人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

日本版「PIPPIN」

「WTF!?」の一言に尽きる。以上。
で終わらせようかと思ったが、一応、感想・意見を書いておこう・・。

日本版の「PIPPIN(ピピン)」。天王洲 銀河劇場にて、10月10日、19時からの公演を見ました。

キャストは、
leading player/パパイヤ鈴木, Pippin/相葉弘樹, Charles/石原慎一, Lewis/進藤学, Fastrada/杏子, Berthe/中尾ミエ, Catherine/鈴木蘭々

翻訳・訳詞/ 小田島恒志
演出・振付/ 上島雪夫
音楽監督・編曲/ 奈良部匠平


まず、歌えない・踊れないleading playerって、あり得ないでしょう(怒)。Ben Vereen並みにとまでは言わないが、韓国版でこの役をやっていた임춘길イム・チュンギルさん並みには歌えて踊れなきゃダメなんじゃないでしょうか。パパイヤ鈴木さんの歌唱力では全く不足です。音程が外れるというわけではありませんが、ただ音を外さずに歌える、その程度だと思います。simple joyなど、もっと良い曲なのに、曲の持ち味を生かして歌えていないんですよね。gloryなども同様。同じアジアの、韓国版のイム・チュンギルさんが、大健闘していたのを覚えているので、余計に腹立たしかった。しかも、임춘길さんぐらい歌えて踊れる人、日本にだって結構存在すると思いますし。
パパイヤ鈴木さん、ダンス力も不足ですよね。ある特定の分野の振付の振付師としては優秀でいらっしゃるのでしょうが、ダンス力は不足だと思います。
まあ、この演出・振付は、leading playerに歌・ダンス能力を求めていないということなのかもしれませんが、それじゃ、この作品の魅力は失われてしまいますし、実際、失われてしまっていました。

そして、唖然としたのが・・。with youの後のダンスナンバー、women!の部分が、なんとばっさりカットされていたこと。このダンスナンバー、この作品の見せ場のひとつだと思うのですが、消え去っていました。驚愕。演出・振付の上島雪夫氏、どういう意図でここを削ってしまったんでしょう?振付をする人なら、やり甲斐のあるナンバーでしょうに・・。Fosseと勝負する勇気がないということ??この場面がどうなっているかを見たくて行ったようなものなので、本当に愕然としました。
それとも、私がその場面の間だけ意識が飛んでいたのかしら(苦笑)。

    
アンサンブルの方のダンス力、無いわけではなさそうだったんです。なのに、振付が凡庸で、面白くなかったです。でも、良い意味で凡庸でした。ええと、例えば、今年の日生劇場の「Tommy」の時などは(別の振付家さんですが)、冒頭の軍需工場のシーンの振付が○×$#で、なんだこりゃ、と思ったのですが、今回は、そういう、ひっどいな、これは・・、というような動きはないので、それはマシなことだったと思います。光るものはないが、そりゃねえだろ、という動きはなかった、という感じですね。
Catherineとピピンのベッドシーンの、アンサンブルの男女ペアのダンスは、フォッシーの振付をほぼそのまま使用していましたね。
もっと、ダンスの見せ場を作ってくれれば良かったのに。この作品はダンスが重要な作品だと思うんですけどね。

別に、オリジナル・プロダクションのままに上演しろとは言いません。あの衣装、現在の日本の舞台でやるには、厳しいモノがありますしね。作品としても、この作品って微妙な部分もありますしね。わかりにくいというか。でも、今回の演出はいただけません。leading playerがこの物語の作者で・・という演出だったようで、それを説明するようなleading playerのセリフが出だしに付け加えられていたり、途中にもかなりleading playerのセリフが追加されていたように思います。最後にも、オリジナルにはないシーンが追加されていました。全くの蛇足だと思いますけどね。
劇中で、leading playerが、やたらとピピンに対して最後に自殺を勧めることになるのをほのめかしたりするんですよね・・。ピピンに最後に自殺を勧める時に使うピストルが劇の途中で登場したりとか。アンサンブルが先走って劇の途中でピストルを持ってきてしまって、「早い!」とたしなめられる、みたいな感じです。で、こういう楽屋落ちみたいなギャグというか、ネタが多いことにイラつきました。leading playerが「(ピピン役の俳優さんが)初めての主役なんで・・。」みたいなことを言ったりとか。適切に、うまくやれば楽屋落ちも面白いですが、今回は面白くありませんでした。

leading player以外の俳優さんたちの芝居もいまいち。歌も同様。昔、RENTのコリンズ役で拝見した石原慎一さん、コリンズ役の時はとても良かった記憶があるので期待していたが、今回は、歌、あんまり冴えませんでした。声自体はなかなか良いのに。

そもそも、「Pippin」という作品を上演しようというより、主演の俳優さんや主役の弟役の方などのファンを集客できる企画をやろう、という程度のノリの舞台だったんでしょうか・・。実際、観客層はほとんど彼らのファンで構成されているような感じでした。






この舞台は・・・お粗末だったとしか言えないと思う。ダメな舞台の良い例だったと思います。

ダンスが重要な作品で韓国版に負けるなんて・・、ありえないだろ。なのに負けた。勝てる勝負なのに。って、別に競争しているわけじゃないけど。
Commented by tomokot2 at 2007-10-15 11:06
私も観ましたよ。おっしゃってること同感。
ブロードウェイのものを翻訳し、日本で上演する限界を感じてしまいました。うーむ。これからもまた日本で何か観たいか?と自問自答して、なんかもーいやーみたいな気持ちになってしまいました。観れば観るほどガッカリしちゃうんですよね~。
Commented by saffy114 at 2007-10-15 21:04
どうしてこうなっちゃうんでしょうねえ・・。日本の舞台って、演出に問題が大有りのものが多いように思います。上手く言えないんですが・・、なんだろう・・演出や演技、「浅薄」な印象を受けることが多い、というか。
先週は、日本で2作品連続がっかりさせられる舞台に出くわして、とても残念でした。
Commented by しろ at 2007-10-17 22:08 x
はじめまして。「PIPPIN」で検索してお邪魔いたしました。

私は「PIPPIN」という物語を存じ上げませんでしたが、
主役の2人が好きで観に行こうか迷いました。

ですが海外で非常に人気が高く、実力のある役者さん方が演じた
作品だと知ったとき、今回主演の2人には到底力不足であろうことが
予想できたのでチケットは取りませんでした。

「ミュージカル・テニスの王子様」をご存知でしょうか。
漫画原作で、イケメンを集めて作った舞台ですが、
観客のほとんどは漫画・アニメ好きの若い女性です。

今回『PIPPIN』に出演していた若い男性キャストはこの「テニス~」の
出演者です。演出の上島氏もそうです。企画のネルケプランニングも
そういった役者を使って舞台を作ることが多いところです。

最初から一部の層向けに作られた作品ですので、純粋に作品を
愛されている方には到底お勧めできるものではありません。

とても残念な思いをさせてしまったと思いますが、
「系統の違う舞台を間違って観てしまった」くらいに思って
いただけると幸いです。

長々失礼いたしました。
Commented by saffy114 at 2007-10-17 23:53
しろ様、こんにちは。ご訪問、コメントありがとうございます。
「テニスの王子様」は、見たことはないのですが、マンガ原作ということ、テニミュと呼ばれていて、人気があるらしいことは知っていました。
確かに、一部の層向けに作られた公演、と言う感じでしたね。私が見た公演、明らかにテニミュのファンと言う観客が多かったです。テニミュのファンだけを相手にした公演を間違って見ちゃったよ、失敗失敗、と割り切れればいいのですが・・。
「一部の層」を観客として想定した舞台であったとしても、、その一部の層を劇場に来させるためにテニミュの若い出演者をメインに使うとしても、もっとマシな舞台にする余地があったと思うんですよね。それが残念です。

Commented by saffy114 at 2007-10-17 23:53
続きです。
振付・演出の上島氏、テニミュ以外のミュージカルの振付を担当することもありますよね。確か、wedding singerの振付を担当される予定だったと思いますし。大きい作品を担当することもある方のようですよね。そういう方が、このPIPPINという、ダンスに見所を作る余地がとても大きい作品で、ある意味,手抜きっぽい振付をしていたことに大変驚きましたし、不思議でした。この作品、結構哲学的とも言えると思うのですが、そのへんも感じられない演出でしたし・・。
なんというか、演出・振付・歌・演技、全力を尽くして、自分たちが成しうる範囲での最善の公演をしよう、という意気込みみたいなものがあまり感じられませんでした。これがあると、例え、ダンスが少々下手でも、振付が野暮ったくても、歌が少し不安定でも、大きな不満を感じない場合もあるんですけどねえ・・。
by saffy114 | 2007-10-12 23:07 | Japanese Musicals | Comments(5)