人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Zanna, Don’t !<자나, 돈트!> (5)

Mikeの박주형パク・ジュヒョンさん。
f0048936_035224.jpg
以前何かで見たことがあるような気がするが何だったのか思いだせなかったのですが、終演後Spelling beeに出てた人だと教えていただきました。Chip Tolentino役でお菓子を放り投げていた人だったんですね!うわ~、気付きませんでした。
ハートビルでがチェス選手が最高の人気者で、Steveのアメフトの試合をMikeが見学しにいったら、試合を中断して、場内アナウンサーがMikeを紹介していた(笑)。これって、裏返して言えば、アメリカではアメフト&アメフト選手が絶大なる人気があるってことですよね?なんとなく、原作者のユーモアでコーティングした学生時代の怨念(?)みたいなものを感じるのは気のせいか?
試合の後、MikeがBuckたちに「家に遊びに行っていい?」みたいなことを言ったら、Buckが感激のあまり挙動ってた(笑)。
パク・ジュヒョンさん、見た目も歌も、ちょっとかわいげのある優等生風・学級委員風でした。
I think we got loveの前の、助太刀をしようといろいろ魔法で余計なおせっかいを焼こうとするZANNAを阻止しつつ、ロッカールームでSteveに話しかける場面の、アワアワしている様などが上手でした。このI think we got loveの最後、このシーンで、
f0048936_025775.gif

観客から嬉しそうな?悲鳴が(笑)。
学校ミュージカル上演後のSteveの態度に困惑した彼が歌うI could write a bookや、SteveとKATEのことを知った後で歌うDo you know what it's like?などのナンバーもなかなか良かったです。I could write a bookというフレーズ、これは日本語に翻訳しにくい表現っぽいので、韓国語の場合はどうするのかな、意訳するのかなあ、と思っていたのですが、そのまま翻訳していたみたい。
Do you know what it's like?は、マイクのパートもいいですが、SteveとRobertaのパートが良いですね。
f0048936_23251240.jpg
特にSteveの歌っている内容って、既存の作品のナンバーではあまりこういう立場・心情を表現したもの、ないような気がして。あ、ところで、Drowsy chaperoneのMan in chairが結婚生活について語っている部分は、おおよそこういうこと・・・ですよね?

Robertaの김경선キム・ギョンソンさん。
f0048936_081551.jpg

おそらく、英語版でもRoberta役は面白いセリフが多くておいしい役なんだろうなあとは思いますが、ギョンソンさん、好演で,今回、この方が一番印象的でした!
迫力のある歌と、同じく迫力ある姐御風のキャラでダントツに印象が強いです。他のキャストより、なんとな~く年齢が少~し高そうですが(私と同世代ぐらいかな?)、それがどうした、ってなもんです。
「神の広い愛をみずからの肉体で実践する」ガールフレンドに失望して歌うI ain't got time
f0048936_062711.jpg
チェスの試合で劣勢になったMikeを応援するために歌う、チェスのCheerとしては不適切?らしいナンバー、「Whatcha got?」、声量があり、かつ高音まで地声っぽい歌い方でば~んと歌っていらしてカッコ良かったです。また、Do you know what it's like?では、英語版のI'll fight a guy for you,I'l l fight a girl for youに該当すると思われる部分、그 어떤 남자도 그 어떤 여자도・・・とかいう部分などは切ない感じがよく出ていて印象的でした。

KateとSteveの様子が変化したことで悩むRobertaとMikeが歌うDon’t you wish we could be in love?の前に、わたしたちが付きあっちゃったらいいんじゃないの?ってな感じでRobertaがMikeにキスしてから、二人とも「・・・。うっ。」という感じになり、口をぬぐってからMikeが「君だから・・、ってわけじゃないからね。」と言うとRobertaが「わかってる。」って言いながら、勢いよく唾を霧状に吹き出す場面や、KateとSteveのことでショックを受けたRobertaとMikeが茫然自失状態でヤケ食いしていて、Robertaがクリスピー・クリーム・ドーナツの箱からむしゃむしゃ食べながら話し(怒鳴り)、口から食べカスが飛散する場面など、豪快でした。女とキスシーンなんかできないよう!とおろおろするSteveに向かって、あんた!私のガールフレンドとキスできないっていうのか!みたいなことを言ってた(たぶん)場面なども迫力ありました。
あと、学校ミュージカルの一場面で、軍人役を演じている場面も笑えた。ものすご~く確信犯的にわざとらしい芝居とセリフ回しが面白かったのですが、特に最後の「死ね~。犬畜生ども!!!」と言って(たぶん・・・)突撃の構えで舞台を去るのが、すごく笑えた。

以前、CHICAGOのMAMA役で拝見してこのお方の存在をしかと記憶したのですが、次に拝見したのがHairsprayの三人娘のおひとりとして、だったので、素晴らしかったのですけどもなんだか贅沢なアンサンブルキャストというか、ある意味もったいない使われ方だなあ・・・、と思っていたのですが、今回は目立つ役、かつそれを上手く演じていらっしゃったので何だか勝手に嬉しくなってしまいました。


~続く~
by saffy114 | 2009-03-21 00:07 | Korean Musicals | Comments(0)