人気ブログランキング |

ミュージカル(国内、ブロードウェイ、ロンドン、)海外ドラマ、映画について。最近、韓国ミュージカルにも目覚めました。


by saffy114
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Altar Boyz(日本版) (5)

Matthewの東山義久さん、歌もダンスも上手でした。特にダンスはきれいですね。歌に関しては、米韓版でば~んと盛り上げていた部分、例えばyou only got one choice~(단 하나의 선택~)とか、I believe~(난 믿어~)などをもうちょっと声量アップで歌ってくれていればさらに良かったと思いますが、ほぼソツなく歌えていて、音程もこの方はほぼ正確で、安心して聞けました。
東山さんマシュー、ハンサムだけども・・・あれっ?ちょっと年齢が・・??という点はScott Porterと共通していました。ただ、話し方や物腰が、かなりくだけた感じのイメージで、ちょっと私のイメージするマシュー像とは違っていたのですが・・。東山さんマシュー、話し方がちょっと軽すぎるというか・・、特に前半はちょっと羽根布団でも売り始めそうな・・という気がしました。個人的には、Scott Porterがやっていたような、若干わざとらしい優等生的(でも話し方はボーイバンドのメンバーっぽい・・)なキャラのほうが面白いように思いました。
マシューって、英語版だと、ルックスが良くて、性格が良くて、リーダーシップもあってetc・・と足りないところが無いんじゃないかというような「優等生」風キャラだったと思います。だから、最後の・・・・で余計にええっ!?と笑えたんだと思うんです。また、そんな彼が真顔で’till then I m×××××・・・・・・・my own fateなどと遠くを見つめて歌うところがまたおかしかったんだよなあ・・。
あと、リーダーっぽさがもうちょっとあったほうがより面白いような気がしました。韓国初演のマシューのお二人などはルックス的には「?????」という感じだったのですが(←すいません)、リーダーっぽさ・人の中心にいる感じはあったので、そんなにおかしくなかったんです。東山さんはルックス的にはなかなかハマっていたと思うので、さらにこのリーダーっぽさがあったら更に良かったかな。

マシューといえばやはりsomething about youだと思いますが、日本版、う~ん、あの例の部分、ちょっと不発かなあ。使用していた言葉は、予想通りでした。が、米韓版と比較すると、あまり笑えなかったなあ・・・。
日本版、わざわざマシューがそれらしき手の動きまでちょっとやっているんですが、いま一つピンと来ないですね。ええと、日本版、「夜はおな・・・・じ。」と言っているんですが、そこまでの歌詞でマシューが衝動を抑えているという前提が(笑)あまりクリアに訳出されていないので、ちょっとわかりにくい。makes my Levis feel so tightの部分の翻訳が良くないですね。あれじゃ、一瞬何のことかわからない人もいるのでは??この部分は米韓ともに客席がどっと湧いていましたが、日本はあまり笑い声がなかった・・・・。惜しいなあ。ちなみに、韓国版は청바지가 조여 오는 이 느낌なんで、分かり易いですね。そして、例の部分は스스로 혼자 위・・・로하며 살께で、これは良い翻訳ですね(笑)。再演時はご丁寧にも他のキャストがエコーのように자△、자△・・・とコーラスで繰り返していた記憶が(笑)。
あと、これは韓国版も同様ですが、girl,you make me wanna waitというフレーズのおかしさが訳出されていないのが残念だなあ・・。
blend of Charisma and spunk,"Crunk"!というフレーズも、日本版は「そういうの、日本語で超かわいいって言うんだろ?」になってしまっていて、アホな造語は登場せず、ちょっと不発だなあ。ここ、韓国版は英語版の言葉遊びを踏まえたと思われる翻訳で、「△■と◎◆、△■と◎◆、君の中には△◎がいる!!!」とマシューが熱く叫んでいました。

ところで、東山さん、突発事態に弱い、のかな??
2回目に見たとき、something about youで舞台にあがったお客さん、ちょっと動揺しちゃったのでしょうか、役者さんとしても想定外だろうなあ・・というようなユニークな反応をなさっていたんですが、東山さんも明らかにちょっと動揺していたような(笑)。ナンバーの途中で、笑ってしまっていましたね。しかも、一番大事な、あの例のフレーズのところで、ついにふき出してしまっていました。まあ、このお客さんはかなり面白かったので仕方無いかも(笑)。毎公演、彼女を登場させたら面白いだろうなあと思っちゃったぐらいです。

3回目のときは、church rulezの前、「少額のお心付けなら・・・」というようなセリフの部分で、前方席のお客さんがおひねりを手渡したみたいだったんですが、東山さん、受け取って袖にいったん消えた・・のは良かったんですが、どこまでセリフを言っていたか、ド忘れしちゃったらしく、「マーク、どこまで言ったんだっけ?」みたいな感じでマークに尋ねていました。が、マークからは答えは無し(笑)。そのかわり、たぶん、おひねりを手渡した客に向かって「っていうかおかしいでしょう!」みたいなことを怒気を含んだ声で言ってたみたい(笑)。結局、たしかJUANの植木さんがなにか助け舟を出していたというか、場をつなぐようなことを言ってましたね。マシューも無事どこまで話していたかすぐ思い出して、話が再開しました(笑)。


~続く~
Commented at 2009-03-05 23:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-03-06 00:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saffy114 at 2009-03-06 21:54
03-05 23:27 の鍵様:
わ、その演出アイデアいいかも(笑)。
ここは、ぜひ爆笑の渦に叩き込んで欲しかったですね~。
Commented by saffy114 at 2009-03-07 22:12
03-06 00:02 の鍵様:
私が見た回では、東山さんちょっと突発事態に弱いのかな~という感じでしたが、他の回でもそんな感じだった・・のでしょうか?
でも、通常、日本のメジャー系の舞台ってさほど突発事態は起こりませんから、仕方ないですよね。
by saffy114 | 2009-03-04 23:17 | Japanese Musicals | Comments(4)