人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Alan Cumming: I Bought a Blue Car Today(2)

え~と、その他の話題は・・。
Romy and Michele's High School Reunionで共演したカムリン・マンハイムと友人だそうで(Practiceに出ていた人ですよね?彼女はバイク好きなんだそうです) 、で、NY滞在中にその彼女の友人の「John」を紹介されて、彼のアパートに行ったことがある(ここで観客からヒュ~ヒュ~~と声がかかっていた)、彼は当時、drag actのショーーを書いてるところなんだ…と言ってたんだが・・・、と。ここでまた観客から拍手が。日本の皆さんも、誰のことかピンときますよね。そう、ジョン・キャメロン・ミッチェルですって。ということで披露されたアラン・カミング氏のWIG IN A BOX / WICKED LITTLE TOWN、と~っても良かったです。

そうそう、このI Bought a Blue Car Todayというタイトルは、彼がアメリカ国籍を取得するためのNaturalization testでの英語のテストで彼が綴った文章だそうです。へ~、かわいい文章じゃん、と最初思ったけど、よく考えたら地球温暖化問題とか石油の過剰消費とか消費過剰とか、いろんなアメリカの問題が凝縮された文章だな、と思ったそうな。上の文章をパロって、I bought a blue HUMMER on my bonus.という文章を言ったりもしていました。
あ、で、この話題のときアメリカのことを、カミングさん、United states of Obamakaとか言ってました(笑)。それから、Naturalizationっておかしな言葉だな、とつっこんでました。アメリカ人以外はnaturalじゃないとても言ってるような表現だなあ・・、だそうです。あと、このNaturalization testで、「Are you, or have you been any time a prostitute?」と尋ねられて面食らった、というような話をしてました(笑)。それは確かにとんでもない質問ですね(笑)。
彼はだいぶ前から米国在住なのだそうですが、なぜ今,米国市民となったのかというと、選挙で投票したかったから、だそうです。政治のシステムに参加し、最近勢力を伸ばしている「ファシスト」を追い出したいから、だそうです。ここで客席から大拍手が。でも、選挙の3日後に市民になったんで間に合わなかったそうだ(笑)。
カミング氏が「Kenneth Starr検事って覚えてますか?あの彼が、カリフォルニア州で行われた同性婚を無効にしようという運動をしています。Well,F△△K YOU Kenneth!」とぶちあげたら、観客から大拍手がおきてました。

それから、客席に向かって「自分のことが書かれたサイトは見ないほうがいい。」とアドバイスしてました。まあ一般人には関係ないアドバイスなんですけども・・・。MIKAと噂になったことがあるんだそうですが、MIKAと一緒にタクシーに乗った時の写真をタブロイド紙に掲載されたそうで、そのあと何かのサイトを見たら、ネチズンたちが色々書きこんでいて、「アランは幸せな結婚をしているんだ!MIKAと浮気なんかしないね!」なんていうのもあったけど、「僕は今年のNEW YEAR'PARTYでアランがアフリカ系の男性二人と#$&%しているのを見たぞ。」なんていう書き込みもあって、おいおい、俺の夫もこの書き込みを見ちゃうんだけど!?と思った、というような話をしてました。

MEIN HEIRのとき、CABARET出演中、EMCEE役をやっている時に、前方席にぶす~っとした表情で座っていた高齢男性にちょっかいを出したら、客席がものすごく沸いたんで、あれ、アメリカ人って意外とお年寄りが好きなんだ、すてきだなあ・・・と思ったんだが、「お名前は?」と聞いたら「・・・クロンカイト。」と。後日、ワシントンで開催された何かで彼とまた遭遇して焦った、みたいなことも言ってました。

最後のアンコールで歌ったBEAUTIFULという曲、お客さんにかなりウケてました。ご高齢の女性の誕生パーティのために作られた曲らしいのですが、歌詞に“f**king beautifulだのf**king wonderfulだのという言葉が乱舞していたため・・だと思います(笑)。

あと、ミュージカルのCHESSのナンバー、WHERE I WANT TO BEを歌った時、「自分はCHESSは見たことはないし、ストーリーは知らないし知りたくない。この歌自体が好きなんで、作品を見ちゃうとかえって混乱しちゃいそうだから・・・。わたくし、アラン・カミングは絶対に今後もCHESSを見ません!!」というようなことを言ってました。

あと、私はDANCE AND DANCE AND SMILE AND SMILEという曲がとても印象に残った。グラスゴーにいたころ、前妻と一緒にスコットランドで有名な女優兼歌手の方のコンサートを見に行ったときに聞いた曲だそうで、とても素晴らしかったので、いつか機会があったら絶対にこの曲を僕も歌う!と思ったのだそうです。曲調も歌詞もあまり私の好きなタイプの曲ではないのに、不思議とぐっと来ました。
あとは、Taylor,The Latte Boy という曲、毎朝寄るスタバの店員さんにちょっとお熱をあげている人の気持ちを歌っている内容なんですが、ほのぼのラブリー系でなごみました。カミングさんが歌うと、ちょっとしたドラマみたいです。こういう点が凄いなあ、と。



というわけで、ロンドンまで来た甲斐があったなあ、なかなか良いものを見たな~と思わせてくれるライブでした。
Commented by quast at 2009-10-07 23:02
このコンサートは先週までLAでやっていたんですよね。SFに来てくれないかな~。Taylor The Latte Boyは最初にスーザン・イーガンがソロCDで歌って、それからチェノウェスが歌って彼女の持ち歌になっています。でも男性が歌うとまたキュートなんですよね。

ところで私はカムリンのご自宅に伺ったことがありますよ(笑)。友人の誕生日パーティが彼女の家で開かれて、招待されていったのです。彼女はクラフトが好きで、クラフトルームとかあって、そこには息子がいつどんな誕生日パーティに呼ばれてもいいように、男の子用、女の子用のプレゼントがいろいろ用意されているという周到さでした。ミロ(息子)は4,5歳だったと思うのですが、彼の子供部屋にはジャングルのような壁画が描かれていて(笑)さすがハリウッドスターだわとタジタジしたのを覚えています。
Commented by saffy114 at 2009-10-08 01:36
quastさま:
そうなんです、Taylor The Latte Boy、キュートでした!チェノウェスさんも歌ってるんですね!今度チェックしなくては。
わ~。うらやましい!プラクティス、見てましたし、カムリン・マンハイム、けっこう好きなんです。でも、子供部屋に壁画って・・・すごいっすね。子供用のプレゼントが常備されているってのもスゴい。計画性がすご~くあるタイプのお方?
by saffy114 | 2009-10-07 21:58 | London Musicals | Comments(2)