人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

エクウス(EQUUS) 劇団四季

劇団四季の「エクウス(EQUUS)」。自由劇場にて、13時からの公演を見ました。
キャストは、
マーティン・ダイサート 日下武史
アラン・ストラング 望月龍平
フランク・ストラング 山口嘉三
ドーラ・ストラング 木村不時子
へスター・ソロモン 中野今日子
ハリー・ダルトン 緒方愛香(劇団昴)
ジル・メイソン 田村 圭
ナジェット 田島康成(劇団昴)
看護婦 岡本結花
馬たち 岡本繁治  芹沢秀明  徳永義満  渡邊今人  森 健太郎


この作品、今回初めて見ました。ピーター・シェーファーの戯曲は、日本語版をずいぶん昔に読みました。高校生のころだったかなあ。当時、田舎でも入手可能な数少ない戯曲のひとつだったのです(涙)。あ~、本物の舞台見てみたいなあ、と思いながら読んだ記憶が強烈にあります。

あくまで個人的な感想ですが・・。良いんですけど・・、絶賛はできない。
作品が優れていますから、良いのは良いんです。馬たちの動きとか仮面、蹄鉄なども、とても良いですよね。役者さんたちも頑張っているし。

では、何がひっかかるのかというと・・、やはり演技のパターンと台詞の言い方だと思う。皆さんはっきり台詞をおっしゃるので、とても台詞がわかり易いのは良いことではありますが・・。

あんまり人物像が立ち上がってこない舞台だったような気がする。なんだか、脚本をそのまま見せられている感じがしないでもない、というか。たぶん、感受性豊かで、想像力があるタイプの観客なら、こういう提示の仕方でも大丈夫なんだと思うけれど・・。あまりそうではないタイプで、かつあまり舞台、特に四季の舞台を見ない観客の場合、「へんな話し方。リアリティがないなあ。」と感じてしまうかも。
それから、色気不足という感じがした。性的要素が重要な作品のはずなのに、なんかそっち方面のエネルギーに欠ける感じ。

アラン役の望月龍平さん、順当に演じているという感じですね。でも、もう少し、ギリギリの精神状態、という雰囲気が出たらもっと良さそう。
ちょっと気になったのは、CMソングをとても上手に、素人離れした歌唱力で歌うこと(笑)。アランは四季入団希望の17歳じゃないんだから、もう少し素人っぽく歌ってもいいんじゃないかな、なんて思いました。あと、馬の目を・・のシーンのジャンプも、アランはダンスなり体操なりマーシャルアーツなり、なにかやっているのだろうか?という感じの安定した高~いジャンプ。

ジル役の田村圭さん、台詞回しがちょっと気になったけれど、きれいだしフレンドリーそうに見えるところは良いと思った。ただ、いかにもバレエやってました!という立ち方、動きが目についた。これは役に合わないと思うのでご一考を・・。あと、もう少し、からっとした奔放さみたいなものが出せたらいいんじゃないのかなあ。

ダイサート役の日下武史さん、良いんだけど、 本当はこの役ってもう一世代若い俳優さん向けの役なのでは?とも思う。最大限に譲って60代までじゃないかな。
最後のほうの、「君が勝ち得た眠りだ。」という台詞をさらっと言っていて拍子抜けした。
あと、台詞回しが流麗だからそちらでカバーされてはいるけれど、あんまりバーンアウト寸前、自分の仕事・人生に疑問を抱き始めた、という感じが表現されていないように思う。シノプシスを知らないまま音声をオフにして見たら、たぶんこの登場人物が悩んでいるということがわからないんじゃないかなあ?


細かいことかもしれないけど・・。
アランの父が「よう・・・・ない」って言っていた箇所があったように思うが、これ、変じゃありません?だって、やたらときれいな標準語で話していたのに、いきなり「よう・・・・ない」という表現を使うのは、矛盾しているように思う。これ、関東人はほとんど使わない表現ですよね。
あともう一箇所、おそらく奥さんと違う階層出身ということを表現するためだと思うが、いきなり語尾が下町調になっていた箇所があった。これも違和感があった。

アランが入院時の部屋のオリエンテーションのときに「くそくらえ!」と言っていたように思うが、これって「fuck off!!」の翻訳ですよね?確かに、しばしばfuck offはそのように翻訳されますが、現在の普通の日本の17歳がその言葉を使うことって、あんまりないですよね。なにげに文語調表現ですよね、これって。うるせえ!とか、うっせ~!とか、うぜ~、ぐらいが妥当なんじゃないかな~(←個人的な意見です)。

それにしても、馬役の俳優さんたち、よくあんな靴?!で歩けますね。すごいな~。


ラドクリフ君の舞台、見たかったな~。好評だったようですし、YTに出てきている短い画像だけ見ても、この舞台、相当良かったんじゃないかな~という感じなので。GW,BWにするかWEにするかで悩んで、BWを選んだんだが・・。ま、結果的にBWも面白かったから,いいんですけどね。ギャラガー君とグロフ君を見られたし。
来年、ラドクリフ君主演でBWでやるという噂もあるようですよね。見たいなあ~。(そうそう、先日の「学校へ行こう!」でのラドクリフ君、かわいらしかったですね。)







ついでにラドクリフ君の写真を貼り付けちゃおうっと・・。
f0048936_2244912.jpg

f0048936_2264250.jpg
f0048936_2265451.jpg

Commented by tomokot2 at 2007-07-16 17:38
>あんまり人物像が立ち上がってこない舞台だったような気がする

これって四季の舞台全般に言えることのような気がします。
私は、市村正親さんの舞台を2回くらい観ました。CMソングのところは、いたずらっこっぽく可愛く歌ってた気がします。
日下さんがまだダイサートを演じるって、ちょっと信じられません。
四季はストレートプレイをやれる俳優さんがそんなに少ないのかな~。
ほんとにミュージカル中心になっちゃって。ストレートプレイを上演するにも、役者層が相当薄くなってるのかなぁ。
当時から、四季バージョンはきれいすぎるって批評がありましたよ。
きっと、それからまた●十年経過して、一層浄化^^されているのではないでしょうか~。シェーファー、いいですよねぇ。私は無理して原語本を購入しましたが、ほっぽっりっぱなし。。。まだあるか書棚を捜してみますぅ。
Commented by saffy114 at 2007-07-16 23:04
浄化。そんな感じです~。ああいう格好でやるシーンなので、わざとそういう演出にしたのかなと思う一方、Spring Awakeningの××××シーン程度の生々しさがあったほうが劇が活きるような・・なんて思いました。
40~50代の男性が自分の仕事や人生に疑問を持つのと、70代が疑問を持ちはじめるのでは、意味がだいぶ違ってきてしまうように思うんですよねえ・・。
by saffy114 | 2007-07-15 21:51 | 国内ストレートプレイ | Comments(2)