人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114

2010年 12月 19日 ( 1 )

「アダム・パスカル&アンソニー・ラップ Live in Concert: Japan Tour 2010」。
青山劇場にて、12月18日 19時からの公演を見ました。


Adam Pascal→高良結香→Anthony Rappの順で進行。

それぞれご自身がMCをやっていまして、AdamとAnthonyは当然ですが英語。なんですが、全く通訳はナシでした。Adam Pascalさんは、「英語わかる人~、両隣の人に教えてあげてくれ~。」などと言いながらトークをやっていましたが・・・。
ノルウェーとかオランダとかシンガポールが会場じゃないんだから、どうせ話すことはある程度決めているんだろうし、簡単な通訳とか字幕とか出すほうが楽しめるんじゃないかなあ・・・。学会などで、次回の開催日・会場の告知や忘れ物や呼び出しの連絡をするサブスライドみたいな形でやったら邪魔にもならんし見たい人は見られるからいいんじゃないかな~などとつらつら考えた。
Adam Pascalさん、ちょこっちょこっと面白いことを言ってたんで。
どうもCATSはお嫌いらしいですね(笑)。「今まで見た中で最悪のミュージカルからの曲。」とか言いながらアレンジした「メモリー」を歌ったりしてました。ソンドハイム信者でもないようです(笑)。
RENTよりも「Cabaret」のMC役をやったことのようが彼的には貴重な体験だったそうで。 I Don't Care Muchも歌ってました。What I did for loveやmariaもアレンジ版で歌ってた。

「Chorus line」のドキュメンタリー画像で、Baayork Leeがコニー役に高良さんを配役することに強硬に反対しているのを見て、不思議に思ったんだが・・・・。いや、その、「米国生まれじゃない人にこの役は・・。」みたいなことを言っていたけど、あれだけ強硬なのはなんか他にも理由がありそうだなあと映像を見て思ったんで。今回のステージでの、素での高良さんの話し方・歩き方を見て、バイヨーク・リーがコニー役には反対!と主張したのが理解できた・・・気がした。それはともかく、ダンス系の人のはずなのにあの歩き方というのはどういうことなんだろうか・・・??いくら靴のヒールが高かったとしてもなあ・・。

Anthony RappがHedwigのOrigin of Loveを歌った!RadioheadのCreepも歌ったからでしょうか、なぜかダヒョンさんを思いだしてしまった(笑)。
REMのLosing my Religionも歌ってた。懐かしいな~。これでRENTのオーディションを受けたそうで。without youも歌ってました。で、彼の作品のほうの「without you」、いつの日か東京で上演できたらいいですな的なことを言ってました。先月ソウルで上演したんだから、ついでに東京も立ち寄って上演してくれればいいのに~。

このお二人が登場すれば観客としては期待してしまうWhat you own,歌ってくれました。Adam PascalのOne song gloryも聞けました。
by saffy114 | 2010-12-19 01:39 | Japanese Musicals | Comments(0)