人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー

”The Scarlet Pimpernel”(日本版)

”The Scarlet Pimpernel”の日本版、見ました(12月3日、12時半からの公演)。
キャストは
Percy:石丸幹二  
Marguerite:安蘭けい
Chauvelin:石井一考
Robespierre / Prince of Wales:上原理生 
Armand:松下洸平
Dewhurst:泉見洋平
Marie:則松亜海

安蘭けいさん、以前宝塚版のパーシー役で拝見しているので、パーシーとマルグリッドの二役で拝見したことに!
役者さんは健闘していたのではないでしょうか。
皆さん歌えていましたし、
この日本版も、まあ楽しめることは楽しめたのですが・・・。
なんだか、流れが悪いというか、なんだろうなあ、もうちょっと面白いはずなのに・・・と惜しい感じ。
面白くしようとして投入・追加されているギャグがちょっと寒いから、かも。
ピンパーネル団のやりすぎ派手衣装も、米国版のような衣装のほうがいいんじゃないかなあ。
荒唐無稽なストーリーなので、そのぶん衣装とか細かい演出は観客が素に戻ってつっこみたくなるような隙やアラは少なくしておくほうが安全なんじゃないだろうか。

音楽も、なんだかノリが損なわれているというか、ちょっと流れが悪い感じだった。

この演目は、宝塚版のほうがすんなりと楽しめたかもしれません。



f0048936_21091612.jpg


日本版の1幕最初の”Storybook ”の場面、昔のバレエ風の振付になっていたんですが、ソロで天使っぽい扮装で踊る女性ダンサーの方のバレエの技量が・・・・。
クラシックバレエ風の演出・振り付けにするなら、もっとバレエ上手なダンサーの方を使えばいいんじゃないかと思うんだけどなあ。興ざめでした。もっとバレエが上手な方、日本にはごろごろ存在するでしょうに。
人件費の関係でバレエが上手い人の投入が無理なら、オリジナルの英語版や韓国版みたいなレビュー風の舞台の演出にしときゃいいんじゃないかと思うんだけどな~。



by saffy114 | 2017-12-03 19:21 | Japanese Musicals | Comments(0)