人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ウィーン旅行の記録(2014) 5

Ronacher劇場まで移動。
18時半の開演まで時間があったので、どこかで間食しようということでHimmelpfortgasseを歩く。Cafe Frauenhuberという店があった。ここでKaiserschmarrnとTopfen Palatschinken、Heiße Schokolade,schokohäferlを食べた&飲んだ。
f0048936_22415922.jpg
f0048936_22414848.jpg
f0048936_22413896.jpg


Ronacher劇場へ!
f0048936_22432978.jpg

Ronacherは、大きな荷物やコートは有料でクロークへ預ける仕組みでした。

18時半開演の”Der Besuch der alten Dame”を観劇。
ウーヴェ様に逃げられる可能性を想定して、後日再観劇のチャンスが3回残る火曜日のチケットを予約したのですが・・。
イル役は、この日はEthan Freemanさんでした。残念・・・かというと、そうでもなかった。Ethan Freemanさん、とても良い声ですし、雰囲気的にはEthanさんのほうが役柄に合っているかも。
っていうか・・。この演目は、とにかくクレア役の Pia Douwes様がド迫力で、圧巻でございました。
f0048936_22425297.jpg

以前、アムステルダムでピア様主演のCabaretを見たことがありますが、今回のクレア役のほうがインパクト50倍って感じでした。

で、Freemanさんのイルに不満はなかったのですが、ウィーンまで遠征したわけだし、どうせならドイツ語圏ミュージカルの大スター、ウーヴェ様の舞台もできれば見てみたい。
というわけで、インターミッションの時に、パンフレット売り場の係員の方に「今週の金曜までの間で、ウーヴェ様の出演確定日ってありますか?」的なことを英語で尋ねてみたら、「後でバックステージに行って聞いてきてあげるから、終演後ここに来て。」とのお返事。なんてありがたいことでしょう。終演後に行ってみると、「明日からウーヴェ様が戻ってくる。」と先ほどのパンフ売り場の女性係員の方が教えてくれました。Vielen Dank!

開演前に、劇場の近くのカフェに正装したお子様(小学校高学年ぐらい??)の集団が座っているのを見かけた。まさか同じ演目を観劇するんじゃないよなあ・・・内容的にこの年代の子がグループで見に来るような演目じゃないし・・、などと考えながら通り過ぎたんだが、あとで劇場の中でこの子らを見かけてびっくり。
まあ、でも、色々倫理・哲学的なことを考えるネタになる筋書きだから、若い世代が見るのにいい作品なのかも??あ~、そうだ、何しろああいう筋書きだから、思春期前のお子さんの親御さんだと、別のことを期待して、というか、子供の深層心理にあることが植え込まれるのを期待して見せてる、とか?
違うか・・。時代背景も違いますしねえ・・・。


1日目に昼食を食べた店を再訪。
Radlerと Weißer Gespritzter
f0048936_22434451.jpg

spargel-creamesuppe、Lardo-Turopolje。ラードが前菜になっていた。これ、意外とおいしかった。
f0048936_22435889.jpg

Grammelknödel auf Gabelkraut
f0048936_22441157.jpg

by saffy114 | 2014-07-02 22:50 | 旅行 | Comments(0)