人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年 10月 28日 ( 2 )

2015 Budapest旅行の記録 7

土曜日。最終日。
フライトは夕方なので、チェックアウト後、散歩&昼食。
オペラ座の怪人やmamma mia,メリー・ポピンズなどが上演される、Madách Színház。
f0048936_19516100.jpg


Danubius Hotel AstoriaのCafé Astoria Restaurantを再訪し、昼食。
f0048936_18595210.jpg
f0048936_190614.jpg
f0048936_1902342.jpg
f0048936_1903373.jpg
f0048936_1904711.jpg
f0048936_1905720.jpg
f0048936_191613.jpg


今回も、お客さんが少ない・・。美味しいのになあ。もったいない。
15~17時はカプチーノとケーキで790Ftというsweet happy hourというのをやっているらしいので
f0048936_1914753.jpg

ブダペストでゆっくりお茶したい場合は、こちらのお店、いかがでしょうか。
f0048936_1915413.jpg


近くのAuguszt Cukraszdaへ。アイスを食べようかと思ったのだが、ケーキがおいしそうだったのでケーキに変更。
f0048936_192958.jpg
f0048936_1921731.jpg
f0048936_19225100.jpg
f0048936_1923323.jpg


この店舗の奥の中庭がこじゃれていた。
f0048936_1941179.jpg
f0048936_1944478.jpg

Kossuth Lajos utcaのAuguszt Cukraszdaに行ったら、中庭ものぞいてみてくださいね。

ホテルへ荷物をとりに戻るときに乗ったトラムの通路に、アームチェアーをどんと置いてそれにゆったりと座っている大学生ぐらいと思われる年代のお兄さんがいた。連れのお兄さんが家具屋さんらしき店の袋を持っていたから、購入した椅子をトラムで運んじゃっているところだったんだろうけど。ちょっと笑えた。
by saffy114 | 2015-10-28 22:40 | ハンガリー旅行情報 | Comments(0)

日本版「Passion」

新国立劇場にて、「Passion」を見た。(10月24日、18時の公演)

Giorgio:井上芳雄
Fosca:シルビア・グラブ
Clara:和音美桜
Colonel Ricci:福井貴一
Dr. Tambourri:佐山陽規

演出:宮田 慶子
音楽監督: 島 健
翻訳:浦辺 千鶴
訳詞:竜 真知子
美術:伊藤雅子
照明:中川隆一
音響:荒川和彦
効果:上田好生
衣裳:半田悦子
振付:前田清実


この演目を日本で見ることができる日が来るとは思わなかったので、うれしい驚き。
昔、英語版(BW版ですね)のCDをよく聞いていたんですよね・・。BW公演のVHSのビデオが発売されたんで、それも見たな。ただ、ビデオは1回みたっきりだった気がする。
自分がCDをよく聞いていた頃から20年近く経過しての日本上演なので、なんだか不思議な感じ。
で、passionを上演したついでに、新国立劇場さん、「Parade」も上演してくれませんかね?お願いします。

日本版、なかなか良かった。
全員歌えていたので、そっち方面のストレスは無し!
井上さんのジョルジオ、とてもよかったと思う。私はBW版のジョルジオよりも井上さんのジョルジオのほうが、なんだかこのキャラが「腑に落ちる」感じでした。
フォスカのグラブさんは、歌はとても素晴らしかった。が、私は個人的には芝居のほうはちょっと方向性に疑問というか・・・。極端に猫背にしたり、おずおずした話し方にしていらしたんだけど、私は英語版のドナ・マーフィーさんのフォスカみたいな感じのほうがいいなあ。役者さんの持ち味とか地声のトーンとか、相手役の方との身長や体格のバランス・対比などを考慮して、ああいう感じの演じ方にしたのかもしれないけども(グラブさんがドナ・マーフィーさんがやっていたような演じ方でやると、ダンバース夫人的な迫力がにじみ出ちゃうかもしれないかな・・・と)。

装置の模型がロビーに展示してありました。そうそう、装置も良かったと思う。
英語版に比べて、なんか歌詞が曲にのりきらないというか、ぴたっと来てない感は否めなかったけど、でもそれは仕方ないんだろうなあ・・。え、なんでこう訳すの?!的な部分はなかった気がする。まあ、この作品で英語版歌詞を今でもそれなりに記憶しているのは"Happiness"と"Loving You"と“No One Has Ever Loved Me”ぐらい(笑)なんだけども。少なくともこの3つはなんでこう訳すの的なストレスは無し。
by saffy114 | 2015-10-28 18:32 | Japanese Musicals | Comments(0)