人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

A New Brain <ニュー・ブレイン> 

「ニュー・ブレイン<A New Brain >」。日比谷シアタークリエにて、3月11日、18時半からの公演を見ました。

キャストは、
Gordon Schwinn 石丸幹二
Mr. Bungee 本間ひとし
Mimi Schwinn 初風諄
Rhoda 樹里咲穂
Roger Delli-Bovi 畠中洋
Richard パパイヤ鈴木
Lisa:A homeless lady マルシア
Waitress/Nancy D. 中村桃花
Dr. Jafar Berensteiner 友石竜也
The Minister 田村雄一

スタッフは、
Music:William Finn
Lyrics: William Finn
Book: William Finn,James Lapine
演出:Daniel Goldstein
訳詞: 大場公之・遠藤てる美
音楽監督:八幡茂
振付:上島雪夫
美術:デイビッド・コリンズ
照明:高見和義
衣裳:屋島裕樹
あ、あと、英語版だとJason Robert Brown氏がarrangerとしてクレジットされているようですね。

初日を見ました。William Finn氏もいらっしゃってましたね。演出のダニエル・ゴールドスタイン氏とその関係者らしき御一行も私の数列前に陣取っていました。

この作品、クリエで上演されるというニュースを見るまで存在を知らなかったのですが、かなり期待していたんです。
韓国でオフ・ブロードウェイ系の作品やあちらのオリジナルの小劇場向け作品を見て、chamber musicals系の作品も面白いなあと思いはじめておりました。日本は大劇場向けの作品ばかり上演される傾向があるので、日本でも小劇場向けの作品を上演してくれないかな~と思っていたところに、石丸王子様(40代)の復帰作としてこの作品が上演されるのを知り、シノプシスを見る限りでは面白い題材のようだし、spelling beeのFinn氏の作品だし、これは面白いかも、と期待していました。気に入ったら、もう一回ぐらい見に行こうかな~と思って、公演期間前半というか勢いあまって初日のチケットをとってしまった、というところに、私の期待の大きさが現れております(笑)。

が、う~ん。そう酷いわけではないのですが・・・・。
ちょっと失望。
実際の舞台より、「シノプシス」だけを読んだ状態のときのほうが、かえって胸に訴えるものがあったかも。
あまり演出が良くないと思いました。演出次第では、もうちょっと「見られる」作品に成り得るような気がします。
確かに、曲もきれいではあるがあまり印象に残らないものが多く、作品自体が、Spelling beeなどに比べるとパワー不足なのかもしれませんが・・・・。やはり、演出に責任の一端というかかなりの部分があるのでは。
題材や言わんとしていることは感動的ですし、もっと良くなるポテンシャルはありそうな作品のような気がするのですが。
セットデザインもイマイチかな。

もっと舞台が小さく、かつ観客と舞台が近い小さな劇場で、小規模・低予算プロダクション!という感じで上演したなら、この演出・セットデザインでも、もう少し訴えるものがあるかも・・・とも思いました。

歌は皆さん順当に上手でした。マルシアさんが特に良かったです。
(あ、パパイヤ鈴木さんはやや微妙でしたが、PIPPINの時よりは遥かに良かったです。)

~続く(たぶん)~
Commented at 2009-03-24 03:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saffy114 at 2009-03-24 22:35
03-24 03:41 の鍵様:
わ、それはまだ実行したことがありません。あの演目のためでしょうか?
私も、2泊4日までしかやったことないです。NY0泊→ロンドン2泊で5日間という日程ならやりましたが・・。
こういう短い日程だと、入管で結構いろいろとしつこく訊かれますね。
by saffy114 | 2009-03-22 23:12 | Japanese Musicals | Comments(2)