人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Hedwig and the angry inch<헤드윅>2009 최재웅チェ・ジェウン×리사リサ

「Hedwig and the angry inch<헤드윅>」。
2010年1月2日、ソウルのKT&G 상상아트홀<サンサンアートホール> にて、15時からの公演を見ました。
出演は、
헤드윅Hedwig 최재웅<チェ・ジェウン>
이츠학Yitzhak 리사<リサ>

この作品、さすがに何回も見すぎて(笑)そろそろもういいかなあ・・という気もしていたのですが、クールな感じのジェウンさんがHedwig役をやるというのは意外だったので、これは一応見ておかねばなるまいね、という訳で結局また見てしまいました。
以前、Thrill meで재웅さんが注目株になった頃、なんだかインタビュアーをけむに巻いているような感じの受け答えをしているらしき記事を見た記憶があるのと、イヤギショーだったと思いますが、当時の話題の大型ミュージカルのオーディションがあったのを「知らなくて受けなかった。」(←すごくやりたい役があったらしいのに・・)と淡々とのたもうているらしい画像を見て笑ったことがありまして、この人はちょっとユニークそうな気配がするな、と思っていまして。なので、ロック系のナンバーのほうは合うのか合わないかわからんけれど、芝居はユニークなのを期待できるかも??なんて思いつつ、見に行きました。

で。座席に座ってしばらくしたら、振り返って後方をちらちらっと見てささやき合っているお客さんがちらほら。ん、誰か有名な人でもいるのかなあ~と思って私も後ろを振り返ってみたのですが、わからず。まあ、私が知っている韓国の有名人なんて非常に数少ないですから、目に入ってもわからないよなあ~、役者さんたちは素だとわかりにくいしな・・・と思ってあきらめかけたら、私の座席の斜め前方にいらっしゃった、この日の観劇日程が一緒でご一緒していたお方が、教えてくれました(Thank you so much!)。チョ・スンウさんだと。えっ!あらためて後方を眺めたら、あっ本当だ~、スンウさんがいた!言われればわかりますが、誰がいると告げられずに見ると・・・見逃しちゃう・・・。
そういえば、ジェウンさんとスンウさんは高校の同級生だとかいう話でしたよね。ダヒョンさんもなんでしたっけ?すごい学年ですね。例えて言えば、関△国際高校の演劇科の特定の期の3人がHedwig役やりました~、みたいなものですよね?すごい確率だな・・。
というわけで、思いがけない嬉しいおまけがありました。

헤드윅Hedwigの최재웅チェ・ジェウンさん。おお。やっぱり土台の良しあしで外装工事の出来も違うのね~。やはり綺麗でした。ダヒョンさんと並んで、女装姿が映えるHedwigでした。
ダヒョンさんは、あら可愛いじゃないという感じでしたが(*喋らなければ)、ジェウンさんは「綺麗」でした。この方もスタイルが良いというか脚のラインがきれいなんで、女性物のドレス姿が映えますね。まあ、ちょっと肩のあたりはがっちりしてるけども。例の、Hedwigが着替えて再登場するところでは嘆息混じりの歓声があがってました。
재웅さん版は、ふん、と鼻で笑いそうな(?)感じの、ちょっと斜に構えた感じのHedwigだった、かな。で、11月に見たテウルさんは笑わせるべきところで笑わせきれていないような感じでしたが、ジェウンさんはそのへんも上手かったです。結構面白かった。ただ、例えばダヒョンさんの場合など、かなり暴走してくれて、スラップスティックに近い笑いのとり方をする部分が多かったし、動きが大きいぶんセリフ内容が断片的に聞き取れる言葉から推測可能だったりして、韓国語があまり理解できない私でもかなりわかりやすい笑いだったのに比較すると、ジェウンさんバージョンは、ちょっと「言葉」で笑わせてる部分が多かった・・のかな。なんで、口調や断片的に理解できる言葉から、あ、ここはたぶん笑いどころなんだろうな!と思うけど、完全には理解できない・・みたいな部分が時々あった・・気がします。さすがに、見てから2カ月以上経つと記憶が曖昧だ・・・。今回は、その日のうちにざっと感想をメモる・・などの作業を怠ったので、余計に曖昧・・。

歌はですね、やはり良く通る声で上手いです。ただ、ロック系のナンバーは最得意科目ではなさそう、かな。声はいいし、表現力もあって上手いし、思ったよりは(すいません)ロック系のHedwigのナンバー、歌いこなしていらっしゃったのですが、そうですね~、時々ロックっぽくない感じの歌い方・声の使い方がひょこっと顔を出してました。直近に見たHedwigのテウルさんは、歌の面ではロック系ナンバーをそれらしく上手く歌いこなしていたので、余計にジェウンさんの歌のロックっぽくない箇所に私が気付き易くなっていたのかもしれませんが。

その他、覚えているのは・・。
水撒きが、テウルさんの時以上に徹底していたような気がします(笑)。最前列の人たちは、かなりお水を浴びたのでは?で、たしか、バンドの人が客席に巻き終わって戻ってきた後、Hedwigが「よくやった~。」とご満悦だったと記憶しております。
毛皮を着ていたら、通りすがりの動物愛護おばさんに・・・という部分が、ジェウンさん版は独特だったような?(このへんが、悲しいことに語学力不足で「ような??」で終わってしまうんですよね~、ちゃんと理解できていないから。)おばさんに絡まれて、「なんでよっ!あたしの人生でしょっ!」みたいなことを言ってたみたいです。「(毛皮)プレゼントで貰ったのよう・・・。」みたいな泣きごとも言ってたのかな?このへんのセリフの言い方が結構面白かった。
セルビア式携帯電話の場面の、ドイツ語の発音が上手かった。というか、「モノマネのドイツ語」としての発音が巧みだった、という言い方が適切かな。Ist das wer?だったかな、短いフレーズですけどね。それからドイツ語訛りの英語が、けっこうそれらしかった。Oh,my godのgodがすごくドイツっぽかったです(笑)。で、それに続いて「예~, 알겠습니다~.」と韓国語で言ったのが妙に面白かった。このフレーズって、例えば店員さんなどがお客に対して言うときなど、ちょっと独特の節回しっていうか、イントネーションで韓国の皆さんおっしゃいますよね。あの言い方でこのセリフを言ってたので、直前のなかなか上手なドイツ訛りの英語との落差で笑えました。

이츠학Yitzhakの리사リサさん。まあ本当に、再演の度に次々とパワフルな声のYitzhakが登場しますねえ。この人は本業は歌手だと聞いていますが、どういう系統の歌を普段はやってらっしゃるのでしょう?ロック系の歌が元々得意なのでしょうか?とても上手かった。でも、リサさんって確か〈대장금〉のタイトルロールをやってた人のうちのお一人ですよね?っていうことは、ああいう、いかにもミュージカル!という系統の歌いあげ系ナンバーも歌えちゃうということか。歌い方に何パターンかあるということですよね、凄いな~。
この人のRandom number generation、とても良かったと思う。過去に見たYitzhakの方々の歌うこのナンバー、どの皆さんも声量とパワーはあるけど、人によってはちょっとパワーで押すだけで雑な感じになっちゃってるかな~という感じを受ける場合もあったんですけども、リサさんのRandom number generationは、緩急もあってとても良かった。さすが歌手のお方、独立した「曲」の聞かせ方を心得ていらっしゃるのかな。
リサさんは、メロディをややアレンジして歌っている部分が時々あったように思います。Midnight Radioの最後のほうが他の人たちと違っていたような記憶が。それがなかなか良かったです。さすが歌手、っていう感じでしょうか。


という訳で、また見てしまいました。近くで上演していれば、ロックバンドの方だというユン・ドヒョンさん版や〈대장금〉でなんだかひょうひょうとして面白いミン・ジョンホ様だった人(すいません、名前忘れました、後で調べて置き換えます)版も見比べてみたかったですが、残念ながら劇場が家から遥かに遠いので断念。

ところで、최재웅さん、Thrill me再登板なんですね。お~。見たいな。
でもその前に一言。‘로맨스 로맨스’ の4月のスケジュールってまだ出ないんですか?!遅~。
これだけトロいと3月で公演中止なのかと私ゃ勘ぐってしまうよ・・。
by saffy114 | 2010-03-23 23:21 | Korean Musicals | Comments(0)