ語ですよねえ、たぶん。でも、少なくともアムステルダムでは、かなり英語が通じたから(普通の店員さんから、劇場の案内係から、警官まで英語OKでした)英語上演でも大丈夫なのかも。
あ、どうやら,ちゃんとオランダ語に翻訳して歌うみたいですね。「wil jij straks als eerste de nieuwe nederlandse vertaling van deze ontroerende musical horen? blijf naar onze podcasts luisteren」って書いてありました。いずれオランダ語バージョンもアップ予定のようです。
by saffy114 | 2007-02-14 20:35 | Netherland Musicals | Comments(2)
古いネタですし、ミュージカルではないですが、4月に行ったf0048936_21512513.jpgアムステルダムで見かけた「サド公爵夫人」のポスターです。通りの反対側から撮影したので、小さいですが・・。当時まだ公演オープン前だったようです。やはり男性が演じるみたいですね。確か日本でも篠井英介さんで上演しましたよね?



皇太子一家がオランダで静養、っていうニュースを見て、思い出したんでアップしてみました。うん、オランダ、(というかアムステルダムしか知りませんが)いいですよね。私は自販機で売ってるコロッケがすごく気に入りました。日本のより、少しスパイシーでおいしかった。あと自転車が多いことも気に入りました。ある意味‘なんでもあり‘っぽいところも、いいですね。そういえば、レンブラント広場からムント塔にいく道のあたりで、ワイシャツにネクタイをしているが、下はなぜか競泳用水着(かなりミニマムなcoverage)のみ着用の若いお兄さん(けっこうハンサム+スタイルもよし)が、ローラーブレードでひゅううーっと走っていくのにすれ違いました。さすがに目だってましたね。私の前を歩いていた白人の家族連れの、お父さんが思いっきり振り向いてじろじろ見ていました。
以上、旅の思い出でした。
by saffy114 | 2006-06-23 21:51 | Netherland Musicals | Comments(0)
アムステルダムのライツェ広場の市立劇場(Stadsschouburg)にあるInternational theatre&film booksという本屋さんで、ドイツのミュージカル雑誌「MUSICALS Das musicalmagazin」 を見つけて、買ってきました。HamburgのDirty DancingやEssen のDas phantom der oper,WienのMozartなどのドイツ語圏の記事の他、AmsterdamのCabaret、FinnlandのElisabethなど、ドイツの公演以外のヨーロッパ各地での公演の記事も掲載されていました。Michael Kunzeさんの記事で、日本の「マリー・アントワネット」製作発表も写真入りで取り上げられていました。ドイツ語圏もいろんなミュージカルが各地で上演されているようですね。シュツットガルトのUrinetown,ベルリンのNon(n)sence,バーデンのEvita,ドレスデンのAnything goes、etcの記事も掲載されていました。オーディションの広告もたくさん掲載されていました。ドイツ語版のミュージカルも一度見てみたいなあ・・。
by saffy114 | 2006-04-19 21:58 | Netherland Musicals | Comments(0)
アムステルダムにて、4月13日20時からの「Cabaret」、オランダ語版を見てきました。会場はKoninklijk Theater Carréという、観光名所のマレネのはね橋の近くの劇場でした。もともとはオペラ用だったと思われる、円形の造りの建物で、劇場内も壮麗でした。舞台装置、演出、ともにほぼブロードウェイ版を踏襲していました。オペラハウス風のもともとの舞台をKit Kat Klubに作り変えているためと思いますが、舞台装置が若干違いました。キャストはPia Douwes (Sally Bowles) 、Ara Halici( Emcee)、Chris Tates (Clifford Bradshaw)、 Anne-Wil Blankers(Fräulein Schneider) 、Frédérique Sluyterman van Loo(Fräulein Kost)、Wim Bouwens (Ernst Ludwig ) でした。そうですね・・・。悪くない出来でした。歌も上手ですし、大きなアラは特になし。ただ、NYや来日ツアー版と比較して、デカダンな雰囲気が薄い舞台でした。同じような衣装、演出なんですが・・。ヨーロッパですし、特にオランダという飾り窓地区まである土地なので、ちょっと意外でした。(なんでもOKだと、かえって退廃的にならないのかな・・。)曲のテンポが、全体的にやや速めでしたので、それも原因かも。Mein HerrやDon’t tell Mamaなど、なんだか駆け足気味でした。あと・・、Sally BowlesとClifford Bradshaw役の俳優さんが、年齢が高すぎでした・・。Sally BowlesのPia Douwesさん、声量のあるいい声の人ですし、お綺麗ではあるんですが、Sally役には少し年齢が高すぎるかな・・、という感じ。この方、ChicagoのVelma役もやったようですが、Velmaはきっとバッチリ合いそうです。3銃士のオランダキャストアルバムでもミラディ役で参加してますが、これもCDで聞く限りはとても良さそう。 でも、Sallyは・・。うーん。歌はとても上手でした。ただ、声量がとてもあるのと、ずっとその声量を使って歌うので、緩急にやや欠けました。Bradshaw役のChris Tatesさんも、人生を外国で模索するには、年齢が高すぎる?感じでした。好演ではあるのですが・・。Emcee役のAra Haliciさんも、マイケル・C・ホールやアラン・カミングと比べちゃうと、妖しさにやや欠けました。でも、歌自体は上手です。I Don't Care Muchなどはとてもよかった。(この方のプロフィールにJe bent goud waard, Charlie Brown (2001)と言う記載があったのですが、これってyou are good man,Charlie Brownのことかな??)
見て損はしませんが、ヨーロッパということ、まさにナチスに蹂躙された国ということで、BW以上のものを期待して行くと、ちょっと期待はずれかもしれません。
オランダの観客は終演時スタンディング・オベーションしていましたので、受けていたようです。そうそう、観客の私語が多いです。ただ、とっても楽しそうにお互いに話しているので、あまり腹は立ちません・・。あと、劇場内で記念撮影している人がとても多いです。韓国よりも多いです。
by saffy114 | 2006-04-16 18:19 | Netherland Musicals | Comments(0)