人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ALTARBOYZ< 알타보이즈 >  韓国版(2008)

「ALTAR BOYZ< 알타보이즈 > 」。ソウルの대학로문화공간 이다 <大学路文化空間イダ>にて、1月 13日、18時からの公演を見ました。

キャストは、
Matthew  정 민<チョン・ミン>
Mark 김남호<キム・ナムホ>
Luke  에녹<エノク>
Juan 라준<ラジュン>
Abraham 이창용 <イ・チャンヨン>

スタッフは、
演出:김지연
振付:Lou Ian Castro
翻訳・韓国語歌詞:박천휘

この作品、韓国では2006年に初演されていまして、今回は再演です。Luke、Juan、Abrahamがダブル、Matthew、Markはトリプルキャストなので、キャストは総勢12人と大所帯。
f0048936_1942214.jpg
キャストの組み合わせパターンも2006年より断然増加していますね。日本のレミゼのようです。何パターンが考えられるのか計算してみようと思ったのですが、公式を忘れてしまいました。こんな計算してたのは××年前ですし。3×3×2×2×2=72でいいんでしたっけ???


チケット購入時のキャスティングスケジュールでは、Mark役はSweeney ToddのTobias役で拝見した한지상さんだったので、マーク役だとどんな感じなんだろう??と、楽しみにしていたのですが、トリプルキャスト
f0048936_2358257.jpg
の一人、김종성さんが休演になったそうで、大幅にマーク役のスケジュールが変更になったため、私が見た公演も変更されてしまって、マーク役は김남호さんでした。ちょっと残念でしたが、新しい俳優さんを見るのも面白いから、まあいいや、ということでそのまま見てきました。
20代の女の子だらけの客席なので、場違いなところに来ちゃったな~、なんていう感もありましたが。

この再演版も面白かったです。歌も上手。でも、2006年の初演の時のステージのほうが面白かったように私は感じました。2006年のメンバーのほうが、”役者が上”というか。キャラが立っていたように思います。特にマーク役の出来が格段に違っちゃっていましたね。
一方、今回の舞台のほうが、華やかさが増したというか、ややショーアップされてかっこよくなりましたね。

ええと、全体的に今年は皆さん、若いです。なので、そのぶん、NY版のような「ボーイバンドにしちゃ、年齢高すぎじゃない?!」という何とも言えない可笑しさはないんですよね。でも、その代わりに、若い娘さんたちを魅了するような、ホンモノのBoybandっぽい雰囲気があります(笑)。それをどう捉えるか、ということで評価が分かれると思いますが・・。
あと、これは日本の観客としては非常にうらやましいのですが、知名度が低めの若手でも歌が上手いですよねえ・・。
ただ、今回は演技が、というか、笑いをとる演技・間が2006年のキャストには及ばないかな。

なんのかんの言っても、この作品の最大の功労者は翻訳をなさった方なのではないかと思います。박천휘<Park Chunhwi >さんですね。2006年にも書きましたが、最初にOFF BWでこの作品を見たとき、本気で腹筋が痛くなるぐらい爆笑したんです。上手に宗教ネタとボーイバンドネタを使って笑いをとっていますが、基本的にはばかばかしさとcampyなテイストに満ちていること、なのに出演者の歌・ダンスはかなり上手、かつ、かっこいいんだかダサいんだかの境界線ギリギリのラインで非常にうまく演じていることが、私の趣味に合ったんですね。日本でも上演してくれないかな~、と思いましたが、宗教・人種ネタが多いし、翻訳が難しいというか、翻訳上演では英語版の笑いどころをそのまま生かすことが困難だろうとも思ったので、英語圏もしくは類似の言語の国以外では翻訳上演は無理だろうな~、と思ったんですね。それが、なんと韓国で上演ということで、2006年の韓国初演を興味津津で見に行ったら、これが驚くほど良く出来ていたんですね。まあ、campyなテイストはかなり失われてしましまいましたが、歌詞の内容は非常にうまく翻訳されていました。セリフ部分は私の語学力では歯が立たないので、よくわかりませんが、回りの観客の様子や、わからぬなりに私が舞台を見た印象では、人種ネタの部分、宗教ネタの部分がやや弱かったようではありますが、かなり笑いをとっていました。これは実に感心しました。
特に、Girl,you make me wanna waitの最後の翻訳は素晴らしい!?ですね。たまたま、韓国語の単語にちょうど良いものが存在したということなのかもしれませんが、英語版とほぼ同様の内容になっていました(笑)。びっくり。(内容が内容なので、説明は割愛しますが、まあそのテの内容です)。
Sweeney Todd,Thrill meも박천휘さんが翻訳を担当していたようです。英語版のニュアンスを残すのが上手なようですね。私には、韓国語としての語感がどうなのか、というようなことはわかりませんので、韓国語として歌詞がどうなのか、ということは全くわかりませんが、四季の作品の日本語歌詞で感じるような、内容・意味合いが変わっちゃってない?!というようなストレスはあまり感じさせない翻訳をなさるようです。
2006年のNew York Timesに韓国版AltarBoyzの記事が出たことがありますが、やはり翻訳は相当苦労なさったようで、「Mr. Park said "Altar Boyz" was the most difficult script he had ever tackled. "There were so many hidden double meanings," he said. In addition to comedy, "I always have the most difficult time doing lyrics," he said. "They are just painful from start to finish, because the structure of the sentence and length of syllables and the accents are different."」と書かれていました。結果的には、とても上手に翻訳なさっていますよね。拍手、拍手。

キャストについて。

f0048936_23113459.gifMatthew役の정 민<チョン・ミン>さん。今年のMatthewは、Off BWのMatthewたちと共通した雰囲気。とても背が高くて、スタイルが良い方です。f0048936_032841.jpgルックスというか、お顔は、厳密に言えば、ハンサムなような・・、そうでもないような・・、という感じなのですが、なかなかかっこいいです。気が良さそうな、親しみやすそうな、好感をもたれやすい雰囲気なので、マシュー役、似合いますね。
2006年の韓国版マシューは、二人ともルックスという意味では、「ん??」という感じだった(テウさん、ヨンジンさん、ごめんなさいね)ものの、それをパーソナリティと勢いと歌唱力でねじ伏せていましたが、今年は見た目が条件を十二分に満たしていました。初演の韓国版のマシューより、NY版のマシューに近い雰囲気でした。
歌も、素直な発声で、上手でした。一昨年のマシューのキム・テウさん、ソン・ヨンジンさんのように、上手くメリハリをつけて、歌の上手さをアピールするような歌い方でない、かな。なんだか欲がない感じの、素直~な歌い方です。それが、意外と役に合っているかも。ちょっと食い足りない感じもありますけど。
ただ、例の「혼자위・・」という部分(あっ、書いちゃった。でも、一文字目と二文字目の間にスペースをいれてないからセーフですよね)は、テウさん、ヨンジンさんのときのほうが笑えたかな。まあ、この部分はオリジナルキャストのスコット・ポッターが一番笑えたと思いますが。
Something about youの女の子に熱く語るセリフ部分、これは私の語学力では全くわかりませんでした。何て言っていたんだろう??最後、「あなたのなかに××がいる!!」って言ってたようにも思うんだけど、よくわからない。知りたいな・・。
あ、Something about youの出だしのセリフ部分、これは今回のチョン・ミンさんのほうがなんだか笑えたかも。トイレで「失敗(の結果)で生まれたくないよ・・」といういたずら書きを見た、というような内容の部分ですね。やけに得々とした表情でセリフを言うので、なんだか妙に笑えた。ちょっとScott Potterっぽかったです。
そうそう、私が見た日にステージに連れて行かれた女の子は、ものすごく照れちゃっていらっしゃって、手で顔を覆ってしまっていました。タオルも簡単にひったくられていましたね。

f0048936_23121089.gifMark役の、김남호<キム・ナムホ>さん。
ええと・・。
一昨年の舞台は(あくまで私の個人的な感想ですけども)、ある意味マーク役の최성원<チェ・ソンウォン>さんのためのもの、と言っても過言ではないくらい(笑)、マークが目立ちまくっていたんですよね。
チェ・ソンウォンさん、凄く上手だったんです。Off BWのマークとして投入したっていいんじゃない?と思うぐらい。私はNYではDanny CalvertとZach HannaのMarkを見ているのですが、Zackよりはチェ・ソンウォンさんのほうが良いかも。それくらい歌にしろ芝居にしろ、かなりの完成度だったんですよね。可愛いんだけど、なにげに結構ビッチーで、凄く面白いマークでした。
今回のマーク、キム・ナムホさん、頑張ってはいらっしゃるようですし、歌自体は上手です。特にepiphany、とても上手でしたね。f0048936_0185092.jpg

若干ハスキーな感じもある歌声で、ちょっとR&Bっぽい歌い方が得意な方なようで、そんな感じにアレンジして歌っていました。が、なにしろ、フツーに男性、という感じなんですよね。オネエ系っぽくないです。らしくしようと頑張ってはいるけれど、セリフが無いところなどは、普通の男性にしか見えない。f0048936_083467.jpgマシューへの執着もあんまり表現できていないかな。これ、ソンウォンさんやダニーのMarkは、もうあふれんばかりのマシューへの愛というか執着が(笑)滲み出ていて、凄く笑えたんですが。とにかく、マークの動作が面白いと同時に可愛らしいので、どのシーンでもどうしても目がマークを追ってしまいがちだったのですが・・。今回のキム・ナムホさんのマークは、マークにスポットが当たるセリフ・場面・歌では、オネエっぽさを出すべく頑張っているけれど、それ以外の部分では普通なので(笑)、今回は、視線がマークを追ってしまうということはなく、全メンバー均等に見ることが出来た、という感じですね。
カリカチュアっぽい演じ方になってしまってもいいから、せめてもう少しgirlieに演じてくれたほうが面白いと思いますが・・。マークの笑いどころが、ずいぶんトーンダウンしちゃっていて、ちょっと物足りなかったです。タオル強奪なども、もうちょっと笑わせて欲しい。「一緒にソロで・・」というところも、かなあ。
でも、歌自体は上手いですね。マーク役にはあまり向かないタイプの歌い方・声質のようには思いますが、それでもマークのソロのepiphany、これは彼独自のテイストが出ていて、良かったと思います。この方の歌い方、ちょっと歌手っぽいですよね。違う演目・役で見てみたいかも。


f0048936_23124786.gif
Juan役の라준<ラジュン>さん。f0048936_016159.jpgこの人、2006年にも同じ役を演じていらっしゃいましたよね。当時はキム・セジュンさんという芸名だったと思いますが、改名なさったようです。なんとなく、2006年に拝見した時より、素朴な感じになっちゃったように思うんですが??なぜだ?衣装のせい??ヘアスタイルのせい??

この人はツボを押さえているとうか、笑いのとり方が上手だったと思います。まあ、この役はなんといっても、「告白の時間」の「テント」ネタがポイントですよね。2006年に見たときより、「テント」ネタをずいぶん長々とひっぱっていました。
この部分、私の語学力では部分的にしか内容がわからないのですが、それでもかなり笑えました。
あと・・。この部分で、「きれいな女性を見ると・・・」といいながら、客席最前列のある女性を見て、「あっ!違った!」みたいな感じで目をそらすという、非常~に失礼な(笑)ネタをやっていました。まあ、最前列に陣取っている子は、おそらく常連さんや作品自体のファンの方である確率が高いでしょうから、大丈夫なんでしょうけど(笑)。
前から2番目の列のセンター左側のほうにに、ダブルデートっぽいグループがいたんで、きっと男性陣のどっちかが、「テント」の件を投書した人として濡れ衣を着せられる男性として選ばれるな、と思っていたんですが、場所的には彼らが一番ちょうど良さそうな場所に座っていたのに、なぜか彼らは選ばれていませんでしたね。もう少し後ろのほうの右よりの席の人に向かって話しかけていました。デート中らしき若い男の子を困惑させちゃかわいそう、というJuanの思いやりか??単に座席の場所で選んでいるのか?



f0048936_23131474.gif
f0048936_026725.jpg
 
Abraham役の이창용 <イ・チャンヨン>さん。とても良い声ですね。これが初舞台の方みたいですが、応用範囲の広そうな、いわゆる「ミュージカル」向きの良い声です。お顔がちょっと丸っこくて、素朴な学生さん風。これは良いキャスティングかも。全員アジア人キャストですから、Abrahamはユダヤ人というより優等生キャラを強調して演じるしかないですもんね。


f0048936_2313451.gif
f0048936_028247.jpg
Luke役の에녹<エノク>さん。あんまりバカっぽくありませんでしたが(笑)、人が良さそうなルークです。ドレッド・ヘアにしてましたね。
昨年のルークのキム・ムヨルさんに比べると、やや歌・ダンスともに少しだけ勢いが弱いかな。「無記名?、YO!!記名さん!」という部分などは、キム・ムヨルさんのほうがバカっぽくて笑えた。今年も、ルークが「ありがとうございます!」と日本語で言ってました。








その他。

NY版は、わざとチープ感満載なんですよね。セットもそうですし、オープニングでスタッフがスモークを出す機械を持ってステージに登場してのたのたとスモークを焚いていったり、とか。
韓国初演では、このマニュアルでスモーク・・というのはやっていましたが、あまりこのチープ感は出ていなかったんですよね。
今回は、もう、そういうボーイバンドのパロディ、というニュアンスを出すことは放棄しているようです。逆に、かっこよく演出して、若い女性のリピーター化を狙っているのかな~、という感じでした。
オープニング、NY版と違いまして、なかなか華々しく演出していました。まあ、劇場が小さいので、初演の韓国版のようにセリだったかゴンドラ?だったかで登場、というわけにいかなかったから、なのかもしれませんが、各メンバーがセットの2階部分のセンターにいるマシューを中心に後ろ向きに立って登場。マシュー役の方がかなり上背があってスタイルが良いのもあって、なかなかかっこよかったです。個人的には、チープな感じのパロディっぽい演出のほうが好きなんですけどね。

It doesn't matterで使うぬいぐるみ、NYでは全員羊だったように思いますが、今回は全員違うぬいぐるみを持っていましたね。


2006年に見たときよりは、少し理解できるセリフが増えていて、ちょっと嬉しかったです。まあ、相変わらずあまりわかりませんが。
どうやら、カーテンコールは写真撮影OKらしいです。全く知らなかったので、カーテンコールになったとたん、周囲の女の子らが撮影し始めたのに最初驚愕したんですが、もしかして・・と思って帰国後チェックしたら、カーテンコールのみ撮影OKらしいですよ。面白いですね。
Commented by ウンス at 2008-01-18 17:59 x
あ!間違って思ってた!27日に来れれると思ったのに、もう来られたんですね。メールするのは忘れてすみません。一緒に行きたかったのに。
Commented by saffy114 at 2008-01-18 21:29
ウンス様、こんにちは。13日にAltarboyz、見てきちゃいました。ご一緒できたら楽しかっただろうなあ。
한지상さんのMarkを見逃したのが、残念なので、本当はもう一回ぐらい見たいのですが・・。でも、たぶん無理かな。
あ、実は27日もソウルに行きます。見るのは別の演目で,노트르담 드 파리ですけど。

Commented at 2008-01-20 12:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 最後まで残った人 at 2008-01-20 20:45 x
こんにちは。
Altarboyz、Juan の라 준 さん (だったと思う)以外、異なる配役で見ました。
Matthewは정동현さん、小柄ですが、歌もダンスもうまくて、さわやかな印象。
Markは한지상さん、体の動きや表情が(風変わりに)豊かで、ふしぎ君?といった感じでおもしろかったです。(演出がそうなっているのかしら)。
Luke役の이창희さん、TheMusical1月号にのっていましたね。Abrahamは윤석원さん、優しそうな青年...
YTでみた去年のキャストに比べると全体的にマイルドな感じでした。優秀な人たちを12人そろえられるなんて、層が厚いですよね。
今年の予定を雑誌で見ると、Hed...再演予定ですか?!

Commented by saffy114 at 2008-01-20 23:26
最後まで残った人さま、こんばんは。
これ、キャストによってだいぶイメージが変わりそうなので、自宅から50KM以内(?!)で上演しているなら、複数回見たら面白そうなんですけどね。さすがによその国なので、そういう訳にもいかず・・。
한지상さんのマーク、2006年に見た人のブログ記事かなにかで、確か「かわいいぜこんちきしょう!」とか、「萌え」、とか書いてあるのを見た事があって(笑)、そうか~、かわいいんだ、と思ったのを覚えているんですが、なるほど、不思議君系なんですね。やっぱり、ちょっと見てみたいなあ。
NY版では、マークは完全に、明らかに、間違いようもなく、オネエ系です。で、愛するマシューのこととなると、結構ビッチになりますね。そういう意味でも、「女」という感じで、面白いです。
芝居や、「見せ方」「聞かせ方」はまだ巧みではないかもしれませんが、今年のキャストも一定水準以上をクリアしてますよね。歌は上手でしたし。よく見つけてきますよねえ・・。
そうそう、再演予定があるらしいですよ。なんてこったという感じです。またソウルに行かねばならないんでしょうか。
Commented by saffy114 at 2008-01-21 00:03
01-20 12:59 の鍵様:
おっ、D君の新作を見にいかれるのでしょうか?
Commented by シュウ at 2008-02-02 23:43 x
すごく遅いコメントですが、問題の台詞は「あなたのなかに赤ちゃんがいる!!」です。「아기」と言ってますね。
そしてイエスの声(録音された)はジョンハンさんなのですが、お気付きになりましたのでしょうか。実は私はこれが狙いで観に行きました^^;笑い声なんかはイエスというより、悪魔?!という印象でしたけどね~
Commented by saffy114 at 2008-02-03 00:50
シュウさま:
あっ、そうだったんですか!!今年のイエス様はジョンハンさんっぽい良い声だな~、と思ったんですよ。「楽しい歌をたくさん歌って・・」みたいなセリフの部分で、似てるな~って。でも、ジョンハンさんご本人だとは思いませんでした。まさか「Peace!!」なんてセリフを言うなんて(笑)。
今年は、イエスのセリフの最後、「Peace!!」って言うじゃないですか。BWでは、「Peace out!!」って言ってまして、大笑いしたんですが、2005年の韓国版は確か「Bye-Bye!」と訳してまして、ちょっとがっかりだったんです。なんで、今年は「Peace!!」だったのが嬉しかったです。
マシューのセリフ、「あなたのなかに赤ちゃんがいる!」だったんですね。ということは、2005年と同じようなセリフだったのかな~。ヨンジンさんのときは、「タンシン○×▲#アギガ イッソ!!」とか、叫んでいるのが聞き取れたのですが、チョン・ミンさんのときは聞き取れませんでした。教えていただいてありがとうございます!
Commented by 最後まで残った人 at 2008-02-04 01:25 x
少し前に、韓国ミュージカルファンのかたのブログでジョンハンさんの声らしいという記事をみかけて、プログラムを確かめると、ちゃんと書いてありました。Musician Profileのページの左下の方です。それでまた、『Altar boyz』, 昨日(今度はきちんと最後まで)見てきました。ジョンハンさんの声でしたよ。いい声ですね。楽しんでいるよう?です。
『ラジオ・スター』もよかったです。映画を見ていたので、ストーリーはわかりますし...
ソンファさんの声、すごくきれいでした。聞き惚れてしまうくらい。アンコールでソンファさんが『雨とあなた』を歌ってくれました!!(劇中ではダヒョン君が歌います)。
ついでになぜか、キム・ドヒョンさんにサインをもらってしまいました。
では、また。
Commented by saffy114 at 2008-02-04 21:26
最後まで残った人さま:プログラム、見てみました。本当だ!ちゃんと「声の出演 ミュージカル俳優リュ・ジョンハン」と書いてありますね。
2005年のとき、神様の声が聞こえたとたん、周りの女の子たちが「キム・ジェドン?キム・ジェドン シ??」と口々に言っていて、誰だか知らんが、神様の声の人は有名人なのかな、と思ったんですね。帰国後調べたら、有名なタレントさんだったようで。なんで、今年も、話題作りに一般の人に名前が知られているタレントさんとかを起用するのかな~、なんて勝手に思ってました。今年の人はずいぶん良い声だなあ、なんて思いましたが、ジョンハンさんだったとは。
Commented by saffy114 at 2008-02-04 21:27
あ、『ラジオ・スター』、良かったんですね。これ、一応見ることにしたんですが、同じ芸術の殿堂でやってる「ハロルドとモード」(韓国では「18 クリゴ 80」というタイトルにしたようですが)が見たくなってきてしまいまして、『ラジオ・スター』を捨ててこっちを見ようか、とか悩んでいるんですが・・。そうか、良かったんですね。どうしようかな~。私は映画は見た事がないので、ストーリーを知らないんですよね。売れなくなった歌手がラジオのDJをやってて、そのマネージャーがいて、という話らしい、ということは知っているんですが。日本版のDVDでもあれば、予習して見にいけるんでしょうが・・。
おっ、キム・ドヒョンさんのサイン。うらやましいですね~。あの人も上手ですよね。
Commented at 2008-02-04 23:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-02-05 00:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saffy114 at 2008-02-05 21:13
02-04 23:50の鍵様: ちゃんと調べたら、「ハロルドとモード」は日曜は開演が4時なんで、日帰り不可能でした・・。なんで、当初の予定通り「ラジオスター」、とりあえず見とこうかな、と思っていたんですが、なるほど。そうなんですね。どうしようかな~、と迷うところですが、あちらの創作モノのレベルをチェックする、という意味で、見ておこうかな、という方向に傾いています。

お申し出、ありがとうございます!よろしかったら、お願いできますか?
Commented at 2008-02-05 23:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-02-05 23:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-02-06 09:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saffy114 at 2008-02-06 23:26
02-06 09:50 の鍵様:ありがとうございます!!
あっ、Sunday、そうなんですか!チェックしていませんでした。教えていただいてありがとうございます。嬉しい!
Commented by saffy114 at 2008-02-06 23:44
02-05 23:15 の鍵様:なるほど、なんとなく雰囲気がつかめたような気がします。曲調としては、私の好みとはちょっと(だいぶ?!)離れているようですが、まあ通常聞かないものを聞くのも一興、ということで見てきますね~。だいぶ先の話ですが。
そういう背景もあるんですか。昔のKpop(?)やその背景を知ってるか知っていないかで、印象が変わりそうですね。教えていただいてありがとうございます。
私、てっきりヒット映画のミュージカル化なのかと思ってたんですが、興行は思わしくなかったんですね。

NINE,今日見て来ました。ファン・ジョンミンさんのGuidoでした。良かったと思います。役にとても合っていますね。そして、とてもチャーミング(?)な方ですね!人気があるらしいのも納得、でした。
by saffy114 | 2008-01-16 23:09 | Korean Musicals | Comments(19)