人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Mamma mia!(日本版) 1

日本語版「Mamma mia!(マンマ・ミーア!)」。
2月5日、四季劇場「海」にて、17時半からの公演を見ました。

キャストは、
Donna/ 樋口麻美
Tanja/八重沢真美
Rosie/青山弥生
Sam/阿久津陽一郎
Bill/脇坂真人
Harry/明戸信吾
Sophie/谷口あかり
Ali/木内志奈
Lisa/柏 円
Sky /田中彰孝
Pepper/大塚道人
Eddie/川口雄二


劇場のロビーに入りキャスト表を見て、「ドナ:樋口麻美」と書いてあるのを見て、驚愕しました。ええっ、樋口さん、こないだソフィーだったのに!?と(笑)。
Mamma mia!、2001年ごろにWE版→02年末~03年に四季の初演を海劇場で2回ぐらい?→2006年夏に韓国版→2006年末にBW版→2007年にハンブルグのドイツ版を見ています。で、初演の四季のMamma mia!を見た時のソフィーが樋口さんだったんです。溌剌とした感じで、今まで見た各国のソフィーたちのなかでも好印象なんですよね。
よく考えれば8年ほど経過しているので「こないだ」というのはちょっと語弊がありますが(笑)、でも、でも、樋口さんって、明るいはつらつとしたお嬢さん役担当という印象を持っていたし、年月が経過したとはいってもたかだか8年。で、え~っ、8年でソフィー役からドナ役!?とびっくり。
樋口さんが何歳ぐらいなのかは存じ上げないのですが、なんとなく30代前半ぐらいと見積もっていたんで、若すぎるんじゃ・・・と思ったのですが、そんなにドナ役、おかしくなかったです。ヘアスタイルやメイクで役者さんは化けますね~。確か、樋口さんってWSSのアニタ役が好評だったと記憶していますが(私は別の人で見た)、今回の樋口さんのドナを見ていて、ふむふむなるほど、気っ風が良さそうな雰囲気で、動きもきびきびとしているので、アニタも似合ったんだろうなあと納得。
まあ、ロージーとターニャと一緒の場面だと、ドナだけな~んかすごく若いなあ・・・・という感じはありましたが、さほど無理無理に老け役を演じている感じはなかったです。ソフィーと母娘というのも、思ったよりは違和感なかったです。けっこうああいう感じの若いお母さんというか、若くして産んだティーンエージャーの娘さんと母娘?姉妹?という感じで仲良しな元・若いお母さん、いるなあ、という感じ。
う~んちょっと若いよなあ・・という瞬間も多々ありましたが、全体的には予想外にちゃんと20才の娘がいる人、という設定に合っていたと思います。さすが~。
歌は、まあ以前見た保坂さんと比較するともう一息という感じか・・。樋口さんも上手いのですが、なんだろう、例えばMoney,Money,Moneyなど、盛り上げ方がもうちょっと足りないというか・・・。
ところで、"Voulez-Vous" のときにあらためて気付きましたが、樋口さん、スタイル良いですね~。


~続く~



でも、やっぱり本来はもっと年代が上の女優さんが担当すべき役だと思うなあ・・。樋口さんはものすごく健闘なさっていたとは思うけども・・。
by saffy114 | 2011-02-21 23:30 | Japanese Musicals | Comments(0)