人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

날보러와요 (2)

この芝居を見て、実際に解決できない事件を担当している警察官の方々って、どういう心理状態でいらっしゃるのかなあ??と、ふと思いました。
大抵の事件は、動機もありがちなものだったり、手がかり残りまくりだったりでしょうから、普通に捜査すれば犯人を捕まえることはさほど難しくないんでしょうね。ですが、時々起こる、「規格外」の事件の場合だと、とたんに難航する・・・てことなのかなあ、と思うのですが、難航する事件に当たる方って、どういう気持ちなのかな。
仕事は仕事って上手く切り替えられるのかなあ。普通の人間が普通に捜査して解決できないものは不可抗力だから仕方無い、みたいな感じで、あまり抱え込まないようにするのかなあ?
警官っていったって元々は普通の人間ですし、シャーロック・ホームズやポアロみたいな灰色の脳細胞を持っているわけではない。通常の事件では、、そんなこと別に気にもなさらないでしょうけど、なかなか犯人にたどり着けない事件の場合、きっと、もっと冴えた人間が捜査にあたっていたら・・もっと注意力があれば・・・もっと情報収集が上手かったら・・・なにか聞き逃したのでは・・・などなど、自分たちの能力不足なのでは・・という思いにとらわれてしまうことはあるのかなあ??

どの場面だったか、キム班長かパク刑事だったかが「犯人のほうがわれわれよリ一枚上だ。」というような内容の言葉を悔しそうに吐き出していた気がするのですが(違うかもしれん)、こういう思いにとらわれると、つらそう・・・。

個人的には、一番印象に残ったのは송새벽ソン・セビョクさん演じるキム刑事。
このキム刑事は、ソウル大英文科卒でソウルから赴任した刑事で、詩を書き、モーツァルトの曲を好むインテリです。彼は冷静に論理的な捜査をするタイプで、昔ながらの荒っぽい捜査手法をとろうとするチョ刑事と衝突します。キム刑事、かなり独特なというか、エキセントリックなキャラでして、モーツァルトの曲が好きなのは結構ですが、時々突然デスクに置いたラジカセをいきなりオンにして、刑事部屋にモーツァルトの曲を響き渡らせてしまいます。一応ヘッドホンもお持ちで、ヘッドホン着用でデスクに向かっている場合もありますが(このときの表情がまたなんとも神経質そうというか気難しそうというか・・・)、ヘッドホン使用せず、周りに構わず音楽を鳴り響かせている場面も多いです(笑)。天才肌といえばそうなんですが、紙一重な感じもありまして、頭にきた同僚のチョ刑事が「精神病院へ行け!」みたいなことを言ったりもしてました。
このキム刑事は推理にはさすがの冴えを見せまして、連続殺人の夜はいつも雨で、しかも必ずラジオのクラシックのリクエスト番組でモーツァルトのレクイエムが放送されていたことに気づくのですが、この気付いたことを周りに伝える・・の場面、面白かった。一人目の容疑者の精神疾患患者とその友人の聴取後、どうも彼は真犯人ではなさそうだなあ・・・と悟りはじめた他のメンバーが、捜査会議で今までの事件の詳細を検討というか復習しているとき、犯人の遺留品がないのは何故だ・・・とか話しているうち、パク刑事さんが「犯人は『下』の毛が無い病気なのでは?」という説を唱えます。で、チョ刑事は「脱毛症じゃなくても剃刀で剃れば同じじゃ??」と言い・・などしている時、突然!キム刑事が、モーツァルトのレクイエムが流れるラジカセを持って(だったと思う)大声で「この曲を聞け!!雨の音!夜!近づいている黒い影!」とか叫び始め、他の刑事さん達・・・唖然。この「何事だあ??」という他の刑事さん達の表情が結構面白かったです。

キム刑事は、FBIの捜査方法も独学でお勉強していて、2番目の容疑者のナムさんが真犯人かという議論をしているときに、「あんな酔っ払いは犯人ではありえない!」みたいなことを苛々っとした調子で言いながら、がらっとご自分の机の引出しをあけると・・・・FBIのプロファイリングに関する英語の本が登場(この場面で、観客が凄く笑っていたなあ)。

最後の事件の前、またラジオ番組でモーツァルトのレクイエムが放送され始め、事件が起きることを悟った刑事たちは、なんとか阻止しようとし、キム刑事は、放送中に放送局に電話してリクエスト者の名前を尋ねようとするが、いたずら電話と間違えられて切られてしまって、急いで部屋を飛び出していきましたが、阻止に失敗。事件が起きてしまいます。この被害者が14歳(たしか・・)の少女で、しかも今までで一番残酷で凄惨な状況の事件現場だったことで、捜査チーム全体がかなりの動揺と衝撃をうけます。
じきに、3番目の容疑者が逮捕され、キム班長とキム刑事が取り調べにあたるのですが、この場面で、キム刑事が、少女の殺害状況と犯人の行動・心理状態、殺害後にしたことやその理由(の推理)を容疑者に向かって描写してみせる、ものすご~い長セリフがあります。「資料」を読んだときに、この場面は下手したら土曜ワイド劇場などの最後のほうの場面みたいになっちゃうよな~と思ったのですが、そんなことにはならず。송새벽さん、この場面、迫力があって良かった。えっと、迫力だけじゃなくて、なんでしょうね、刑事さんの怒りとか事件を阻止できなかった悲しさ、みたいなものも出して演じていたみたい。「資料」を読んだ時は、演じる俳優さんは、どう演じるのかな~、キム刑事は「プロファイリング」を試みていたみたいだから、ミイラ取りが…みたいな心理状態になってきて、犯人の心理状態に近づいてしまっているような感じで演じるのかな~とか思っていたんですが、というよりは、刑事さんの執念というか落としてみせるという気迫と犯人への抑えているが激しい怒り・・みたいな感じで演じてたように見えました。
このキム刑事による取り調べの途中から、最初は無表情だった犯人の様子が変化してきて、最後は下を向いてしまっていて、犯行を認めるのかな~と思ったとき、DNA鑑定の結果(最後に事件現場でやっと遺留品が出た)が届き・・・DNA鑑定の結果は、この容疑者と一致せず。
ショックでキム班長は脳卒中の発作を起こしてしまいます。その後、パク刑事は警察を去り、去り際にキム刑事に体を大切にしろ、詩人を目指すのもいいんじゃないか?こんな生活は心身に良くない・・みたいなことを言っていたのですが・・・時すでに遅し。キム刑事は、ラジカセからレクイエムが流れてくる幻聴と、ロッカーから犯人らしき人影が出てくる幻覚に襲われ、床をのたうち回る・・・・という場面で本編が終わります。
このあと、プロローグで、療養中のキム班長にパク記者がチームメンバーのその後を語っていたようですが、どうもキム刑事は事件後2年たってもいまだ入院中という設定だったようです。

報われないな~。

송새벽さん、私が資料を読んでイメージしたのとかなり近いキム刑事でした。
本編の冒頭、彼が登場していきなり詩を朗誦し始めるんですが、おおおおお、こんな見事に神経質っぽくてエキセントリックそうで、でもホンモノの警察関係の人特有の鋭さ(←ちょっと険があるっていうか・・)に似た感じも持っている役者さん、どこで見つけてきたんだ?と感心。
ホントに見事に神経質そうな容貌なのに私は感動して(?)、写真がころがってないか検索。ありました!
ほら!
f0048936_23294488.jpg

う~ん、でも、この写真じゃまだまだ実際の舞台での雰囲気が伝わらないなあ・・・。

あ、このリハ写真の表情がなんとなく実際の舞台の雰囲気が出てるかな?
f0048936_2330840.jpg


それなりにキャリアがある方なのかしら?検索してみたら、韓流スターご出演の映画に出演したらしく、それに関する記事をいくつか見かけました。なんと役名がセパタクロー刑事って書いてあって・・・。私の頭の中は「???」でいっぱい。セパタクローが得意な刑事なのか?セパタクローみたいな凄い蹴りをくらわすキャラなのか??まあいいや、この作品とは関係ないし・・。

~続く~
Commented at 2009-09-06 00:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saffy114 at 2009-09-07 07:43
09-06 00:10 の鍵様:
あ、たぶんその映画です!日本で見られるんですね。見てみようかな~。なんでセパタクローなのか、気になる・・・。

韓国演劇までフォローしはじめると、お互い、チェックする演目数がえらいことになってしまいますよね(笑)。
Commented by 最後まで残った人 at 2009-11-03 22:40 x
お久しぶりです。
先週から公開されている『마더』みてきました。
セパタクロー刑事,暴力的らしいのですが,『殺人の追憶』のような暴力シーンはなく,リンゴ1個で表現しています。
ソン・セビョクさん,舞台とはまたちょっと違った雰囲気でした。
気になりますね。
Commented by saffy114 at 2009-11-03 23:20
最後まで残った人さま:
お久しぶりです!!もうご覧になったんですね!私も近日中に見るつもりです。ソン・セビョクさんのセパタクロー刑事が気になるので(笑)。
しかし、セパタクロー刑事を見たいがためにこの映画を見に行くなんていう人は、もしや私だけかもしれませんね・・・。
by saffy114 | 2009-09-04 23:33 | 海外 ストレートプレイ | Comments(4)